2021040805 (5)









「我が家が、雨の日にキャンプによく行く理由は、ゆったりとキャンプを楽しみたいから」



雨の日はキャンプに来られている方が減り、普段予約が取れにくい人気があるキャンプ場でも、予約が取れやすくなります。


2020061901 (8)









「雨の日は、キャンプでできることが制限されますが、テントの中でゆったりと過ごせ、混み合ってないので割と場内は静か」


お子さんがおられる場合、テントの中でカードゲームをしたりDVDを見たりして過ごせます。外に出て傘をさして散歩も良いですね。




雨キャンプは晴れの時と違い、いつもと違った雰囲気が楽しめるのが良い所。


2020061901 (5)









「我が家は、夫婦でキャンプに行くことがほとんどで、雨の日は夫婦でお酒を飲みながら雨キャンプを楽しんでいます」


3019050502 (5)









「雨キャンプは晴れの時と比べ、より設営が大変」


設営を問題なく終わらせれば、後はテント内でゆったり雨キャンプを楽しむだけ。


2020061901 (3)









今回は雨のキャンプの時、スムーズにテントやタープの設営ができる方法を、詳しくブログで紹介したいと思います。


雨設営の経験が少ない方は、ぜひ参考にして下さいね!









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









雨設営:


2017102901









「雨のキャンプで一番大事なのは、キャンプ場選び」



キャンプ場選びはとても重要で、選んだキャンプ場がよいと雨設営がスムーズにできます。




我が家が思う雨の日に利用しやすいキャンプ場は、フリーサイトで車が横付けできるキャンプ場。


3019050610









「フリーサイトは、区画サイトと違い、自分で好きな場所が決めらるのがメリット」



好きな場所にテントやタープが設営できるので、サイト状態の悪い所や水たまりや水はけの悪い場所を避けて設営ができます。




設営した場所がサイト状態が悪く、水たまりがあると道具が濡れたり、テントの浸水にもつながります。


2017102913









「雨の日におすすめなのが、砂利サイトがあるキャンプ場」



雨の日は、芝サイトや砂のサイトより水はけがよく、道具やテントに泥がつかない砂利サイトがおすすめ。


2020061901 (8)









「雨キャンプに、絶対選んではいけないのが土のサイト」



土サイトは、雨の日に利用するのが最悪で、床がないワンポールやツールームのリビングなど、幕内でも地面がぐっちょりしてしまいます。




幕や道具に泥がついて、後始末がとても大変なので、雨の日の土のサイトは絶対さけて下さい。


FullSizeRender









「下記は個別サイトだったので、サイト状況が悪い場所しか設営できず大変でした」



個別サイトは、サイト状況がよければ雨の日でも利用しやすいですが、サイト状況が悪いと最悪です。


雨の日はできるだけ、サイトを選べるキャンプ場が良いと思います。




一度も利用をしたことがないキャンプ場は、現地に行くまでに一度電話でサイト状況を確かめて判断して下さいね。


2017102914










テント設営:


2021040805 (5)









「オープンタープとテントを張る場合、まずオープンタープを設営をしてからテントを設営して下さい」


小さなテントなら、オープンタープの下で設営ができます。


2021040805 (6)









「オープンタープとテントを連結させると、雨に濡れずに済みます」


我が家は2人用のテントを使用しているので、雨の日はオープンタープの下にテントを入れます。




テントが濡れにくいので、後日乾かす時にとても楽。



2017081807










「フリーサイトで、車が横付けできるサイトは、タープのすぐ近くまで車を寄せることができるので、荷物が濡れにくくなります」



FullSizeRender









「雨設営のコツは、雨が小降りになるまで待機すること」



キャンプ場に着いたら早く設営をしたいという気持ちにはなりますが、雨が強く降っていると服や道具など全てが濡れてしまいます。


FullSizeRender









「小雨になったら一気に手際よくタープやテントを張ると、雨に濡れるのが減ります」



一番雨に濡れるのが設営時ですから、雨の強い時は避けたいですね。


FullSizeRender









「雨の日は、できるだけ荷物を少なくし、いらない道具を持っていかない」


雨の日は荷物を少なくすると設営がスムーズにでき、濡れた道具があれば乾かすのも楽です。




雨の日に、道具を多く持っていくメリットは何もありません。



FullSizeRender










アプリ:


FullSizeRender









「スマホのアプリでウエザーニュースタッチがあり、そのアプリの中に雨雲レーダーという機能があります」


雨雲レーダーは、雨雲の動きをリアルタイムでチェックでき予想することが可能で、現在いる場所の雨の状況がわかります。




雨が弱くなるタイミングがわかるので、とても便利。


FullSizeRender









「雨は強くなる時もあれば、弱くなることも必ずあります」


雨雲レーダーで雨が弱くなる時間帯をみて、雨が弱くなったら一気に設営をして下さい。


FullSizeRender









「チェックインの前に雨が降っていなければ、アーリーチェックインをしてしまえば、雨設営を避けることができます」


雨より怖いのが風
で、低気圧の通過などで突風が吹き荒れる場合は、思い切ってキャンセルをすることをおすすめします。




ウエザーニュースタッチには、風速も表示されチェックできます。


FullSizeRender









「雨で風が強い時は大変」


雨風が強いとオープンタープの場合、横から雨が入ってくるので、自分も荷物も濡れてしまいます。




オープンタープは、風が下から押し上げてしまうので風には弱く、崩壊もありえるので、雨風が強い時はオープンタープ以外の幕がよいと思います。



FullSizeRender









「雨の日は風が強くなることが多いので、ペグは鍛造ペグを使うと安心」


我が家も使用する村の鍛冶屋のエリッゼステーク28か、スノーピークから発売されているソリッドステーク30がおすすめ。




我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用。


2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (4)

2020092202 (5)




















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender



























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

























まとめ:


3019050504 (9)









雨の日は手軽にできる料理の方が楽なので、冷凍食品などを組み合わせると簡単においしく食事ができます。




炉ばた焼器 炙りやがあればカセットコンロで焼肉ができるので、炭を起こさず便利。


雨の日に手軽に焼肉ができるので、かなりおすすめ。


2021030602 (6)

2021030605 (4)

















雨のキャンプは設営さえしてしまえば、後は幕内でゆったりと過ごせます。


雨の日は人も少なく、晴れの日と違ったキャンプができるのでおすすめ。




以上、「雨キャンプのテントやタープの設営!我が家がやっているスムーズにできる方法を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!