2020060201 (7)








「キャンプで料理を作るのに、必要なのが包丁」


キャンプで使用する包丁は、アウトドアメーカーから発売されている物や、自宅で普段使っている包丁などいろいろ。


FullSizeRender









「包丁は、サヤがないものが多く、持ち運びがけっこう大変」



キャンプを始めた頃は、コンパクトな包丁や果物ナイフを使ってましたが、持ち運ぶのに
かさばることもあり、いつの間にか包丁をキャンプに持っていかなくなりました。


FullSizeRender









「野菜などは、自宅である程度切ってジップロックに入れると、キャンプ場で食材を切ることが減ります」


食材は自宅である程度下処理をして、キャンプに持っていくこともあり、本格的な包丁は必要なくなりました。


2019022101 (3)









「キャンプで使う包丁は、本格的なものより、コンパクトに持ち運べるナイフがおすすめ」



2020060202 (7)









今回は、キャンプで使う今流行りのナイフを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram








キャンプ用ナイフ:


2020051205 (4)









「我が家が使用しているのが、今流行りのオピネルのナイフ」


2020060201 (7)









「オピネルナイフは、いろいろとサイズがあって、我が家が使っているのはステンレスの10番」


2020060202 (3)









「ブレードもグリップも、一味の瓶のひとまわり大きなサイズ」


FullSizeRender

FullSizeRender









「コンパクトなので、持ち運びにとても便利」


どこにでも入る大きさが、オピネルナイフの良いところ。


2020060201 (1)









「オピネルナイフの一番の魅力は、その見た目」


グリップが木製になっており、雰囲気がめちゃくちゃ良いです。




値段は3000円程なので、手軽に購入できるのが良いところ。


2020051205 (4)









「オピネルナイフのブレードは、カーボン製とステンレス製の2種類あります」


2020060202 (2)









「カーボン製は錆びやすく、定期的にメンテナンスをしなければいけません」


切れ味は抜群にいいですが、その分手間もかかります。


FullSizeRender









「ステンレス製は、錆びにくくメンテナンスもほぼゼロで、刃先さえ磨いてやれば長く使うことができます」


我が家は手間のことを考えて、ステンレス製のオピネルナイフ10番を購入し使用しています。


2020060301 (9)









「オピネルナイフには、2番から12番までのサイズがありますが、使い勝手が良いのがオピネルナイフの10番」


2020060201 (8)



2020060201 (9)

















まとめ:


2020060302 (1)









食材は自宅である程度切って、ジップロックで持っていけば包丁はいりません。


コンパクトなナイフで、十分に使えます。




オピネルナイフは、今流行りのナイフ。


グリップが木製になっており、おしゃれで見た目が良いです。


包丁の代わりに、オピネルナイフは十分にキャンプで使えると思います。


以上、「我が家も使用!キャンプで包丁!折りたためて持ち運びやすいこちらが絶対おすすめ」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!