2016053002






我が家は毎週キャンプに行くことが多く、大浴場や温泉をよく利用します。




お風呂に行くといつも困ることがあって、視力が悪くコンタクトレンズを取ると全く周りが見えません。




目が悪い人ならわかると思いますが、メガネやコンタクトレンズを取ってお風呂に入ると危険なことがあります。


ぼやけている状態で段差も見にくく、洗い場の場所や浴槽かやどこにあるかわからない状態で、けっこう不安。




メガネやコンタクトレンズを取って、裸眼の状態でお風呂に入るのは危険で不安。




我が家が4年前に購入したのが、愛眼から発売されているお風呂メガネの「forゆ」


お風呂メガネの「forゆ」は、お風呂専用のメガネで、メガネをつけたままお風呂に入れることができとても便利。




今回は、メガネの愛眼から発売されている「forゆ」を詳しくブログで紹介したいと思います。


お風呂につけて行くとたいへん便利なので、おすすめです。







2016050398






お気軽にフォローして下さいね^^
 
Instagram






お風呂メガネ:

2016053003






メガネやコンタクトレンズをしている人におすすめなのが、お風呂メガネの「forゆ」で、メガネの愛眼で販売されています。


お風呂メガネの「forゆ」は、3300円で販売されていて、とてもリーズナブルな価格なので、お手軽に購入できるのがメリット。




お風呂メガネの「forゆ」は、お風呂の中につけたまま入れるので、普段されてるメガネとは違います。


金属が一切使われていないので錆びることがなく、耐熱温度は120°~130°あるので、お風呂で使用しても全く問題なし。




度数は5種類で、+2.50/-3.00/-4.00/-5.00/-6.00になっており遠視の方にも対応しています。




わたしは普段使い捨てコンタクトレンズを使用していて、視力は0.07ぐらい。


お風呂メガネの「forゆ」の度数は、-3.00」を使用しています。




レンズ・フレーム・パーツ全てに、軽量性・断熱性・弾力性のあるプラスチック素材(ポリカーボネート)を使用しているので、他のメガネと比べて軽くて強度があります。






4年間使用してみての感想:

2016053004






お風呂メガネの「forゆ」を4年間使用してみての感想は、とても便利で購入してよかったこと。




お風呂メガネには、防曇コートを使用しているので1年程は曇らないですが、さすがに4年間も使用していると、曇り止め効果がなくなってきます。




曇り止め効果がなくなってきたら、メガネ販売店で売っている曇り止め剤をメガネに塗ると復活します。




お風呂メガネの「forゆ」に曇り止め剤を塗ることで、曇り止め効果が復活するので長い間使用でき、買い替える必要はありません。

2018100907






わたしのお風呂での使い方は、体や頭を洗う時はお風呂メガネを外して、移動をする時につけています。


移動する時に段差などがわかるので、視力が悪いわたしには大変便利で、露天風呂があると景色を楽しむこともできます。






結露:


お風呂メガネの「forゆ」は、お風呂の中で使用しても曇らないですが、結露して水滴が付着して多少見にくい所もあります。


ただ、少し見にくくてもお風呂メガネをするとしないとでは全く違い、お風呂メガネをした方が断然便利で安全。




メガネは濡れたら布で拭きますが、お風呂メガネはコーティングがとれる可能性があるので、水分は軽く押さえるようにして水分を取り除いて下さい。
















まとめ:

2016053001






我が家が購入した当時はビニールのケースでしたが、現在は衝撃に強いプラスチックのハードタイプになっているので、持ち運ぶときに安全。




お風呂メガネの度数は5種類あるので、目の視力によって選べるのが良い所。


お風呂に行くときは必ずつけて行き、お風呂の中で段差など見えるので安心感があります。




価格は、3300円とお手軽に購入できるので、お試しで買うのも良いと思います。




以上、「キャンプでメガネ!お風呂専用のメガネは温泉や大浴場でとても便利」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!