FullSizeRender








「黒ピルツは、カナディアンイーストとキャンパルジャパンのコラボ商品」



黒色のテントは、一部のメーカーしか発売されておらず、黒色でソロ用のワンポイントテントは、黒ピルツ7と数種類のみ。


FullSizeRender









「黒色は夏場が暑いとされてますが、色が濃くベージュ色や白い色のテントに比べて、圧倒的に遮光性が高いです」


ただ、黒色は熱を吸収しやすいので、テント自体が熱くなってしまいます。




夏場に黒色のテントを使用する場合、しっかりと出入り口やマドを開けないと、熱がこもってしまいます。


黒色のテントを使用する場合、しっかりとテントの出入り口やマドを開けて風通しをよくすれば、黒テントは遮光性が高いのでテントの中が暑くなりません。


FullSizeRender









今回は、カナディアンイーストとキャンパルジャパンのコラボ商品、黒ピルツ7を詳しくブログで紹介したいと思います。










2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








黒ピルツ7:


FullSizeRender









「黒色は、ベージュ色や白色に比べて、遮光性が高いのが特徴」


熱を吸収しやすいのでテントは熱くなり、しっかりと出入り口やマドを開けないと、熱がこもりやすくなります。


FullSizeRender









「夏場の暑い時期に使用する」


FullSizeRender









「黒ピルツ7は、スカートを巻き上げることができるので、下から風を取り入れることができます」


下から風を取り入れられますがマドがなく、風を取り入れられる出入り口が1ヶ所しかないので風がぬけません。




遮光性が高いですが、風が通り抜けにくいので黒ピルツ7を真夏に使用するのは、あまりおすすめできません。


黒色のテントは色が濃く遮光性が高いので、テント内を締め切ると天気が良くても、白色やベージュ色のテントに比べて、中が薄暗い感じがします。


FullSizeRender









「黒色のテントを購入すると、少々のデメリットはありますが、黒ピルツは見かけがよく、かっこよく、サイトでかなり目立つと思います」


FullSizeRender









「人とあまりかぶらないのも、黒ピルツの良いところです」


FullSizeRender









「黒ピルツ7の大きさはソロで使うのに、ちょうど良い大きさ」


サイズが、W286×H180×D330cmになっており、ソロで使うとゆったりしたサイズです。




虫の多い季節は、ハーフインナーがおすすめ。


FullSizeRender









「ピルツ7はフライシートしかないシングルウォールで、インナーテントは別売りになっています」


虫の多い季節に使用する場合、ハーフインナーを同時に買われることをおすすめします。


FullSizeRender
























まとめ:


FullSizeRender









ピルツ7は、ソロキャンプで使用するに、ちょうど良い大きさ。


サイトを黒一色にして、かっこいいキャンプスタイルにしてくださいね。


以上、「
黒ピルツ7を購入するメリットと使い勝手を詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!