IMG_6345








「寒い季節、キャンプで使う暖房器具は、いろいろとあります


 

いろいろある暖房器具の中で、比較的よく使われているのが石油ストーブ。


IMG_5298







 

石油ストーブは燃料に灯油を使う為、電源がないサイトでも使えます


 

換気をしっかりとおこなえば、テント内で快適に使うことも可能。


IMG_3768







 

今回は、キャンプで使う石油ストーブの中からフジカハイペット・アルパカストーブ・パセコストーブを比べてみたいと思います。

 







2020011652





*タイトル
【比較&違い】フジカハイペット・アルパカストーブ・パセコストーブ


IMG_6293






人気があるのは



FullSizeRender







 

「コンパクトな石油ストーブで、一番人気があり売れているのがパセコストーブ」


 

パセコストーブの人気があり売れている理由は、手頃な値段で購入できる石油ストーブだから。


IMG_1635

 







「尚且つ暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使える暖かさがあります」


 

パセコストーブは、暖かくて値段が安いということで、人気がありかなり売れています。


FullSizeRender

 










暖かさで選ぶなら

 

IMG_6345
 







 

石油ストーブの暖かさを知るのに、調べておきたいのが暖房出力


 

暖房出力が大きいほど、暖房力が高くなります。

 


IMG_6336



石油ストーブの暖房出力とは


石油ストーブが発する熱量をkw単位で表したもの








 

「フジカハイペットの暖房出力は2.56kw


 

パセコストーブとアルパカストーブの暖房出力は、3.0kwになっています。

 

FullSizeRender



フジカハイペット


暖房出力2.56kw


タンク容量3.6L


連続燃焼時間10時間

 

パセコストーブ


暖房出力3.0kw


タンク容量5.3L


連続燃焼時間18時間

 

アルパカストーブ


暖房出力3.0kw


タンク容量3.7L


連続燃焼時間10時間


 

 


 



 

暖房出力が高く暖かい石油ストーブを選ばれるならパセコストーブとアルパカストーブ

 

 
FullSizeRender








パセコストーブは、手頃な値段で購入できる石油ストーブ

 

FullSizeRender







 

アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブながら日本の厳しい安全基準をクリア

 

FullSizeRender

 








 

どのストーブがコンパクト

 

IMG_6283








 

フジカハイペットは、310×310mmで高さが432mmのサイズ

 


IMG_6272








パセコストーブは、直径325mm×高さ441mmのサイズ

 

 
FullSizeRender








アルパカストーブは、350×350mmで高さが405mmのサイズ

 

FullSizeRender








フジカハイペット・アルパカストーブ・パセコストーブの3種類の石油ストーブ共に、よく似た大きさになっています

 

 
IMG_0215










燃費で選ぶなら

 

IMG_6326

 







 

「パセコストーブは、タンク容量5.3Lで連続燃焼時間18時間

 

FullSizeRender








フジカハイペットは、タンク容量3.6Lで連続燃焼時間10時間


 

IMG_6268








アルパカストーブは、タンク容量3.7Lで連続燃焼時間10時間

 

FullSizeRender









パセコストーブはタンク容量が大きいので、フジカハイペットやパセコストーブより連続燃料時間が長くなっています


 

アルパカストーブ・アルパカストーブ・パセコストーブの燃費は、3台共にそれ程変わりはありません。

 

IMG_6344
 

 

フジカハイペット


暖房出力2.56kw


タンク容量3.6L


連続燃焼時間10時間

 

パセコストーブ


暖房出力3.0kw


タンク容量5.3L


連続燃焼時間18時間

 

アルパカストーブ


暖房出力3.0kw


タンク容量3.7L


連続燃焼時間10時間




 







フジカハイペット


IMG_0215
 







 

フジカハイペットは、燃料タンクに灯油を満タンに入れて10時間〜12時間使用することができます


 

高度3000mmにおける燃焼が確認済み。



 

どんな厳しい環境でも使用できる耐久性があります。


IMG_6344







 

日本の他、中国・韓国・アメリカ・ヨルダン・ブラジルなどで販売されていて、商標登録もされています


IMG_6318







 

特別設計の燃焼筒により、点火時や消火時にも炎が大きくなったり、黒い煤が出たりするのが軽減されています


 

フジカハイペットが倒れても灯油が漏れにくい特殊構造の燃料タンク。



 

自動消火装置も搭載されているので、火災のリスクが軽減されます。


IMG_6326










アルパカストーブ

 
FullSizeRender








アルパカストーブは、キャンプの定番で昔から使われているロングヒット商品


 

韓国製の石油ストーブながら、日本の厳しい安全基準をクリアしているので、安心して使用できます。


FullSizeRender




 



暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使える暖かさ


FullSizeRender







 

安全で尚且つ、冬キャンプでも使える暖かさのあるのがアルパカストーブ

 


FullSizeRender

 

アルパカストーブ

燃焼継続時間:10時間 

暖房出力:3.00kw 

寸法:420×350×350(h) 

重量:6.4㎏















 










パセコストーブ


FullSizeRender









パセコストーブは、キャンプで使う石油ストーブで、一番人気で売れている商品

 

人気で売れている理由は、1万円台で購入できる手軽さと、冬キャンプでも使える暖かさがあります。


FullSizeRender








 
暖房出力が3.0kwあるので、冬キャンプでも使用できます



IMG_1635







 

値段の安さと冬キャンプでも使える暖かさで選ばれるなら、パセコストーブがおすすめ

 

FullSizeRender


パセコストーブ

燃焼継続時間:18時間 

暖房出力:3.0kW 

寸法(置台を含む):
Φ325×441

質量(Kg): 5.2

















 






おすすめポリタンク



FullSizeRender








石油ストーブをキャンプで長く使うと、補給用のポリタンクが必要です

 


我が家は、ヒューナースドルフの燃料タンクを使用。


FullSizeRender







 

ヒューナースドルフの燃料タンクは、キャンプで使う灯油タンクで、一番人気があり売れている商品


FullSizeRender







 

ヒューナースドルフの燃料タンクの人気があり売れている理由は、ミリタリーカラーでかっこよくおしゃれな所


 

国連の認証を受けたヒューナースドルフの燃料タンクは、安全性や信頼性があります。

 

FullSizeRender








蓋はチャイルドロック式になっていて、高い気密性があり、灯油漏れを起こしません


 

実際に我が家も灯油を入れて持ち運びしてますが、今まで灯油漏れを起こしたことはないです。


FullSizeRender








「ヒューナースドルフの燃料タンクは、5Lと10Lサイズがあります

 

フジカハイペット・パセコストーブ・アルパカストーブなどの小型石油ストーブは、ヒューナースドルフの燃料タンク5Lがおすすめ。

 

 

IMG_9903









 







 








 

フィールドアのストーブファン


IMG_9900








 

ストーブファンは、電池やコンセントを使用せずに、ストーブ熱を利用して発電します


 

発電したストーブ熱で、ファンを回転させて暖かい空気を循環させる装置。


IMG_0012







 

薪ストーブや石油ストーブは、天井付近に熱が対流しがちで、足元が温まりにくいです


 

ストーブファンを使うと、暖かい空気を下まで送ることが可能。


IMG_0138







 

空気を循環させることで、暖かい空気が隅々まで広がり、幕内の温度を上昇させる役割があります


IMG_0116







 

我が家は、フィールドアのストーブファンを使用


 

フィールドアのストーブファンは、5枚の羽でしっかりと風を送ります。


IMG_9920







 

ストーブの温度に合わせ高温になるほど、早く回転速度が変わります


IMG_0079







 

移動時に便利なハンドルが付いているので、持ち運びに便利


IMG_0056







 

フィールドアのストーブファンの一番の特徴は、カバーが付いていること

 

カバーが付いているので、安全で安心して使用できます。


IMG_0012







 

ストーブファンがあるのと無いのとでは、幕内の暖かさがかなり変わってきます

 


IMG_0107








冬キャンプで暖かく過ごすには、カバーが付いているフィールドアのストーブファンがおすすめ


IMG_0033

IMG_0095
























 

首振り機能が付いているフィールドアのストーブファンもあります

 

IMG_1042





 



 

 

 





まとめ

 

IMG_6256

 






 

フジカハイペット・アルパカストーブ・パセコストーブ共に、それ程たくさんの違いはありません。


 

唯一の大きな違いは暖かさ。


 

石油ストーブの暖かさを知るのに、調べておきたいのが暖房出力。


 

暖房出力が大きいほど、暖房力が高くなります。

 

 

フジカハイペットの暖房出力は2.56kw。

 

パセコストーブとアルパカストーブの暖房出力は、3.0kwになっています。


 

暖房出力が高く暖かい石油ストーブを選ばれるならパセコストーブとアルパカストーブ。

 

 

パセコストーブは、手頃な値段で購入できる石油ストーブ。

 

 

アルパカストーブは、韓国製の石油ストーブながら日本の厳しい安全基準をクリアしています。


 
以上、「【比較&違い】フジカハイペット・アルパカストーブ・パセコストーブ
」でした。






キャンプ用品セールCheck!
(ナチュラム)
 











キャンプ用品セール
Check!
(amazon)











 













キャンプ用品セール
Check!
(楽天)







 








 

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック