2017112807








「オンシーズンは、夫婦2人でキャンプに行くことが多い我が家ですが、寒い時期はソロで行くキャンプが増えます」


冬場は家族連れの方が減り、ソロでキャンプに来られる方が増えるので、ソロキャンプに行きやすい季節。


2020090507 (8)









「冬場のキャンプ、幕の大きさをコンパクトにすれば、小さい暖房器具でも快適に過ごせます」


小さいテントの場合、テント内を暖めてくれる暖房器具は、カセットガスストーブで十分。




下記のような2人用のテントなら、カセットガスストーブで十分暖まるので、他の暖房器具は必要ありません。


3019120201 (4)









「オイルランタンやガスランタンをテント内でつけておくだけでも、小さいテントならほんのりと暖まります」



ただ、ランタンやカセットガスストーブは一酸化炭素が発生するので、幕内を少し開けて空気の入れ替えをする必要があります。


3019111701









「サーカスTCなど、少し大きい幕になってくると、冬場はカセットガスストーブでは不十分で、幕内を完全に暖めることはできません」


2019032801









「サーカスTCなど少し大きな幕で、真冬のキャンプを快適過ごすなら石油ストーブなどの暖房器具が必用」


我が家は、石油ストーブにフジカハイペットを使用。




真冬のキャンプでもしっかりとした装備をすると、幕内で快適に過ごせます。


3019120201 (1)












今回は、冬場するソロキャンプの暖房器具や、お座敷スタイルのやり方を詳しくブログで紹介したいと思います。



真冬にソロで行かれる方は、ぜひ参考にして下さいね!






2016071108






お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram






ソロキャンプの冬装備:


2017112807






お座敷スタイル:


2017120320









「寒くなってくると虫がいなくなるので、お座敷スタイルでキャンプをやられてもいいと思います」


お座敷スタイルは、コンパクトにできて荷物も減らせるので、特に真冬のキャンプはおすすめ。



2017121212









「お座敷スタイルのマットは、幕全体に敷かなくてもよく、1人なので自分が過ごすスペースだけでOK」


2017121214









「一番下にシルバーシート、その上に厚めの銀マットを2枚敷きます」



寒くなると地面からの冷気が必ず発生するので、厚めの銀マットを2枚敷くことで、冷気を完全に遮断します。




冬場に地面を手でさわると冷たく感じるのが冷気で、冷気を遮断しなければ快適に幕内で過ごせません。


2017121206