2020111502 (12)








「デイキャンプは、暖かい季節だけではなく冬場もおすすめで、冬場のキャンプ場は人が少なくゆったりと過ごせるのが、冬のデイキャンプの良い所」


冬キャンプに不安のある方は、デイキャンプで慣れてから冬キャンプにチャレンジされても良いですね。


2020111502 (7)









「夏場は、日差しがきつく日よけにオープンタープを張りますが、冬場は日差しに気を付ける必要もないので、冬のデイキャンプにオープンタープは必要ありません」


シェルターなど四方に壁があり囲める幕が、風を通さないので暖かいです。


2020111502 (11)









「冬のデイキャンプは、オープンタープは必要なく、シェルターがあれば便利で、シェルターの中でするお座敷スタイルがおすすめ」


2020111502 (12)









今回は、我が家が冬のデイキャンプでするお座敷スタイルのやり方を、詳しくブログで紹介します。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










デイキャンプ:


2020111502 (9)









「冬場は夏場と違い、日差しに気を付けなくてもいいので、デイキャンプにオープンタープは必用ありません」


逆にオープンタープがないほうが、日差しがあたって暖かいです。


我が家は、オープンタープを張らずに下記のような感じで、ワンポールテントを張っています。




冬のデイキャンプにワンポールテントやシェルターなどを張るメリットは、風があたらないので幕内で暖かくゆったりと過ごせます。


2020111502 (11)









「我が家は、ワンポールテントで一番人気があるサーカスTCを使用」



2020111502 (8)

















お座敷スタイル:


2020111502 (11)









「我が家が、冬のデイキャンプでよくやるのがお座敷スタイルで、冬場は全くと言っていいほど虫がいなく、暑い時期よりお座敷スタイルがやりやすいと思います」


お座敷にスタイルにすることで、幕内で寝転ぶこともでき、よりゆったりと過ごせます。




イスも減らせるので、車の積載に余裕もでます。


2020111502 (12)









「我が家のお座敷スタイルのやり方は、一番下にグリーンシートを敷きます」



ブルーシートでもよいですが、グリーンシートの方が見た目がいいのでおすすめ。


2020111502 (1)

























「グリーンシートの上に、オールウェザーブランケットを敷きます」


オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・保温性に大変すぐれいます。



2020111502 (2)

2020111502 (4)






















「オールウェザーブランケットの上に、極厚の銀マットを敷きます」


極厚の銀マットは厚みがあり、クッションがあるので、幕内で快適に過ごすことができます。




地面からの冷気対策にもなるので、手軽に購入できる極厚の銀マットはおすすめ。

























「極厚銀マットの上に、インナーマット」


インナーマットは、自宅にあるようなものでも何でもOK。





我が家は、コールマンのラグを敷いています。


2020111502 (6)
























「デイキャンプはキャンプと違い、最低限いる荷物しか持って行かなければ手軽にデイキャンプができます」


荷物を少なくすることで、楽に設営と撤収が可能。



3019120802 (5)










幕内でくつろぐ:


2017120308









「冬場は昼間でも気温が下がるので、幕内に暖房器具として、石油ストーブやカセットガスストーブがあると暖かく快適に過ごせます」


我が家の冬のデイキャンプは、石油ストーブをつけ幕内の入口を開け、ゆったりと景色を眺めながらデイキャンプを楽しみます。



2017120303









「デイキャンプの暖房に、カセットガスストーブを1台持っておくと便利」


2020041401 (6)









「我が家は、センゴクアラジンのカセットガスストーブを使用」


センゴクアラジンのカセットガスストーブは、ブルーフレームで有名な、アラジン社が手がけたカセットガスストーブ。




見た目がよく、おしゃれでかわいいのが特徴。


2020100301 (3)









「燃焼時間が、カセットガス1本で1時間40分から4時間20分と記載されてますが、実際に強で使用してみると2時間程でした」


もう少し、暖かさを調整して使うと、カセットボンベを長く使用することができます。


2018102101 (8)









「ガスの炎はきれいなブルーで、眺めていると、ほんと癒されます」



2018102103 (4)









「値段は少々高いですが、購入してよかったと思えるカセットガスストーブ」


3019111701

























「安心の日本製、イワタニからもカセットガスストーブが、いろいろと発売されています」


FullSizeRender


















「本日のデイキャンプの料理は、バーベキューではなく、手軽に食べれるハンバーグとシャウエッセン」


2017120310









「今回は、スキレットを使って焼きます」


スキレットを使用することで、外はパリッと中はジューシーに焼け、保温効果もありいつまでも熱々が食べれます。



2017120312









「せっかくストーブがあるので、ストーブの天板で手軽に焼きます」



2017120313









「焼きあがる前に、茹でた野菜をスキレットにのせたらできあがり」



2017120315









「我が家はニトリのスキレット、ニトスキを使用」



3019121504 (2)
























「ロッジのミニシリコンホットハンドルは、スキレットの持ち手にジャストフィット」


2020082601 (7)

























「ごはんは、メスティンを使用して炊きます」


メスティンを使うと、おいしく失敗なく炊けるのでおすすめ。



2017120314

























「スキレットを使うことで、とてもおいしく焼くことができました」



ハンバーグをおいしく食べるなら、フライパンよりスキレット。


2017120316










まとめ:


2020112201 (1)









冬のデイキャンプはタープなしで、お座敷スタイルがおすすめ。


幕内でゆったりとするのもデイキャンプの楽しみで、焚き火などをして過ごしても良いと思います。




冬場のキャンプ場は人が少ないので、オンシーズンと違う雰囲気を味わえます。


寒い時期はキャンプに行かないという方は、ぜひ一度冬のデイキャンプに行ってみて楽しんでみて下さいね!


以上、「冬のデイキャンプはオープンタープはいらない!お座敷スタイルがおすすめ」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check! 


















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック