3019120301 (1)






撤収前の忙しい朝食や設営後の昼食など、手軽に食べれるのがカップ麺。


お湯を入れるだけで食べれるので、お腹が空いた時にいつでも食べれます。




カップ麺は道具箱に常時入れておくと、とても便利。


キャンプでカップ麺は必需品です。




さて、カップ麺ですが、蓋を開けてお湯を入れますが、開けた蓋をまたきれいにぴったりとくっつける方法があります。


とても便利なので、知っておくとキャンプでも使えて便利。




今回は、カップ麺のことやカップ麺のふたをぴったりとしめる方法を詳しくブログで紹介したいと思います。






2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







キャンプでカップ麺:

3019120301 (2)






我が家がカップ麺を食べる時、いつもお湯を沸かすのに使用しているのが、赤色のミルクパン。


赤色のミルクパンはダイソーで販売されて購入しましたが、現在は残念ながら販売されていません。


お湯を沸かすのに、ちょうど良い大きさで重宝してたのに残念。

3019120301 (1)   






我が家のシングルバーナーは、sotoのシングルバーナーST-301を使用しています。



シングルバーナーST-301は火力が強くCB缶が使えます。



火元とカセットボンベが別になっているので、カセットボンベの輻射熱で高温になることもないのでとても安全。





シングルバーナーST-301と赤色のミルクパンで、お湯を沸かします。


3019120301 (4)
















今回、キャンプの朝食に食べるのが、日清食品から発売されているどん兵衛の天ぷらそば。


天ぷらそばが食べたい時は、簡単にできて、天ぷらが美味しいのでよく買います。

3019120301 (3)






蓋をあけ、カップ麺にお湯を入れます。

3019120301 (5)






カップ麺にお湯を入れたら、残ったお湯が入っているミルクパンでカップ麺のふちをなぞります。


ふちはのり付けされており、温かいミルクパンでふちをなぞることで、ふたが再度くっつきます。

3019120301 (6)

3019120301 (7)






ふたが完璧にくっついて、密着しているのがわかります。


ぴったりふたとくっついているので、3分ジャストでしっかりと出来上がっています。

3019120301 (8)






3分経ったらふたを開けていただきます。

3019120301 (9)

3019120302 (1)

3019120302 (2)






カップ麺はキャンプの手軽な朝食になり、洗い物もほぼないので、パッと食べてサッと片付けられるのが良いところ。


撤収前の忙しい朝食に、カップ麺はおすすめ。




日清食品のどん兵衛天ぷらそばは、天ぷらが美味しいので、よく購入して食べます。


そばと天ぷらの相性もよく、とてもおいしいです。

3019120302 (3)






まとめ:

3019120301 (2)






カップ麺はキャンプの朝食・昼食・お酒を飲んだ後など、いつの場面でも食べられ、食べたくなります。




キャンプの道具箱に、カップ麺を入れておくととても便利。


カップヌードルも美味しいですが、やっぱり我が家のおすすめは天ぷらそばですね。


以上、「キャンプの朝食にカップ麺!カップ麺のふたをくっつけるとしっかりと出来上がります」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!