2020061203 (2)








「年間50泊を目指し、キャンプに行く我が家」


寒い時期や夏場の暑い季節も、問題なくキャンプに行きます。




春夏秋冬キャンプに行く我が家が、最も過ごしにくいと思うのが、7月の梅雨明けから8月末までのキャンプ。


2016062703









「7月の梅雨明けから8月末は、1年間を通して最も暑い季節で、平地のキャンプ場だと、暑くて寝れない時も出てきます」


2020041802 (3)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、夏キャンプの注意点を、詳しくブログで紹介したいと思います。







2016060403








お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram









夏キャンプの注意点:


2020062801 (1)









「夏キャンプに、1番注意してほしいのが場所選び」


夏キャンプの場所選びに、平地のキャンプ場はおすすめできません。


3019080301 (1)









「7月の梅雨明けから8月末は、一年を通して最も暑い時期」


夜も暑さは収まらず熱帯夜になることが多く、自宅では、24時間クーラーを付けている方が多いと思います。




平地のキャンプ場は、標高差がない為に、夜も暑く寝苦しいので、寝るのに苦労します。


2020041401 (3)









「夏場に少しでも快適に過ごすなら、標高の高いキャンプ場がおすすめ」


標高が100m上がると、気温が0.6度下がると言われており、出来るだけ標高の高いキャンプ場を選んで下さい。


2016082131









「サイトのすぐ近くに川が流れていると、川から涼しい風が吹いてきます」


日がくれると気温が下がってきて、川から涼しい風も吹いてくるので以外に快適。




サイトの近くに川があると、昼間は川遊びができるので、お子さんがおられるご家庭は喜ばれます。


3019081353 (11)









「林間サイトだと、日差しをシャットアウトするので、より涼しく過ごせます」


20180527100









もし、平地でキャンプをされる場合は、必ず電源サイトにし、扇風機を2台体制にすると、夜間でも何とか就寝できます。


2020040609










夏場は、ポリコットンタープがおすすめ:


2020061203 (2)









「ポリコットンタープは、ポリエステルとコットンの混紡の生地で、生地が軽く耐水性に優れています」


ポリエステルの生地より影が濃く、遮光性があるので、日差しのきつい夏場に使うと、より力を発揮します。


キャンプ場で1番涼しい場所は木陰ですが、サイトが木陰があるとは限りません。




ポリコットンタープを使うことで、木陰にはおよびませんが、影が濃く遮光性があるので、割と快適には過ごせます。


2020061203 (8)









「我が家は、ポリコットンタープのタトンカタープ1TCを使用」


3019081353 (11)

「ビジョンピークスから発売されている、ファイアプレイスTCレクタタープは、ポリコットン製で幕質が分厚い大型幕」


FullSizeRender

「夏のキャンプは、フライシートを使わずインナーテントだけでもOK」


就寝する時、フライシートを張らずインナーテントのみだと、熱がこもらす涼しいです。


2020061201 (8)









「フライシートの役目は、雨からインナーテントを守ること」


インナーテントは、防水機能がない為、雨が降ると中まで染み込んでしまいます。




インナーテントの上にオープンタープを張ることで、オープンタープがフライシートの役割りをしてくれるので、雨が降っても大丈夫。


2020061201 (1)









「インナーテントのみで、入口の両側をメッシュにすると、就寝する時、かなり涼しいです」


2020061201 (7)









「DODから発売されているカンガルーテントは、インナーテントのみで販売されています」



2020013003









「天気予報が雨でなくても、急に雨が降ることがあります」


最近は、ゲリラ豪雨が、どこでもよく発生します。




サイトが水はけのよい場所でも、短時間で大量の雨が降ると、水溜りになってしまいます。


3020011203 (4)









「テントの下に水たまりができると、テントの中に浸水してくる可能性もあります」


3020011203 (6)









「我が家は、雨水の浸水対策に、オールウェザーブランケットを使用」


 オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれいます。


2020013007 (10)









「テントのインナーマットの下にオールウェザーブランケットを敷くと、もしテントの中に、雨水が浸水してきても、シュラフや荷物を濡らしません」


テントの床一面に、オールウェザーブランケットを敷くことで、テントの床の傷や痛み防止にもなります。


2020013007 (11)






「暑い時期は、ひんやりするマットを敷くことで、少しでも快適にして下さい」


我が家は、マットの上にひんやりマットの「強力接触冷感Q-MAX0.5」を敷いています。   


2020061202 (2)









「強力接触冷感Q-MAX0.5は、楽天のランキングでも上位で人気があり、一般的なクール敷きパッドよりひんやり感があります」  


2020061202 (7)









「肌触りがよく、接触冷感加工がされているので、触るとさらさらしています」   


寝転ぶとひんやりとしていて、夏キャンプにあると便利。  




洗濯機で丸洗いできるのも、強力接触冷感Q-MAX0.5の良い所。  








「我が家が夏キャンプに行くのに、充電式の扇風機、ルーメナーのファインプライムを使用しています」


2020062802 (10)









「ルーメナーのファインプライムは、今流行りのDCモータが使われており、風が強い割には音が静かなので、便利に使用できます」


IMG_4547









「DCモーターは、耐久性があるモーターで、力強く長時間使用可能」 


2020062802 (7)









「ルーメナーの扇風機は、4.5時間のフル充電で、使用できるのが最大30時間」  


IMG_4550









 「モバイルバッテリーを使うと充電しながら使用できるので、長時間使用可能」


IMG_4577









「モバイルバッテリーの充電は、扇風機本体に付属のUSBケーブルを付けます」   


IMG_4563









「モバイルバッテリーを使用すると、扇風機を使用しながら充電ができるのがメリット」    

 
IMG_4579









「ルーメナーのファンプライムは、4段階の風量切り替え・70度の角度調整・120度の首振り・最大140mmの高さ調整・リモコンが付いています」


2020062802 (4)








「値段は、1万円程しますが、便利で重宝するので夏キャンプに絶対におすすめ」


IMG_4547



2020061203 (1)









夏キャンプは、気温が高く暑いので、暑さ対策が必要です。


扇風機・クールマット・ポリコットンタープなどを使い、できるだけ暑さを軽減し快適なキャンプを過ごして下さいね。




夏キャンプは、標高の高いキャンプ場か、サイトの近くに水辺がある林間サイトがおすすめ。


以上、「我が家の夏キャンプ注意点はこれしかない!詳しくブログで紹介
」でした。