IMG_8337








「年間50泊ほど、キャンプをする我が家

 

真夏の暑い時期や真冬の寒い季節まで、春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


FullSizeRender








 

最近は昔に比べて、クーラーボックスの種類も増え、いろいろなブランドから発売されています


 

いろいろなブランドから発売されており、クーラーボックスを選ぶ選択の幅も増えました。


FullSizeRender








 

最近のクーラーボックスは、高性能なものが主流になっています


 

その中でコールマンから発売されているスチールベルトクーラーは、高性能と呼ばれるクーラーボックスではありません。




 

高性能クーラーボックスではないスチールベルトクーラーは、現在も人気で売れ続けています。


IMG_8327



 





 

今回は、我が家も保有するスチールベルトクーラーがなぜそれ程人気があるのか?使い方・保冷力・デメリットなど、詳しくブログで紹介したいと思います。

 









2020011652





*タイトル
10年使用レビュー!スチールベルトクーラーの保冷力・サイズ・デメリット・使い方を詳しくブログで紹介


FullSizeRender








 

高性能クーラーボックスは、ボディが回転成形で製造されており、耐久性と密閉性が高いのが特徴


 

蓋やボディに溶接や繋ぎ目のない一体構造で成形されており、高い耐衝撃性と優れた耐久性があります。


FullSizeRender








 

コールマンのスチールベルトクーラーは、回転成形で一体構造ではない為、高性能クーラーボックスではありません


IMG_1360








 

1954年に発売されたコールマンのスチールベルトクーラーは、60年以上の間愛され多くの方に使われてきました


 

今もなお人気で、売れ続けている商品。


IMG_8334








 

「コールマンのスチールベルトクーラーの人気がある理由は、古き良きアメリカを感じられることや見た目のおしゃれさ」


 

レトロな雰囲気も、とても気に入っています。


IMG_8335








 

51Lの大容量ながらコンパクトな所もスチールベルトクーラーの良さ


 

高性能クーラーボックスに比べて保冷能力は落ちますが、使い勝手はかなりいいです。

 

IMG_1115










スチールベルトクーラーデメリット



IMG_8323




 


傷がつきやすい

 

スチールベルトクーラーは、ステンレス素材をスチールで塗装したもの


 

手触りがツルッとしていて、傷がつきやすいです。


FullSizeRender








 

我が家はスチールベルトクーラーを10年以上使用してますが、よく見ると至る所に擦り傷があります


 

擦り傷はたくさんありますが、深い傷はありません。


IMG_1366








 

スチールベルトクーラーは、傷がつきやすい素材ですが傷が目立ちにくいです


 

できた傷は全く気にならず、逆にその傷が味に変わり親しみ感が、よりアップしています。

 


IMG_1367










凹みやすい

 

スチールベルトクーラーは、素材がステンレス製ということもあり、強い衝撃や落としてしまうと凹む場合があります


 

硬くて角があるものに強く当たると、凹んでしまいます。




 

我が家も柱の角に当たって、下記のように凹んでしまいました。


IMG_1369








 

スチールベルトクーラーは強く当たると、エクボや凹みが出やすいですが、不思議にそれが味に変わり親しみが湧くんですよね


 

IMG_1370










カバーが廃盤になっている


我が家は、長くスチールベルトクーラーを使用していることもあり、カバーが発売された時に購入しました


 

現在は、スチールベルトクーラーのカバーは廃盤になっています。




 

カバーをつけることで、移動時の傷や痛み防止になります。


FullSizeRender








 

スチールベルトクーラーのカバー代用を自作されている方もおられますので、一度調べてみて下さい

 

FullSizeRender










保冷力がそれ程高くはない

  

回転成形で製造され、蓋やボディに溶接や繋ぎ目のない一体構造の高性能クーラーボックスは、断熱材の厚みが5cm以上あるものがほとんど


 

その中でコールマンのスチールベルトクーラーの断熱材の厚みは3cm。




 

厚み3cmのボディは、それ程高い保冷能力はありません。


IMG_1115








 

気温が上がらない春や秋のキャンプだと、スチールベルトクーラーでも十分


 

夏キャンプだと強力な保冷剤を入れても1泊2日が限界。



 

1泊2日キャンプだと、真夏でも保冷は維持できます。


IMG_1165








 

夏キャンプで連泊される場合は、スチールベルトクーラーでは難しいです

 


IMG_8320










蓋裏にパッキンがついていない

 

高性能クーラーボックスと言われるものは、高い保冷能力を維持する為、蓋裏にパッキンが搭載されています


 

パッキンが搭載されている為、中の冷気が漏れにくく外気の影響を受けにくいのが特徴。


IMG_1376








 

スチールベルトクーラーは、蓋裏にパッキンが搭載されていない為、若干冷気が漏れる場合もあります


 

我が家はあまり気にならないのでおこなっていませんが、不安な方は自作でゴムパッキンを付けてみて下さい。


IMG_1377


 

 







スチールベルトクーラーメリット


FullSizeRender

 



容量の割にはコンパクト


 

高性能と言われるクーラーボックスの特徴は、断熱材に厚みがあります


 

スチールベルトクーラーは、高性能クーラーボックスではなく、断熱材に厚みがそれ程ありません。


IMG_1115








 

厚みが3cm程なので、その分高性能クーラーボックスと比べて食材がたくさん入ります


 

出っ張りや凹凸がなく四角い形で、食材がとても入れやすいです。


FullSizeRender








 

スチールベルトクーラーの容量は51L


 

高性能クーラーボックスで、51Lクラスになるとかなりサイズが大きくなります。




 

スチールベルトクーラーは、51Lの容量にしては、コンパクトなクーラーボックスだと思います。

 

IMG_1117



 







重さは7.5kg


スチールベルトクーラーは、断熱材の厚みがそれ程ない為、重たさはありません


 

50Lクラスの高性能クーラーボックスと比べて、半分ほどの重量になっています。




 

食材を満タンに入れて、1人で運ぶこともできます。


FullSizeRender


 








51Lと大容量

 

スチールベルトクーラーは51Lと大容量になっています


IMG_1360








 

51Lと大容量なので、家族4人分の1泊2日の食材が十分に入ります


 

家族4人でキャンプをされる場合、スチールベルクーラーが1台あれば他にクーラーボックスは必要ないので、荷物の削減にもなります。


IMG_1226


 






 

我が家みたいに2人で使用される場合、51Lのスチールベルトクーラーは、ややオーバースペック



ただ連泊する場合は、2泊分の食料が入ります。




1泊2日のキャンプでも滞在時間が長く、料理をたくさん作る場合、51Lの容量があれば食材がたくさん入り便利。



FullSizeRender









「ソロキャンプでスチールベルトクーラーを使用される場合、かなりオーバースペックなので、他のコンパクトなクーラーボックスの方が持ち運びやすい気がします」

 


FullSizeRender










2Lのペットボトルが縦に入る

 

スチールベルトクーラーの大きな特徴は、2Lのペットボトルが縦に入ること


 

ペットボトルが縦に入るので、取り出しやすいです。


FullSizeRender








 

サッとペットボトルを出して、サッと入れられるので便利


FullSizeRender

 









本体サイズと内寸

 


FullSizeRender








 

本体サイズは62×42cmで高さが41cm


 

内寸は約50×30cmあります。




 

断熱材は厚さ3cmの発泡ウレタン入り。


FullSizeRender

IMG_1383




スチールベルトクーラーのスペック

【本体サイズ】約62×42×41(高さ)cm

【容量】約51L

【重量】約7.5kg

【材質】

●スチール・ステンレス・発泡ウレタン・ポリエチレン

【仕様】ラッチロック、ドレイン











保冷力の比較


IMG_1089

 



スチールベルトクーラーの保冷力

 

「スチールベルトクーラーがどのくらい保冷力が高いのか、実際に凍ったペットボトル3本を中に入れてみて、溶けるまでの時間を測ってみました


 

500mlのペットボトルには水を入れて、3日間冷凍庫に入れて凍らしています。

 

IMG_0360








 

室内でおこなった為、日差しの影響はありません


FullSizeRender



 





 

室内の温度は25.5℃になっています


FullSizeRender



 





 

8時25分に軽量スタート


FullSizeRender








 

13時25分・スタートして5時間後


 

氷から水になった量は100ml


FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_0828








 

19時25分・スタートして11間後


 

氷から水になった量は140ml


FullSizeRender
IMG_0838
IMG_0843








 

0時25分・スタートてして16時間後


 

氷から水になった量は120ml


FullSizeRender
IMG_0900
IMG_0907








 

翌日8時25分に全て氷になる


 

ペットボトルを凍らして、スチールベルトクーラーに入れて、保冷剤なしで24時間氷の状態を保ちました。


FullSizeRender
IMG_0926








 

24時間の間保冷剤を入れず、氷の状態を保ってということで、以外に保冷能力は高い感じがします

 

IMG_0915










ペリカンクーラーボックスと比較


 

ペリカンクーラーボックスは、ペリカンプロダクツから発売されている高性能なクーラーボックス

 

ペリカンプロダクツはハードケースが有名で、ハードケースは米軍でも採用されている世界最高水準を誇るケース。


FullSizeRender








 

世界最高水準のハードケースを販売しているペリカンプロダクツから発売されているのが、ペリカンクーラーボックス


 

ペリカンクーラーボックスは断熱材の厚みが8cmあり、高性能クーラーボックスと言われるもの。


FullSizeRender








 

蓋裏にはパッキンがついている為、外気の影響を受けず冷気を外に逃しません

 

IMG_9329

IMG_9269








 

ペリカンクーラーボックスでも同じ条件で試してみました


 

室内の温度は、スチールベルトクーラーを計測した気温とあまり変わらず25.4℃。



IMG_0372








 

500mlのペットボトル3本に水を入れて、3日間凍らしています

 

 
IMG_0360









朝8時45分に計測をスタート


FullSizeRender
IMG_0367
IMG_0364








 

翌日16時45分に全て水になりました

 

FullSizeRender
IMG_0549
IMG_0550
IMG_0554

 








ペットボトル3本を凍らして、ペリカンクーラーボックスに入れ、保冷剤なしで32時間氷の状態を保ちました

 

 

スチールベルトクーラーは24時間保ったので、ペリカンクーラーボックスと比べると8時間の差。


IMG_9400








 

断熱材が分厚く蓋にパッキンが付いているペリカンクーラーボックスと比べてみると、スチールベルトクーラーの方が保冷力は落ちてしまいます

 


IMG_1360










スチールベルトクーラーを10年以上使ってきた保冷力の感想

 

スチールベルトクーラーの保冷に関しての感想は、強力は保冷剤を入れて夏キャンプなら1泊2日


 

春や秋キャンプなら2泊3日の間、保冷は維持できます。


IMG_1164








 

夏キャンプに使用すると、若干保冷力の物足りなさは感じますが、1泊2日のキャンプなら大丈夫です」

 

 

春や秋のキャンプは、真夏程暑くならないので、スチールベルトクーラーでも問題なく使用できます。


IMG_8330


スチールベルトクーラーのスペック
【本体サイズ】約62×42×41(高さ)cm
【容量】約51L
【重量】約7.5kg
【材質】
●スチール・ステンレス・発泡ウレタン・ポリエチレン
【仕様】ラッチロック、ドレイン















 











保冷剤は何個?


FullSizeRender








 

51Lのスチールベルトクーラーに、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを3つ入れておくと、真夏のキャンプでも1泊2日のキャンプなら十分に保冷を維持してくれます

 

FullSizeRender








 

春や秋のキャンプは、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを2個入れるとベスト


FullSizeRender








 

冬キャンプは、ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXL1個で、十分に保冷を維持できます


FullSizeRender








 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使うと、夏場でも長時間冷たさをキープしてくれます

 

FullSizeRender








 

ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLは、ロゴスの氷点下パックシリーズの中で一番大きなサイズ


 

−16℃を長時間維持するロゴスの倍速凍結・氷点下パックは、一般的な保冷剤の約8倍の保冷能力があります。

 



食べものや飲みものはもちろん、冷凍食品やアイスクリームまで保冷できる強力な最強の保冷剤。


IMG_1194








 

夏キャンプでもロゴスの倍速凍結・氷点下パックXLを使うと、保冷に関しては全く心配はいりません

 

IMG_1130




夏の1泊2日のキャンプ


ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXL3個

 

春・秋の1泊2日のキャンプ


ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXL2個

 

冬の1泊2日のキャンプ


ロゴスの倍速凍結・氷点下パックXL1個


























保冷力アップ


FullSizeRender

 







 

スチールベルトクーラーの保冷力を上げる為、我が家はいらなくなった銀マットを切って、中の食材の上に置いています


 

銀マットの厚みは8cmあるので、8cmの厚みがあれば十分に保冷力がアップできます。銀マットがない方は、アルミシートでもOK。


FullSizeRender

FullSizeRender

 







スチールベルトクーラーは蓋裏にパッキンがない為、どうしても蓋とボディの間から冷気が逃げやすくなります


 

銀マットやアルミシートを敷くことで、蓋とボディの間から冷気を逃げにくくします。


FullSizeRender








 

いらなくなった銀マットで十分なので、一度試してみて下さい


IMG_1150




 






スチールベルトクーラーの中にソフトクーラーボックスを入れる

 

長時間保冷を維持したい場合などに有効なのが、スチールベルトクーラーの中にソフトクーラーボックスを入れる方法


 

ソフトクーラーボックスの中には食材の他に、保冷剤も入れておいて下さい。

 

FullSizeRender









スチールベルトクーラーとソフトクーラーボックスのダブル構造にすることで、長時間冷たさをキープ

 

 

FullSizeRender










スチールクーラーの使い方


IMG_1089








 

スチールベルトクーラーは、ラッチロック式のレバーロックになっていて、クルッと半回転するだけでロックが解除できます


IMG_1112

IMG_1107









 

底にはドレインと言われる水抜栓が付いており、中に溜まった水をひっくり返すことがなく、排出することが可能


IMG_1104



 





 

ボトルオープナーが付いているタイプもあり、栓抜きとしても使うことができます

 

FullSizeRender










仕切り

 

我が家がスチールベルトクーラーの仕切りに使用しているのが、スタックストーバケット

 

FullSizeRender









スタックストーバケットは、素材がポリプロピレンになっており、耐熱温度が−30℃〜70℃


 

とてもしっかりとしたつくりで丈夫。


FullSizeRender








 

いろいろなカラーがあり、フランス製でとてもおしゃれ


FullSizeRender








 

スタックストーバケットは、いろいろなサイズがありますが、スタックストーバケットSサイズがスチールベルトクーラーにぴったりサイズ


FullSizeRender

IMG_1226








 

見た目がおしゃれで、お菓子や小物も入れられるので便利

 

FullSizeRender









蓋も別売りになっており購入ができます


FullSizeRender

FullSizeRender


















 

コールマンのスチールベルトクーラーは、古き良きアメリカを感じられる・ルックスの良さ


 

レトロな雰囲気も、とても気に入っています。

 

IMG_8327


スチールベルトクーラーのスペック
【本体サイズ】約62×42×41(高さ)cm
【容量】約51L
【重量】約7.5kg
【材質】
●スチール・ステンレス・発泡ウレタン・ポリエチレン
【仕様】ラッチロック、ドレイン

























まとめ


IMG_8334

 







 

今回は、10年以上使用したスチールベルトクーラーの保冷力・使い方・デメリット・サイズなどを紹介しました。


 

コールマンのスチールベルトクーラーは、古き良きアメリカを感じられる・ルックスの良さ。


 

レトロな雰囲気も、とても気に入っています。

 

スチールベルトクーラーは、保冷力も割とある方なので、1泊2日のキャンプなら真夏でも使用できます。


 

10年以上使用しているスチールベルトクーラーですが、これからもずっと長く使っていきたいと思います。


以上、「10年使用レビュー!スチールベルトクーラーの保冷力・サイズ・デメリット・使い方を詳しくブログで紹介
」でした。






キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)











 













キャンプ用品セール
Check!
(楽天)
















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック