image









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のテントが発売されています」


購入する時、どのメーカーの、どんな形のテントを購入したらいいか迷います。


迷ったら、ロングヒット商品を購入するのも、ひとつの方法。




今回紹介するアメニティドームも、昔から人気のあるロングヒット商品。


image









「アメニティドームの人気がある理由は、手軽に購入できる値段」


スノーピークの製品は値段が高く、その中でもアメニティドームは手軽に購入できるので、特に人気があります。




アメニティドームの特徴は、広い前室があり、春夏秋冬使えること。


image









「暑い時期は、アメニティドーム+タープが必要ですが、それ以外の季節はアメニティドームのみでもキャンプができます」


アメニティドームだけでも、冬キャンプはできます。


image









今回は、冬のキャンプ、アメニティドームの使い勝手を詳しくブログで紹介したいと思います。






2020011652







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








冬にアメニティドーム:


image









「アメニティドームは、インスタグラムやツイッターでもかなり見かけ、昔から人気のあるロングヒット商品」


長く人気があるのは、それだけの理由があります。


アメニティドームの人気がある理由は、手軽に購入できる価格の割にはつくりがしっかりとしており、コスパがいいのが特徴。




これからキャンプをされる方でも、購入しやすいテントです。


image









「アメニティドームのサイズは、S・M・Lの3種類のサイズがあり、よく売れているのがMサイズだと思います」


image









「アメニティドームは、春夏秋冬使えるテントで人気ですが、テントの下部にスカートがついていないのが唯一の欠点」


スカートがついているテントと比べて、使いにくさがあります。




ただ、工夫して暖房器具を配置すると、冬キャンプで快適に過ごせます。


image










ミニセラミックヒーター:


image









「冬キャンプに電源サイトを使用される場合、ミニセラミックーの2台体制にして下さい」


ミニセラミックヒーターは、一酸化炭素が出ないので、テント内を締め切っても一酸化炭素中毒にはなりません。


インナーテントを締め切ると、真冬でもかなり暖かいので快適に過ごせます。




就寝する時も、ミニセラミックヒーターをつけっぱなしで寝れるので、暖かく就寝できます。


2017030607


FullSizeRender









「電源がないサイトでは、石油ストーブが手軽に使える暖房器具」


石油ストーブをアメニティドームの前室に置かれる方が多いと思いますが、前室に石油ストーブを置くと寒いです。


アメニティドームの前室は、スカートがついておらず、前室に石油ストーブを置くと、隙間風が外から入ってきます。




石油ストーブは、インナーテント内に置いて下さい。


image









「インナーテント内に石油ストーブを入れ、数ヶ所換気をする為に開けておくと、一酸化炭素中毒にはなりません」


幕内が狭い分、暖房出力の弱いトヨトミレインボーでも、冬場暖かいです。


トヨトミレインボーは燃費がよく、自宅で灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら、燃料切れをおこさず問題なく使用できます。




燃料を満タンにして車に積載しても、灯油漏れをおこしません。


FullSizeRender







「ポータブル電源があると、2枚の電気毛布なら朝まで使用でき、朝まで快適に就寝できます」


電気毛布を家族で使われるなら、ホットカーペットのように電気毛布を敷くと、家族でシェアできます。


2020013010 (3)









「電気毛布があるとないとでは、冬キャンプの快適さがぜんぜん違います」


2020013010 (2)





































湯たんぽ:


2020013009 (5)









「我が家が、冬キャンプに必ず持っていくのは、直火ができる湯たんぽ」



直火ができる湯たんぽは、湯たんぽに水を入れてガスコンロでそのまま温められるので、とても手軽。





石油ストーブの上にのせておくだけでも、湯たんぽの中のお湯が沸きます。



2018020109









「直火ができる湯たんぽは、やかんやケトルでお湯を沸かして入れなくてもいいので、とても楽」



お湯を入れる湯たんぽに比べて、直火ができる湯たんぽは楽に使えるので、長い間キャンプで使っていけると思います。



2020013009 (5)









「シェラフの中に湯たんぽを入れると、暖かく就寝できるので、冬キャンプに絶対におすすめ」



我が家は、マルカの湯たんぽ、3.5Lを使用。



2018020108
























まとめ:

image









「冬キャンプを、より快適に過ごすなら、シェルターの中にアメニティドームのインナーテントを入れるのも、ひとつの方法」



image









「その場合は、トヨトミから発売されている、トヨトミKSシリーズがおすすめ」



キャンプで使う石油ストーブは、フジカハイペットが有名ですが、現在製造が追いつかず、入荷まで1年以上待ち。





フジカハイペットより、ひとまわり大きなサイズですが、フジカハイペットより暖房出力が高く暖かいので、冬キャンプにあると重宝します。



FullSizeRender


























以上、「アメニティドームは冬キャンプに使える!その方法を詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!