3019111701








「キャンプをしていて1年間で一番過ごしやすい季節は、秋のキャンプだと思います」


秋キャンプの特徴は、昼間は気温が上がりますが、真夏の厳しい暑さはありません。




夜は、冬場ほどの冷え込みがないので、焚き火をするとちょうどよく、焚き火が快適にできのが秋のキャンプの良い所。


3019120501 (2)









「暖房器具を持っておられない方でも、薪さえあれば、秋キャンプを楽しむことができます」


2018013040









今回は、秋キャンプを快適に過ごせる方法と、寒さ対策を詳しくブログで紹介したいと思います。


これから秋キャンプに挑戦したいという方も、ぜひ参考にして下さいね!









2016071108










お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram









寒さ対策:


2020111502 (10)




お座敷スタイル:


2020111502 (11)









「夏場とは違い、秋のキャンプは虫が減るので、お座敷スタイルがやりやすくなります」


今、使っておられるシェルターや2ルームテントのリビング部分に、グランドシートを敷いて、簡単にお座敷スタイルが可能。


2020013008 (7)









「お座敷スタイルのやり方は簡単で、地面とテントの床に接している部分に、グリーンシートを敷きます」


グリーンシートは、見た目がいいので我が家は使っていますが、ブルーシートやシルバーシートでもOK。


2020111502 (1)
























「グリーンシートの上に、オールウェザーブランケット」


2020111502 (2)










「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれいます」



2020013007 (11)

2020111502 (3)























オールウェザーブランケットの上には、分厚い銀マットを敷きます」


ホームセンターなどで売られている薄い銀マットは、保温性がないのでおすすめできません。




分厚い銀マットは、地面からの冷気を完全に遮断してくれるので、分厚い銀マットがあるだけでかなり温かいです。


2020111502 (5)









「分厚い銀マットは、全体に敷かなくても、人が居るスペースに敷けばOK」


2枚以上重ねて敷くと、より保温性とクッション性の効果がアップします。


2017111913





グリーンシートオールウェザーブランケット→分厚い銀マット






















「一番上には、インナーマットを敷けば完成」


銀マット・オールウェザーブランケット・インナーマットで、下からの冷気を完璧にシャットアウトしてくれるので、気温が下がってもテント内で快適に過ごせます。


2020111502 (13)









「真冬のキャンプは、毛足の長いラグを敷いています」



2020013008 (7)









「電源なしサイトでも、手軽に電気毛布を使いたいという方は、ポータブル電源がおすすめ」


FullSizeRender









「ポータブル電源があると、電気毛布2枚を使い、1泊2日程度なら十分に電源を確保できます」


FullSizeRender
「電気毛布2枚を、ホットカーペット代わりに敷くと、ほんのりとした暖かさで過ごせ、その上にシュラフを敷くと暖かく就寝できます」


2020013008 (7)

2020013010 (2)











10月頃の暖房器具:


2021040803 (5)









「秋のキャンプを外で過ごす場合は、焚き火で暖がとれますが、テント内にいる時は暖房器具が必要になってきます」


3019110414 (1)









「10月頃までは、昼間は気温が上がり暑くなりますが、夜は冷え込みが少しあります」


10月頃のキャンプなら、カセットガスストーブ1台で幕内を温めてくれます。




カセットガスストーブ1台で、テント内で快適に過ごせるので、
カセットガスストーブ1台は購入された方が良いと思います。


301910121520









「カセットガスストーブが1台あると、冷え込みのある朝晩に使用することができるので、大変便利」


10月頃までのキャンプなら、カセットガスストーブ1台あれば快適に過ごせます。



2018102101 (3)









「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」


3019111701






















「カセットガスコンロで有名なイワタニからも、カセットガスストーブが発売されています」



FullSizeRender

























10月~11月頃までの秋キャンプ:


2020030301 (5)









「10月から11月頃までは、真冬ではないので、朝晩の冷え込みはそれ程きつくありません」


家電量販店やホームセンターで、手軽に購入できる、トヨトミレインボーで十分にテント内は温まります。




トヨトミレインボーは、日本製のストーブなので、灯油を入れたまま車に積んで運んでも、漏れることはありません。


FullSizeRender









「自宅で灯油を満タンにしておけば、1泊2日のキャンプなら十分で、灯油がなくなることがなく使用できます」


トヨトミレインボーは、暖かさを最大で使用しても、20時間の燃焼時間があります。


FullSizeRender
























「電源サイトを利用される場合は、石油ストーブと電気毛布か、石油ストーブとホットカーペットあれば、快適にテント内で過ごせます」


2018010904









「電気毛布+ミニセラミックヒーターの組み合わせでも温かい」


ミニセラミックヒーターは、一酸化炭素を出さないので換気する必要がなく、テント内を完全に閉め切れます。




外からの冷気が遮断されるので、電気毛布とミニセラミックヒーターだけでも温かいです。



2018021930









「ミニセラミックヒーターは1台では頼りないので、2台ある方が良いと思います」


2018020111


















「暖房器具でおすすめは、やはり石油ストーブ」



3019120201 (1)









「トヨトミレインボーがあれば秋キャンプを暖かく過ごせますが、冬キャンプをされるなら、トヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブの方が良いと思います」


石油ストーブは、芯交換さえすれば、何十年と使用することができるもの。





長くキャンプをされるなら、寒い時期の冬キャンプもされるかもしれません。



2020013008 (7)













「11月を過ぎると昼間も肌寒いくらいで、朝晩は冷え込み、早朝は一桁台前半まで気温が下がることがあります」



電源なしサイトでは、手軽に使える石油ストーブがメインの暖房器具になりますが、11月になるとかなり冷え込むのでしっかりとした石油ストーブが必要。


FullSizeRender









「我が家のおすすめは、トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズか、コロナから発売されているコロナ対流型ストーブの2種類」



トヨトミKSシリーズか、コロナ対流型ストーブがあれば、真冬のキャンプでも1台でかなり暖かいです。


FullSizeRender









「暖房出力が、トヨトミレインボーの2倍以上ある暖かさなので、大型2ルームテント・大型シェルター・大型ワンポールテント内で使っても、真冬のキャンプ1台で十分の暖かさ」


真冬のキャンプでも暖かいので、秋キャンプなら十分に快適に過ごせると思います。


FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、トヨトミレインボーより、ひとまわり大きなサイズですが、かなり暖かいです」


トヨトミKSシリーズの暖房出力は6.66KWあり、トヨトミレインボーの2.5KWと比べて、圧倒な暖かさ。


FullSizeRender









「丸型の石油ストーブを探しておられる方は、トヨトミのKSシリーズ」



FullSizeRender


























「コロナの石油ストーブも、トヨトミレインボーよりひとまわり大きなサイズですが、かなり暖かいです」


暖房出力が6.59KWあるので、2.5KWのトヨトミレインボーと比べて圧倒的な暖かさ。


FullSizeRender





















湯たんぽ:


2017111308









「電源サイトを利用する場合、ホットカーペットを用意すると、就寝する時も暖かくいられます」


2019021001 (3)









「電源なしサイトでは、湯たんぽがあればいい」


2017111301









「湯たんぽは、お湯を沸かして入れるのではなく、直火ができる方がおすすめ」



直火できる湯たんぽは、別にお湯を沸かさなくてもいいのでとても楽。


2018020109









「直火可能な湯たんぽは、水を入れてカセットガスコンロにかけるだけでOK」


石油ストーブの上にかけても、湯たんぽを温められます。


2018020109










「我が家は、マルカ湯たんぽ 3.5Lを使用」



3.5Lは、少し大きめのサイズですが、寝る前にお湯をセットすると朝まで温かいので、気温が下がっても快適に就寝できます。


2017111304









「湯たんぽがあるとないとでは、居心地が全く違います」


特に女性の方は寒がりの人が多く、我が家の奥さんもそうで、秋のキャンプは湯たんぽ無しでは寒くて寝れないと言ってます。




秋のキャンプ、電源サイトではない場合は、就寝する時、絶対に湯たんぽがおすすめ。


2017111301





















毛布:


2019021401 (4)









「秋キャンプは、予想以上に寒くなったりすることもあります」


毛布が1枚あると、急に冷え込んでも対処できます。




我が家が、毛布として使用しているのが、ペンドルトンのタオルブランケットオーバーサイズ。 


2020063001 (2)









「ペンドルトンのタオルブランケットの良さは、肌触りがよく、ていねいにつくられているので丈夫で保温性があること」 


 値段は高いですが、おしゃれで丈夫なので、購入する価値があるブランケット。


2020063001 (1)









「ペンドルトンのタオルブランケットは、コットン素材で耐久性があり丈夫で、長年使用できるのがメリット」 


 しっかりとつくられているので、値段が高い理由が購入するとわかります。




 値段は5千円程しますが、購入して良かったと思っています。


2020041909 (3)

2019021401 (4)









 「コットン100%なので、洗濯機で洗っても、特に問題はありません」 


2020041909 (4)









 「ペンドルトンのタオルブランケットは、保温性があって、生地が分厚く暖かいので、キャンプではとても重宝します」 


 触るとかなり肌触りが良く、気持ちがいいのも人気がある所。 




焚き火の時も羽織れるので、おすすめできます。


2021022006 (6)

























まとめ:


20180527100









「これから秋キャンプ用に、テントを購入予定の方は、ポリコットン幕がおすすめ」


ポリコットンテント生地は、暖かい空気を外に逃がしくいので、気温が下がってもテントの中は快適にいられます。


2020030301 (3)

IMG_0006 (4)

IMG_0011









「ポリコットンテントは、撤収が楽」


2020013008 (5)









「ポリコットンの素材は、ポリエステルとコットンを混ぜた素材」


結露して水をはじくのではなく、染み込む感じ。


生地に結露した水が染み込み、結露を拭く作業が少ないので撤収が楽です。




もちろん、水を染み込んだテントは、風通しをよくして日光に当てればすぐに乾きます。


2020013008 (4)









「寒い時期、特に10月以降にキャンプをされるなら、ポリコットンテントをひとつ持っておられると便利かもしれません」








以上、「
秋キャンプの寒さ対策は超簡単!快適にテント内で過ごす方法も詳しくブログで紹介」でした。 


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!