3019122201 (11)








「年間50泊している我が家、もちろん気温が低くなった冬場でもキャンプに行きます」


2020013008 (5)









「冬キャンプは、装備さえきっちりしておけば、それ程寒くはなく、自宅にいるより快適に過ごせます」


冬場は、焚き火だけで暖をとるのは厳しく、石油ストーブ・電気毛布・ホットカーペットがあれば暖かく、幕内に引きこもることもできます。


2021101701 (33)









「電源がないサイトでは、石油ストーブとカセットガスストーブ、電源サイトの場合はホットカーペットや電気毛布を使用すると快適にキャンプをすることが可能」


2019012601 (3)









今回は、我が家が冬キャンプに必ず持っていく物や、冬キャンプの必需品を詳しくブログで紹介したいと思います。


冬キャンプが初めての方も、ぜひ参考にして下さいね。









2015111839









お気軽にフォローして下さいね^^
  Instagram










焚火陣幕:


2020090507 (8)









「風の強い日に焚き火をすると、風の影響を受け火の粉が舞い上がってしまいます」


テントやタープに火の粉があたり、ダメージや穴があく可能性もあるので、風の強い日の焚き火はやりにくさもあります。




我が家は、クイックキャンプの焚火陣幕を使用。


2020100301 (9)









「焚火陣幕は、その名の通り焚き火用につくられた陣幕で、クイックキャンプというアウトドアブランドから発売されています」


焚き火の周りに、コットン布を張るので、風の影響を少なくし、風の強い日でも他に迷惑をかけず、焚き火ができます。


2020090506 (2)









「焚火陣幕の素材は、コットン100%になっており、焚き火の火の粉で、ダメージや穴があきにくくなっています」



2020090503 (4)









「高さが70cmあり、焚き火の前に座ると周りを見渡せて、焚き火だけを隠し、風から守ってくれます」


幅が240cmあるので、焚き火台だけではなく、テーブルや台なども、焚火陣幕内に置けます。


2021013001 (8)









「フレームには、シェラカップやいろいろなものを、引っ掛けることが可能」


フレームに、付属のランタンハンガーが付けられるので、ランタンを吊すことができます。


2021030502














石油ストーブ:


3019040801 (2)









「石油ストーブは、冬キャンプをするのにあると便利で、これから長くキャンプをされるなら絶対に必要」



石油ストーブは簡単に暖がとれるので、あるととても重宝すると思います。


3019120201 (2)









「電源サイトを利用される方でも、石油ストーブはあった方が便利」



電源サイトは、使用できる消費電力が決められており、サイトにもよりますが複数の電化製品が使えないことがあります。


石油ストーブがあれば、電気カーペットや電気毛布と併用できるので、消費電力を抑えることができます。




我が家が、真冬に電源サイトを利用する場合の暖房器具は、石油ストーブ+ホットカーペット。


2019012601 (3)









「キャンプで使うのに、フジカハイペットは有名ですが、予約をして購入まで2年待ち」


3019120201 (1)









「日本製の石油ストーブで冬キャンプに使え、できるだけ早く購入したいという方は、トヨトミから発売されているトヨトミKSシリーズかコロナ対流型ストーブがおすすめ」


トヨトミKSシリーズは、幅482×奥行482×高さ583mmとフジカハイペットと比べてひと回り大きなサイズですが、暖房出力が高いので冬キャンプに向いています。


FullSizeRender









「見た目や雰囲気がいいので、車の積載に少し余裕のある方は、トヨトミKSシリーズがかなりおすすめ」


暖房出力が6.66kwもあるので、真冬のキャンプ、ランドロックなど、大型2ルームテントでも、1台で問題なく暖めてくれます。


FullSizeRender

























コロナ対流型石油ストーブは、トヨトミKSシリーズより、値段が安く手軽に購入できるのが特徴」


人気があるのがトヨトミKSシリーズで、手軽な値段で選ばれるならコロナ対流型石油ストーブがよいと思います。




暖房出力が6.5kwもあるので、真冬のキャンプ、ランドロックなど、大型2ルームテントでも、1台で問題なく暖めてくれます。



FullSizeRender























カセットガスストーブ:


2021040804 (7)









「真冬、電源サイトではない場合、石油ストーブの暖房出力が低ければ、テント内は暖まりにくいです」



3019120201 (1)









「テント内で暖かく過ごすなら、石油ストーブ+カセットガスストーブを両方つけると、より快適にキャンプができます」


冬場に、電源無しサイトでキャンプをされるなら、石油ストーブとカセットガスストーブの併用をおすすめします。


2019031101 (2)









「我が家も冬場は、石油ストーブとカセットガスストーブを併用しています」


昼間は、石油ストーブ1台でテント内は暖まりますが、朝晩は気温が下がるので、石油ストーブ1台だけでは暖かくなりません。




朝晩に、石油ストーブとカセットガスストーブを一緒につけることで、テント内は20℃以上をキープできます。


2019030701 (10)









「我が家は、センゴクアラジンの石油ストーブを使用しています」


3019111701

























「安心の日本製、イワタニからもカセットガスストーブが販売されています」


image














ホットカーペット:


2021101701 (32)









「電源サイトで、ホットカーペットがあれば最強の暖房器具で、地面からの冷気も完全にシャットアウトします」


2019012601 (2)









「冬場のシュラフは、ダウンシュラフを使われる方もおられますが、ホットカーペットを使えばダウンシュラフは必要なく、化繊の分厚いシュラフで十分」



2018020201









「石油ストーブを保有されている方は、真冬のキャンプもホットカーペット+石油ストーブで快適なキャンプができます」


ホットカーペットは、冬キャンプの必需品で、あると絶対に便利で快適。




サイズは、2畳用が176×176cm、3畳用が195×235cm。



我が家は、夫婦2人なのでホットカーペットの2畳を使ってますが、4人家族ならホットカーペットの3畳がおすすめ。


2019012601 (3)




















電気毛布:


2020013010 (3)









「電気毛布は、消費電力が低いので、他の電気製品と併用ができ、あると大変重宝します」



電気毛布をインナーマットの下に、ホットカーペットみたいに敷くと、ほのかに暖かく地面からの冷気を完全にシャットアウトしてくれます。


2021101701 (6)









「電気毛布を敷くと、ほのかに暖かい感じで、座っているとおしりがほっこりします」


就寝時は、シェラフの中に電気毛布を入れて寝ると暖かいので、朝までぐっすり眠ることが可能。


2018020201









「電気毛布は、コンパクトになるので、持ち運びや車の積載に便利」


特に冬場は荷物が多くなり、車の積載に場所を取ってしまいます。




コンパクトで、車のちょっとしたスペースに入れることができるので、手軽にキャンプに持っていけます。



3019111101























ミニセラミックヒーター:


2021101701 (43)









「ミニセラミックヒーターは、他の暖房器具より値段が安いので、手軽に購入できるのが良い所」


2021101701 (42)









「ミニセラミックヒーターが1個だけでは暖かくなりませんが、ミニセラミックヒーターが2個あると、テント内をけっこう暖めてくれます」


電源サイトの時は、石油ストーブとミニセラミックヒーター2台体制でテント内が暖かくなり、快適に過ごせます。




ミニセラミックヒーターは、サイズが小さいので、車の積載にも邪魔になりません。



2021101701 (39)

























延長コード:


2018010805









「自宅で延長コードを使用する場合は、雨に濡れることがないので、屋内専用の延長コードでも大丈夫ですが、キャンプでは屋外専用の延長コードを必ず使用して下さい」


 屋内専用の延長コードは、被覆の破れやひび割れを起こしやすく、そこに雨がかかると漏電してとても危険。




土の上で踏みつけたら、被覆が破れる可能性もあります。 


2018010801









キャンプで使用する場合、電源を引くのは屋内専用の延長コードではなく屋外専用の延長コード、防雨延長コードを使用することをおすすめします」 


2018010803









「キャンプで使う、ベストな延長コードの長さは10m」 


 延長コードが10mあれば、テントから屋外コンセントまで電源を取るのに問題はないと思います。 




我が家は、今までいろいろなキャンプ場に行きましたが、10mの延長コードで短かったとか不便を感じたことは一切ありません。


2018010804









「防雨延長コードは、1500W(15A)までがおすすめ」 


延長コードには上限があり、1500Wは、使用電力が1500W(15A)まで使用できるということ。 




消費電力が大きい家電製品でもたいてい1500W(15A)以下なので、防雨延長コードは1500W(15A)を購入しておけば問題がないと思います。


2018010805









「キャンプ場の屋外コンセントは、2つある所が多いので、防雨延長コードは2つ購入された方がよいと思います」




ペンドルトンタオルブランケット:


2019021701 (8)









 「ペンドルトンのタオルブランケットは、肌触りがよくとても暖かいです」


見た目がよくおしゃれなので、かなりの人気。


2020041909 (4)









「我が家は、肌寒い時の毛布代わりや、夏場のタオルケット代わりに使用しています」 


ペンドルトンのタオルブランケットは、保温性があって、生地が分厚く暖かいので、キャンプではとても重宝します。




 触るとかなり肌触りが良く、気持ちがいいのも人気がある所。


2020063001 (2)









 「値段は安くありませんが、コットン100%で丈夫なので長く使用できます」 


 長く使用できることを考えたら、少々値段が高くても、購入して損はないと思います。


2020063001 (1)









「寒い時期のキャンプは、シュラフの中にペンドルトンのタオルブランケットを入れると暖かいです」 


 見た目がよくおしゃれな、ペンドルトンのタオルブランケットは、キャンプに持って行くと重宝し、便利なのでおすすめします。 




コットン100%なので、洗濯機で洗っても、特に問題はありません


2020090506 (7)

























ケシュアテント:


2019022201 (2)









「我が家は、冬場によくケシュアのテントを持っていきます」


ケシュアのテントは、サッと設営撤収ができて、背が低いのでクローズにすると暖かいです


2018112001 (1)









「ケシュアは、フランスのアウトドアメーカーで、ポップアップテントが支流で、世界37ヶ国で販売されています」 


2018091102 (9)









 「フランスのメーカーだからこそ、見た目がおしゃれ」 


 我が家が使用しているのが、ケシュアのポップアップテント2SECONDS。




白を基調とし、シンプルな見た目なので、とても雰囲気がいいテントです。


2018062612









 「ケシュアの一番の魅力は、短時間で設営と撤収が可能なこと」


 5分あったら設営や撤収ができるので、とても楽。




ポールを立ち上げたり折りたたむことは一切ありません。 


2018061406









 「パッと設営ができて、サッと撤収できるのがケシュアを使用するメリット」 


2018061430









 「ベルトやバックルを外したら、ケシュアが自動的に広がり、広げるのにコツや手間は一切なし」


2018061402









 「ペグ打ちは必ず必要で、4ヶ所はペグダウンして下さい」 


2018061709










「 テントを締め切ると、日光が遮断されて驚くくらい中は真っ暗」


2018061434









 「ケシュアは、サイドの部分に小窓があり、ロープを引っ張るとメッシュ部分が現れます」


 入口を巻き上げることでメッシュになり、ケシュアの後方部分はロープを引っ張るとフライシートがあがり、後方部もメッシュになります。


2018061424









「オレンジのひもを引っ張ると、自動的にテントがたためて、丸い形になります」
設営撤収が5分程でできるのが、ケシュアの魅力。


2018061428

























厚めの銀マット:


2020013010 (1)









「気温が低くなると地面が冷たくなり、地面からは冷気が必ず発生します」



厚めの銀マットがあれば、地面からの冷気を完全にシャットアウトしてくれ、クッション性もアップしてくれます。




銀マットは、ホームセンターなどで販売されている薄い銀マットではなく、分厚い銀マットがおすすめ。


2020013010 (1)









「我が家は、分厚い銀マットを4枚保有していて、2枚重ねにすることで、よりクッション性をアップし、地面からの冷気を遮断してくれます」


2018010903









「幕内を暖めても、地面からの冷気に気をつけなければ、快適にキャンプができません」


快適にキャンプをされるなら、絶対に底冷えに注意をして下さいね。


2021101701 (3)



















オールウェザーブランケット:


2015111211









「オールウェザーブランケットは、アメリカのNASAが開発した多目的シートで、軽量でコンパクトなので、持ち運びやすく車の積載にも便利」


防水と保温性に優れたシートなので、我が家の冬キャンプの必需品で、必ず冬キャンプに持っていきます。




オールウェザーブランケットの素材は、プラスティックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスティックフィルムの4層構造なのでとても丈夫。


2020013007 (10)










「9年以上使用していますが、破れなどは一切ありません」


2015111208









「我が家は便利すぎて、4枚も購入してしまいました」


2015111210









「下記のように、テントの一番底に敷くと冷気を遮断し、雨が降った時の浸水防止や床の傷防止にもなります」



2018020102






















陣幕ミニ:


2021101701 (55)










「肌触い時にオープンタープを張る場合、風よけがあると、風の影響を軽減できるので、以外に暖かく過ごせます」


風よけにもなり、目隠しにもなる陣幕は、あるとかなり便利。




我が家は、テンマクデザインから発売されている、陣幕ミニを使用しています。


2020083104 (2)








「陣幕ミニは、素材がポリコットンになっており、近くで焚き火をしても、火の粉で穴があいたりダメージが起きにくいので、安心して焚き火ができます」


2021101701 (60)









「我が家が、陣幕ミニを使用する理由は、オープンタープを張った時の風よけ」


暑い時期は、サイトに風が通った方が涼しいですが、寒い時期は風があると体感温度が下がります。




特に寒い時期は、北風が強くなり、オープンタープで過ごすには、苦痛になることもあります。


2020083103 (10)









「寒い時期、風が強い日にオープンタープを張るなら、陣幕ミニが、かなりおすすめ」


陣幕ミニは、風よけ+目隠しにもなります。


2021101701 (56)









「陣幕ミニの魅力は、イスに座ると風よけと目隠しになり、立ち上がると周りが見渡せます」


2021101701 (57)

























低反発マットレス:


2017121202









「我が家は、快適に寝るために、マルチマットレスを使用しています」


マルチマットレスの幅は、60cm×180cmあるので、シュラフの下に敷くことができます。




低反発なので、固すぎず柔らか過ぎずちょうど良い感じで、地面が砂利でも低反発が吸収してくれるので、快適に寝ることが可能。



2018020202









「1cmの低反発ウレタンと3cmの高反発ウレタンで、厚さが4cmあるので、クッション性があり下からの冷気も遮断」


値段もそれ程高くないので、購入しやすいのが良い所。



2017121207









「マルチマットレスは、それ程コンパクトにはなりませんが、下記のように巻いて持ち運ぶことが可能」



2017121209









「ベルトがついているので、留めることができ、持ち運びにも便利」


2017121210









「コットの上にもちょうどいいサイズで、我が家は、コット寝の時も便利に使用しています」



2021070404 (6)

















NANGA:


FullSizeRender









「真冬は、テント内でも氷点下まで気温が下がることがあります」


就寝するのに大事なのが、テントの床に敷くマットで、分厚いマットを敷いておくと地面からの冷気をシャットアウトしてくれます。


2018020206









「テントの床に敷くマットと同じくらい大事なのが、冬キャンプで使うシュラフ」


ダウンのシュラフは、いろいろなアウトドアメーカーから発売されていますが、長く使えアフターフォローもしっかりとしているのが、ナンガダウンシュラフ。


FullSizeRender









「ナンガは、日本製で滋賀県の米原市に本社を置く会社」


我が家から近く、車で1時間もかからない所にあり、何度か行ったことがあります。




ナンガシュラフの種類の中でも、冬キャンプに適しているのがナンガオーロラ600DX。


FullSizeRender









「ナンガオーロラ600DXは、快適温度は-11度になっており、真冬は湯たんぽや毛布をシュラフの中に入れると、より快適に就寝ができます」


ナンガオーロラ600DX、他のナンガシリーズよりお得に買え、使用すると暖かいです。




ナンガのシュラフは、冬キャンプの必需品ですね。


FullSizeRender










ポータブル電源:


FullSizeRender









「ポータブル電源があると、電源がないサイトでも電気毛布が使用できるので、冬キャンプを快適に過ごせます」


ポータブル電源のPowerArQ3は、新技術のバッテリー交換システムを搭載。



FullSizeRender









「これまで弱点だったバッテリーの劣化を、バッテリー交換をすることで克服」



バッテリーだけを交換すると、本体を購入するよりかなりお得に、半永久的に使用できます。





バッテリーのみを追加で購入すると、無限に容量を増やすことも可能。


FullSizeRender

FullSizeRender









「PowerArQ3は、最大555kwの容量」



555kwの容量があるので、例えば100kwを消費する機器だと、約5時間動作することができます。



FullSizeRender


FullSizeRender





電気毛布1台だと、弱が3kw・中が18kw・強が31kw










「550kwあるPowerArQ3は、電気毛布1台、強31kwで使用しても、約17時間使用できる計算になります」



PowerArQ3のAC出力は最大500wなので、消費電力が500wまでの電化製品を使用することが可能。



FullSizeRender










「見た目がよくおしゃれなPowerArQシリーズは、最も売れているポータブル電源」


FullSizeRender























湯たんぽ:


2019021506









「我が家が、冬キャンプに必ず持っていくのは、直火ができる湯たんぽ」


直火ができる湯たんぽは、湯たんぽに水を入れてガスコンロでそのまま温められるので、とても手軽。




石油ストーブの上にのせておくだけでも、湯たんぽの中のお湯が沸きます。


2019021005









「直火ができる湯たんぽは、やかんやケトルでお湯を沸かして入れなくてもいいので、とても楽」



お湯を入れる湯たんぽに比べて、直火ができる湯たんぽは楽に使えるので、長い間キャンプで使っていけると思います。




シェラフの中に湯たんぽを入れると、暖かく就寝ができるので、冬キャンプに絶対におすすめ。


2020013009 (5)









「我が家はマルカの湯たんぽ3.5Lを使用していて、3.5Lもお湯を入れるので朝まで温かく過ごせます」


2018020204




















まとめ:


2021101701 (28)









今回は、冬キャンプの必需品、あれば便利な物を紹介しました。冬のキャンプは予想以上に冷えることがあるので、しっかりとした装備で冬キャンプを楽しんで下さいね!


特に、張るカイロ・毛布・ブランケットは必ず持っていった方がいいと思います。


以上、「年間50泊行く我が家が必ず冬キャンプに持って行く20点を詳しくブログで紹介。おすすめ暖房器具や必需品があるのでぜひ参考に!」でした。