2016081301
(キャンプブログ:ブービーツールームコヤテント4)






キャンプをしている方ならチャムスは、よく知っておられると思います。とても有名なメーカーですね。



我が家もチャムスの製品は、使っていますよ。無印のボックスにチャムスのステッカーを張りました。ステッカーがチャムスなんですね。


チャムスのステッカーを張るだけで、チャムスの製品を持っている気持ちになれるのが良いですね。




後は、チャムスの財布とカード入れとTシャツ。小物類を保有しています。チャムスの製品は、これからも増えていくと思います。

2016080407






我が家も大好きなチャムス。そんなチャムスのテント、ブービーツールームコヤテント4を雑談がてら紹介したいなーと思います。






2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram





テント:

2016081302






なんといっても、この窓が良い雰囲気を出してくれています。海外のテントには、割と窓が付いているテントがありますね。チャムスのテント、ブービーツールームコヤテント4にも窓が装備されています。



冬場や雨の日に、窓がついていると便利だと思います。光が入ってきますからね。テントに、こもっても外の景色を味わえるのは良いと思いますよ。





見た目が、すごくおしゃれです。チャムス好きには、たまらないテントだなーと思いますね。

2016081304











詳細:

定員:4人
・重量:約18.3kg
・耐水圧:フライ/約1,500mm フロア/約2,000mm
・材質(フライ):75Dポリエステルタフタ(UV Cut)
・材質(インナー):壁・天井/68Dポリエステルタフタ、フロア/210Dポリエステルオックスフォード





上記の詳細で、気になったのが重量ですね。18.3㎏もあります。めちゃくちゃ重たいですね。我が家が、保有しているピルツ15が11㎏ですからね。

2015010806



18.3㎏だと女性の方が運ぶのには大変な重量になってきますね。気軽にキャンプに行きたいなーと思われている方には向いていないと思います。オートサイト限定ですね。さすがに、鉄骨型テントだなーと思いました。





防水性は、普通のテントと一緒ですね。耐水圧が1500mm~2000mmですから、特によくもなくと言った感じでしょうか。雨が降って、心配だなーというレベルではありません。



材質は、フライが75Dでフロアが210Dです。これも、普通のテントレベルです。特によくもなく悪くもなく。問題ない感じですね。




防水性と材質共に、一般的なテントと一緒です。特にすごいなーということはありません。







インナーサイズ:

2016081303






インナーサイズは、H185×W275×L230(cm)。高さが185㎝もあるので圧迫感は全くないですね。中で立ったまま服も着替えられるので非常に便利です。




幅が275cm×230cm。3人で使うのがベストなんですが、荷物を少なくすれば、4人でも寝れます。ベストは、2~4人だと思いますよ。





設営:









設営方法や撤収方法は、上記の動画を参考にして下さいね。撤収や設営が、意外に簡単に出来そうです。



1人でするとなると大変な感じがしますが、2人だと問題ないレベル。設営した後も広いので快適に過ごせそうです。





ブービーツールームコヤテント4:楽天公式サイトCheck! 







まとめ:

2016081301






チャムスが出した、鉄骨型のテント。形もすごくおしゃれでチャムス好きには、たまらないテントだと思います。とても良い雰囲気のテントだなーと思いました。見た感じは、問題ないレベル。






わたし的に、どうかなーと思ったのは重量ですね。とても重いです。女性1人で運ぶには不可能な重量になっています。


それと、価格ですね。テント本体価格が10万円を軽く超えていますからね。購入するのには、勇気が必要ですね。




チャムスのテント、ブービーツールームコヤテント4。見た目が、とてもよく快適に過ごせそうです。重量と値段の問題はありますが、よく出来たテントだなーと思いました。




以上、「ブービーツールームコヤテント4!チャムスからテントが発売されています」という雑談でした。


これは、あくまでもわたしの見解なので、違うなーという所もあると思います。情報が少ないテントなので、わかりにくい所もありますね。





アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!