2018102204 (3)








春や秋のキャンプは、冷え込みが少ないので重装備ではなくても大丈夫ですが、真冬はきっちりとした暖房器具が必要になってきます。




寒い季節の暖房器具として電源サイトの場合は、ミニセラミックヒーターがおすすめ。


寒くなってくると荷物が増えるので、ミニセラミックヒーターはコンパクトで場所をとらず、小さいので車の積載に便利。




我が家が電源サイトを利用する場合は、必ずミニセラミックヒーターを持って行きます。


春や秋のキャンプは、ミニセラミックヒーター2台。


真冬のキャンプは、ミニセラミックヒーター2台+石油ストーブで暖かく過ごせます。




今回はどの季節でも便利に使用できる、コンパクトで持ち運びに便利なミニセラミックヒーターを紹介したいと思います。



寒い季節の暖房器具に悩んでおられる方は、ぜひ参考にして下さいね。










2016031402









お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram









セラミックヒーター:

2018102401






春や秋キャンプは冷え込みが少ないので、ミニセラミックヒーターが2台あれば幕内を暖めてくれます。




ミニセラミックヒーターは、石油ストーブみたいに一酸化炭素を発生させないので、換気をする必要がなく、テントやタープを閉め切って使うことができます。


幕を閉め切ると幕内の温度が上がりやすいので、春や秋のキャンプはセラミックヒーターを2台つけると幕内は暖かく過ごせて快適。




冬キャンプの場合は、ミニセラミックヒーター2台+石油ストーブで、大型幕でもけっこう快適に過ごせます。




ミニセラミックヒーターの良さは、一酸化炭素を発生させないので、就寝する時もつけっぱなしで寝ることができます。




就寝する時、セラミックヒーター2台と電気毛布があれば、高級なダウンシェラフを使わなくても暖かく寝ることが可能。


電気毛布:


我が家は冬場にキャンプをする時は、電気毛布をインナーマットの下に敷いてます。

2017110101






テントの床部分の一番下は、オールウェザーブランケット。


オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています。




もし雨が降ってテント内に浸水しても、オールウェザーブランケットが浸水を防ぐので、テントの床部分の一番下に敷いておくと安心。

2018020102







 








オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マットを2枚重ね。


分厚い銀マットは人がいるスペースだけに敷くと、銀マットの枚数がいりません。




分厚い銀マットを2枚重ねにすることでクッション性を高め、地面からの冷気をシャットアウトします。

2018020101












分厚い銀マットの上には、電気毛布。


電気毛布は、座っているとほんのりお尻が暖かいという感じで、電気カーペットみたいな暖かさはありませんが割と快適。




電気毛布はコンパクトになり、電気カーペットと違って手軽に持って行けます。

2018102402






関連リンク:電気毛布


















電気毛布の上にはインナーマットや分厚めのラグ。


2018020103








電気毛布+ミニセラミックヒーター2台で春や秋のキャンプ。


電気毛布+ミニセラミックヒーター2台+石油ストーブで冬のキャンプを快適に、暖かく過ごせます。

2018020111






電源サイトで消費電力を使い過ぎると、ブレーカーが上がることがあります。


電気毛布は消費電力が少ないので、ミニセラミックヒーター2台つけてもブレーカーが上がることがありません。














まとめ:

2018020106






春や秋のキャンプは石油ストーブを使わず、セラミックヒーター2台あれば幕内の暖房は大丈夫。


我が家は夏場以外の季節に、ミニセラミックヒーターを使用しています。




ミニセラミックヒーターは、コンパクトに持ち運べ、それ程価格が高くないので手軽に購入できるのが良い所。




就寝する時は、二酸化炭素を発生させないのでセラミックヒーターをつけて寝ることができるので、暖かく朝までゆっくり就寝ができます。




冬のキャンプは石油ストーブとセラミックヒーター、そして電気毛布を併用することによって快適に過ごせます。



電気毛布は、地面からの冷気を遮断してくれるので特におすすめですね。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!