2018122301 (4)










キャンプブームということもあり、最近はいろいろなアウトドアメーカーから、たくさんの種類の焚き火台が発売されています。





小さくコンパクトな焚き火台もたくさん発売されており、小さい焚き火台を探しておられる方はメーカーや形に迷われていると思います。








「ファイヤーボックスは、小さくてコンパクト」


2018110501 (1)










小さい焚き火台を探しておられる方は、ファイヤーボックスが使いやすいと思います。





今回は、小さな焚き火台を使用している我が家が、ファイヤーボックスの全てを詳しくブログで紹介したいと思います。





3020011205






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






ファイヤーボックス:

2018110502 (3)











ファイヤーボックスを折りたたむと、小さくてコンパクトになり場所を取らず、ザックにも入る大きさです。



ザックを背負ってのキャンプにも、邪魔になりません。

2016031101










ファイヤーボックスを組み立てると、テッシュペーパーの箱より1回り小さく、コンパクトに焚き火ができます。

2016031107










「我が家は夫婦で行くキャンプには、ファイヤーボックスを使用」




ファイヤーボックスは、ソロやデュオキャンプに使うのにベストな大きさで、コンパクトに焚き火をされたい方におすすめ。

2019021401 (2)

3019122201 (9)











ファイヤーボックスは、ザックに入るほど小さいので、車の積載問題は全く考えなくても大丈夫。





ファイヤーボックスは、コンパクトに焚き火をされたい方に、非常に使用しやすい大きさです。


20180105307

2018110802 (5)










「材質はオールステンレスで、かなり分厚い」



ステンレスが分厚いので、とても丈夫で頑丈なつくり。


20180105317










焚き火台は消耗品ではないので値段が高く、ステンレスで分厚いつくりのものを購入しておくと何十年も使うことができます。









「ファイヤーボックスはタフに使用しても傷むことはなく、何十年と使える焚き火台」


キャンプ用品は長く使用すると思い出ができ、とても愛着がわきます。

2016101912










ファイヤーボックスを持つと、小さいのにずっしりと重たさが手に伝わってきます。



値段は1万円と、このサイズにしては少々高めですが、非常によくできた焚き火台だと思います。








ファイヤーボックスは所々に穴が空いており、とても燃焼効率がよいので、薪の全てを灰になるまで燃やしつくします。



使用できる薪は、市販で売っている大きさの薪を割るか、細い薪を購入しないと入りません。


2018110604










ファイヤーボックスはステンレスが分厚く、ずっしりとしているので、12インチのダッチオーブンをのせてもビクともしません。









「ファイヤーボックスで沸かしたお湯で、ウイスキーのお湯割り」



焚き火をしながら、ゆったりとお酒を飲むのは良いですね。


2018122301 (1)

2018122301 (2)

2018122301 (3)











「寒い朝は、ファイヤーボックスで沸かしたお湯でココア」


2018122301 (4)

2018122301 (5)

2018122301 (6)






















まとめ:

2016032109









ファイヤーボックスは1万円程で購入ができ、小さいサイズの割には少々高い感じもしますが、ステンレスが分厚く丈夫なので購入して損はないと思います。






ステンレスが分厚く丈夫なので焚き火をしていて、ステンレスが曲がったりすることはありません。


何十年と使える小さな焚き火台は、ファイヤーボックスがおすすめ。






「ステンレスの一体構造なので、組み立てるのはとても簡単」


ファイヤーボックスは、パッと出してサッと片付けられます。




ソロやデュオキャンプで、コンパクトに焚き火をされたい方におすすめだと思います。


以上、「我が家も使用!小さい焚き火台を探している方におすすめなファイヤーボックスを詳しく紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!