2016071507






ILタフワイドドームのインディゴレーベルは、コールマンとモンロのコラボ商品で数年前から発売されているテント。


最近のタフワイドシリーズはいろいろな色が販売されていますが、その中でおしゃれな色と柄だと思うのが、ILタフワイドドームのインディゴレーベル。




緑色のイメージが強いタフワイドドームですが、今回紹介するILタフワイドドームのインディゴレーベルはデニム柄。


●緑色の印象が強いタフワイドドーム→デニム柄のタフワイドドーム




緑色の多いコールマンの中でデニム柄のタフワイドは珍しく、キャンプ場で絶対に目立つと思います。




今回は、ILタフワイドドームⅣ/300のインディゴレーベルを実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介したいと思います。






2016071108





お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram 




 
タフワイド インディゴ:

2016071506






実は、我が家もタフワイドドームを保有しており、我が家はデニム柄ではなく緑色のタフワイドドーム。


7年以上前に購入したタフワイドドームですが、いまだに痛みや破損もなく現役で使用ができています。




タフワイドドームは、大事に使うと長年使えるテント

2016071508






我が家が保有している緑色のタフワイドドームとタフワイドドームインディゴレーベルは、形や幕質は全て同じで違うのが色と柄だけ。


タフワイドドームは、家族で使かうテントとしてベストな大きさと形で、4人家族までなら快適に幕内で過ごせます。




これからキャンプを始められる方にもタフワイドドームのインディゴレーベルは、設営撤収が簡単で、見た目と雰囲気がおしゃれなので絶対におすすめです。






幕質と使い勝手:

2018090704 (1)




タフワイドドームインディゴの生地は緑のタフワイドドームと一緒で、生地がめちゃくちゃ分厚くはありません。


スノーピークやキャンパルジャパンの上質のテントと比べて、生地の分厚さが多少劣りますが、使用して特に問題はないと思います。


我が家もタフワイドームを保有していて、7年以上使用していますが、いまだに生地の破れや痛みは全くありません。


生地はめちゃくちゃ分厚くはありませんが、しっかりとした丈夫なつくりなので長年使用ができると思います。




タフワイドドームのインディゴレーベルは色と柄がめずらしく、人とはあまりかぶらないのがメリット。



タフワイドドームインディゴ→長年使用できるテント





2018090704 (5)






タフワイドドームのインディゴレーベルは、シュラフを4つ敷いてもスペースがあり、着替えなどの荷物も置けるのも便利な所。


インナーテントは300X300X185(h)cmになので、着替えなどのちょっとした荷物を置いても、家族4人ぐらいなら十分に就寝ができます。




タフワイドドームのインディゴレーベルは高さが185㎝あるので圧迫感が全くなく、立ったまま着替えることが可能。


2016071504





IL タフワイドドーム Ⅳ/300

インナーテントサイズ:300X300X185(h)cm

収納サイズ:ф25X75cm

重量:11.6Kg


素材: 

フライ/75Dポリエステルタフタ(耐水圧2000mm、UVPRO)、インナー/68Dポリエステルタフタ、フロア/210Dポリエステルオックス(耐水圧2000㎜)、メインポール/アルミ合金ф12㎜、フロントポール/FRP、キャノピーポール/スチール







タフワイドドームのインディゴレーベルは、背が高くメッシュになる部分が広いので、夏場使用しても風が通り抜けるので割と涼しいです。

2018090704 (3)






インナーは吊り下げ式ではなく、スリーブ式になっています。

2018090704 (4)






タフワイドドームのインディゴレーベルは慣れると一人で設営ができ、実際にわたしも何回も一人設営をしています。


インナーテントが吊り下げ式ではなくスリーブ式なので、雨の日はインナー部分が濡れる可能性があります。


ただ、慣れてくるとサッと設営と撤収ができるので、雨の日に使うのは設営が慣れてからの方が良いと思います。





タフワイドドームのインディゴレーベルの良い所は、全室のスペースが広いこと。



就寝する前に、折りたたんだイスやテーブルなどが置けるので、夜露や雨から荷物を濡らさずにすみます。


3019101101















タフワイドドームの設営と撤収の仕方:










 
まとめ:

2016071501






タフワイドドームのインディゴレーベルは背が高いので圧迫感がなく、中で着替えたりできるのが良い所。




インナーテントは300X300あるので、家族4人で荷物を中に入れても十分に寝れます。


緑色のタフワイドドームよりおしゃれで目立つのは、デニム柄のタフワイドドームのインディゴレーベルだと思います。



家族でキャンプをされる方や、これからキャンプを始めようとされる方に、おすすめのテントですね!




以上「コールマンILタフワイドドームのインディゴレーベルを実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介」でした。


 アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!