2020012005










チヂミは韓国料理のひとつで、日本でも好きな方がかなりおられると思います。


我が家もチヂミは好きで、居酒屋でチヂミを注文することがよくあり、ビールのおつまみとして食べています。






「チヂミは冷凍食品を使うと、手軽にキャンプで食べられる」


今回のキャンプは
冷凍食品として販売されている、オーマイの海鮮チヂミを使ってスキレットで焼いて食べました。




簡単に美味しく食べれるので、おすすめです。





2016060403






お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram 





 
チヂミ:

2016061951










今回使用するのが冷凍食品で、オーマイから販売されている海鮮チヂミ。


オーマイの海鮮チヂミの良い所は電子レンジだけではなく、フライパンを使っても作れること。




フライパンを使用できるので、キャンプでチヂミを食べるにはとても便利。







「よりパリッと焼く為に、スキレットを使用」


フライパンで焼くよりスキレットの方が、よりパリッとチヂミが美味しく焼けます。







「スキレットはニトリのスキレットを使用」


2016061952










焼き方:


2016061953









オーマイの海鮮チヂミは四角い形をしているので、お好み焼きみたいに丸の形にしないと、スキレットで上手に焼くことができません。






四角い海鮮チヂミを、キッチンバサミで丸い形に切ります。


キッチンバサミを使用すると、楽に切ることが出来ます。


2016061954









チヂミは正確に丸の大きさに切らなくても、スキレットに入ればいいので、適当に切って下さい。







「スキレットにごま油を入れ、チヂミを焼いていきます」


2016061955








「片面が焼けたらひっくり返して、裏面を焼きます」



強火だと焦げるおそれがあるので、弱火で焼いて下さい。


2016061956









チヂミの中には、イカ・えび・タコなどの海鮮が入っており、美味しく頂くことができます。







「チヂミの焼き上がりもバッチリ」


2016061957









一緒に付いていたピリ辛だれがとても美味しく、チヂミにつけていただきました。



2016061958









丸に切って、残った切れ端は、最後にスキレットで焼きます。




ごま油を入れ、裏表を焼いてピリ辛だれにつけたらできあがり。


2016061959




















まとめ:

2016061950










普段、自宅であまり食べることのないチヂミ。


冷凍食品を使用することで、美味しく簡単に食べれます。


ビールと、とてもよく合います。






オーマイの海鮮チヂミは電子レンジだけではなく、フライパンで焼いて作れます。





今回は、フライパンではなくスキレットを使用しました。


スキレットを使用することでパリッと焼け、保温効果があるので、いつまでも熱々のチヂミが食べれます。




オーマイの海鮮チヂミは、お手軽にできて美味しいのでおすすめ。



以上「キャンプでチヂミ!オーマイの海鮮チヂミを使用してスキレットで作りました」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!