FullSizeRender








「キャンプで、焚き火の料理をするなら薪グリル」


薪グリルの良い所は、焚き火をしながら料理が作れる所。




スキレットを使って焼き物をしたり、ダッチオーブンを使った料理も簡単にできます。



薪グリルの上にのせるだけで完成。


FullSizeRender








「朝は、焚き火で卵やパンを焼いたりもできます」



FullSizeRender









「ガスを使用せず、焚き火で料理をしたいという方に、おすすめな焚き火台」


本格的な焚き火料理から、お酒のつまみなどちょっとした焼き物まで、幅広く作ることができます。




使い方は、かまど。


FullSizeRender









「かまどの使用感をもっている薪グリル。他の焚き火台にはない雰囲気があります」



薪グリルの良い所は、かまどの使い方ができて、コンパクトで折りたためること。




職人気質のあるユニフレームだからこそ、つくりもステンレス製でしっかり。


ユニフレームは、新潟県にある国産アウトドアブランドで、丁寧なつくりに定評があります。


FullSizeRender









「インスタグラムやツイッターでも、薪グリルは圧倒的な人気」


インスタグラムやツイッターでも、かなり見かけます。


FullSizeRender









今回は、我が家も気に入っている薪グリルの使用感を、詳しくブログで紹介したいと思います。


薪グリルを検討されている方は、ぜひ参考にして下さいね。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










薪グリル:


FullSizeRender









「薪グリルには、薪グリル・薪グリルラージ・薪グリルソロの3種類」


薪グリルのひと回り大きなサイズが、薪グリルラージになっています。




薪グリルソロは、キャンプで使うには小さ過ぎるので、購入されるなら薪グリルか、薪グリルラージになると思います。



●薪グリル サイズ:


使用時:約41×30×35(高さ)㎝

収納時:約23×40×6.5(厚さ)㎝

材質:ステンレス

重量:2.65㎏




●薪グリルラージ

使用時:約68×40×40(高さ)㎝

収納時:約35.5×56×8(厚さ)㎝

材質:ステンレス

重量:4.6㎏











薪グリルか薪グリルラージ、買うならどっち:


FullSizeRender










「薪グリルは、1~3人で使われる方が多いと思います」


薪グリルは、一方向しか焚き火の暖が取れないので、家族で薪グリルを囲むことはできません。




一方向しか暖が取れないので、1~3人向き


FullSizeRender









「薪グリルは、カマドだけの使い方だけではなく、焚き火で暖を取るのにも使います」


FullSizeRender









「薪グリルより、たくさんの薪を入れられる薪グリルラージは、薪グリルより暖かいです」


寒い時期にキャンプをされるなら、より暖を取れる薪グリルラージの方が絶対におすすめ。




存在感があって、薪がガンガン燃やせて暖かいのは、薪グリルラージ。


FullSizeRender









「薪グリルと薪グリルラージの価格差は、5000円程度で両方共に折りたためます」



車を使用したキャンプなら、積載時の少しの大きさの違いはあまり変わらないと思います。




1~3人のキャンプで圧倒的に使いやすいのは、薪グリルラージだと思います。


FullSizeRender










焚き火:


FullSizeRender









「薪グリルラージは、ステレスが分厚いので薪を燃やして曲がることがなく、とても丈夫」


職人気質だからこそ、ユニフレームの商品は全て安心感があります。




我が家がよく行くスポーツオーソリティにも、薪グリルラージが展示されています。


2020040501 (1)

2020040501 (4)

2020040501 (2)

2020040501 (3)









「薪グリルラージは、後ろのステンレスの壁が反射板の役割を果してくれるので、正面はとても暖かいです」


多くの方が使われているファイアグリルやスノーピークの焚火台とは違い、反射板がある分、薪グリルラージの方が断然暖かいと思います。


2018021405









「薪グリルラージを囲んで、焚き火は無理」


FullSizeRender









「石油ストーブの反射板を、想像してもらった方がわかりやすいと思います」


石油ストーブに反射板があると、後ろに熱が伝わりません。


薪グリルラージも一緒で、後ろは全く暖かくないので、薪グリルラージを囲んで焚き火を楽しむことができません。




前がかなり暖かいというメリットがある反面、後ろは暖かさが伝わりません。


FullSizeRender









「薪グリルラージの周りを囲めない、前だけしか暖かくないので、薪グリルラージは1〜3人向け」


FullSizeRender









「安心のユニフレーム」


ユニフレームは、ファイアグリルが有名で、キャンプを始められたばかりの方やキャンプ歴の長い方まで、多くの方が使用されている人気商品。


2020042501 (5)









「我が家は、10年以上使用していますが、いまだに現役」


薪グリルもユニフレームの商品。長く使用できるのは、当たり前。


2020042501 (6)










折りたためる:


FullSizeRender









「薪グリルラージは折りたため、厚みも薄いので車の積載にも邪魔になりません」


薪グリルに比べて、薪グリルラージはひと回り大きなサイズですが、車にのせるなら、そこまで気になるような大きさではありません。


FullSizeRender










風に強い


FullSizeRender









「薪グリルラージは、三方ステンレスの壁に囲まれているので、とても風に強いつくり」



風の強い日に焚き火をすると、火の粉で服に穴があいたりします。最悪はタープやテントまで被害があります。




風の影響を受けにくい薪グリルラージは、焚き火をしていてとても安心があります。


FullSizeRender

























まとめ:


FullSizeRender









薪グリルラージは、日本のアウトドアメーカーのユニフレームから発売されており、メイドインジャパンの気質があります。


価格は1万7千円程して、値段が高いという印象はありますが、購入すれば長い間使うことができるので、逆にお得感があります。




薪グリルラージは折り畳むことができ、キャンプで使うには最高のアイテム。


ダッチオーブンなども問題もなく置くことができるので、購入するといろいろ使い方ができます。



以上、「
薪グリルラージと薪グリル!徹底レビュー&徹底比較!購入するメリットを詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!