2020013008 (4)








「年間50泊を目指して、キャンプに行っている我が家」


真夏の暑い時期から、冬場の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


1年の中で最も過ごしにくいのが、気温が上がる夏のキャンプです。




夏場は気温が高く、1日を通して暑いので、キャンプをしていてけっこう不快。


IMG_6073









「冬のキャンプも、過ごしにくいと思われがちですが、そんなことはありません」


しっかりと寒さ対策をすれば、自宅にいるより快適に過ごせます。


2020013008 (7)









今回は、冬キャンプの我が家が思う注意点を、詳しくブログで紹介したいと思います。






2020011652






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







冬キャンプの注意点:


2020013008 (4)









「真冬は、氷点下まで気温が下がることもあるので、暖房器具はとても大事」


キャンプを長くしようと思われるなら、しっかりとした暖房器具を購入して下さい。


2020013008 (7)









「我が家は、石油ストーブのフジカハイペットを使用」


フジカハイペットは、とてもコンパクトな石油ストーブで、冬キャンプをするのに向いています。




ただ、人気があり過ぎて製造が追いつかず、現在購入するまで1年以上待ち。


3019120201 (2)









「1年も待てないという方は、トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズがおすすめ」


FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズもとても人気があり、インスタグラムやツイッターを見ても、かなり使用されている方が多いです」


トヨトミKSシリーズは、フジカハイペットよりひとまわり大きなサイズですが、フジカハイペットより暖かいです。




暖房出力が高いトヨトミKSシリーズは、冬キャンプに向いています。


FullSizeRender









「見た目のかっこいいおしゃれなトヨトミKSシリーズは、かなりおすすめ」
2020013008 (5)









「冬キャンプは暖房器具と、地面からの冷気対策がとても大事」


寒い時期に、地面を手で触ると冷たいのが冷気で、冬場は冷気が必ず発生します。


テントの床部分からも冷気が発生するので、冷気対策は必ず必要。




冷気対策をしなければ、テントの床部分が冷たいので、快適に就寝できません。


2020013008 (7)










オールウェザーブランケット:


2020013007 (10)









「テントの床部分に、オールウェザーブランケットを敷きます」


オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれいます。



2020013003









「オールウェザーブランケットをテントの床部分一面に敷いておくと、床のダメージや傷の防止にもなります」



2020013007 (11)









「何かのアクシデントで、もしテント内に雨水が浸水してきても、防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いておけば、オールウェザーブランケットが雨水をシャットアウトし、マットやシュラフを濡らしません」


2020013007 (10)




2020013010 (1)









「オールウェザーブランケットの上には、厚めの銀マットを敷きます」



銀マットは、人が座ったり寝る所に23枚重ねて敷き、他の場所には敷く必要はありません。



2018020101









「敷く場所を限定することで、銀マットの枚数を減らすことができます」



銀マットを23枚重ねて敷くことにより、地面からの冷気対策とクッション性を高めるので、テントの居心地がグーンとアップします。





銀マットは、ホームセンターなどで販売されている薄い銀マットではなく、分厚い銀マットがおすすめ。



2020013008 (1)









「よく、テント専用のマットを購入される方がおられますが、専用のマットは値段が高く、それ程暖かくありません」



2020013010 (1)



「分厚い銀マットの上には、インナーマットや毛足の長いラグを敷くと、より暖かく過ごせます」


2020013008 (7)









ホットカーペット:


2019012601 (2)









「冬キャンプに最強の暖房器具は、ホットカーペットで、ホットカーペットにかなう暖房器具はありません」


ホットカーペットがあると、自宅で過ごすより快適にキャンプができます。


就寝する時も、高価なダウンシュラフは必要なく、分厚い化繊のシュラフで十分に暖かいです。




我が家は、ホットカーペットを夫婦2人で使用しているので、2畳用のホットカーペットですが、家族4人で使用される場合は、3畳用のホットカーペットがおすすめ。

FullSizeRender









「ポータブル電源があると、2枚の電気毛布なら朝まで使用でき、朝まで快適に就寝できます」


家族で使われるなら、ホットカーペットのように電気毛布を敷くと、家族でシェアできます。



電気毛布があるとないとでは、冬キャンプの快適さがぜんぜん違います。



2020013010 (2)








































まとめ:


2020013008 (7)









冬キャンプに大事なのは、暖房器具と地面からの冷気対策。


長くキャンプをされるなら、絶対に石油ストーブは購入された方がよいです。


薪ストーブとは違い、石油ストーブは手軽に幕内を暖められるので、とても便利。


石油ストーブがあるのと、ないのとでは、やはり居心地が違います。




冬キャンプは、地面からの冷気対策にも気をつけて下さい。


分厚い銀マットを敷くことで、地面からの冷気対策とクッション性を高めます。


手軽な値段で購入できる銀マットは、かなりおすすめ。


以上、「冬キャンプの注意点はこれしかない!年間50泊キャンプに行く我が家が徹底検証!
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!