2021051704 (3)









「キャンプで快適に就寝するには、シュラフの下に敷くマットがかなり大事で、きっちりとしたマットがあれば快適に寝ることができます」


2021051706 (4)









「シュラフの下に敷くマットは大まかに3種類に分かれ、ウレタンマット・エアーマット・インフレータブルマットがあります」


2021051705 (2)









「ウレタンマットは、ウレタン系の素材でできているマット」


広げるだけで使えて便利ですが、クッション性がないので、寝心地があまりよくはありません。


クッション性がない分、腰痛の方はつらいかもしれません。


2017121810









「エアーマットは、空気で膨らますマット」


厚みがあって使いやすいですが、穴が空きやすいというデメリットがあります。




寝心地は好みによるので一概には言えませんが、わたしは好きではありません。


2017121811









「インフレータブルマットは、バルブを開けると中のウレタンマットが広がり、自動的に空気を取り込んで膨らみます」


多くのメーカーから発売されており、マットとして使われているのが一番多いと思います。


2017121812









「我が家がマットとして使用しているのが、マルチマットレスという低反発のマットレスとWAQのインフレーダブルマット」



マルチマットレスの良い所は、低価格で寝心地がよく、快適に就寝することができます。


3019120801 (8)









「WAQのインフレーダブルマットは、とても人気のあるマットで、厚さが8㎝あるので寝心地がかなり良いです」


2021051705 (1)









今回は、シュラフの下に敷くマットでおすすめの、マルチマットレスとWAQのインフレーダブルマットを紹介したいと思います。


マットの購入を考えておられる方は、ぜひ参考にして下さいね!









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









マルチマットレスとWAQのインフレーダブルマット


2020013008 (5)









「マルチマットレスの良い所は、値段が安くつくりがしっかりしていること」


マットに厚みがあるので、地面の状態が悪い砂利サイトでもマルチマットレスを敷くと、快適に就寝することができます。




砂利サイトにマルチマットレス、その上にシュラフを敷いて就寝しましたが、朝までぐっすりでした。


2017121202









「2人用のテントの中にマルチマットレスを2枚敷くと、ちょうどいい大きさで、サイズもぴったり」


2020030301 (1)

IMG_2017121804









「マルチマットレスの幅は、60cm×180cmあるので、シュラフの下に敷くとちょうどいい大きさ」


マットの寝心地は、固すぎす柔らかすぎずちょうど良い感じで、腰痛の方でも腰が痛くならず快適に就寝できます。


2018020202









「マルチマットレスはめちゃくちゃコンパクトにはなりませんが、巻いて持ち運びができます」


巻いているだけなので、パッと出してサッと片付けられるのが、使用するメリット。


2017121208

2017121209









「くるくると巻いて、最後はベルトで留めるだけなので、とても簡単で手軽」


マルチマットレスは、空気で膨らます形状ではないので、穴があくことはないので長く使えます。



2017121210









「1cmの低反発ウレタンと、3cmの高反発ウレタンの厚さが4cmあるので、快適に就寝ができ、寒い時期でも地面からの冷気を遮断してくれます」


程よい厚みとクッション性があり、カバーが洗えるのも良い所。




マルチマットレスを使用していて体が痛くなることもなく、朝までぐっすりと就寝することができます。



2017121207

























「もうひとつ、我が家が就寝する時に使用しているマットは、WAQのインフレーダブルマット」


WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品。




WAQのインフレーダブルマットが売れているのは、それだけの理由があります。


2021051705 (1)









「厚みが8cmもあるので、就寝する時も快適で、しっかりと地面の硬さを吸収してくれます」


2021051704 (5)









「特大バルブが2つ搭載しているので、あっという間に、マットが膨らみます」


2021051703 (7)

2021051703 (8)









「素材に、ひし形のウレタンを採用しているので、就寝するのに快適」



2021051704 (6)









「ひし形のウレタン採用で、エアーベッドのように浮く感じもなく、低反発のような沈み込む感じもありません」



2021051704 (3)









「空気を抜き巻き取ると、コンパクトに収納してくれます」



2021051703 (5)

2021051706 (10)

2021051706 (11)

2021051703 (1)








「WAQのインフレーダブルマットは、我が家が購入してよかったマットで、おすすめできるマット」



2021051704 (2)









「我が家は、いろいろなマットを使用してますが、最近はWAQのインフレーダブルマットばかり」


年間50泊キャンプに行く我が家が、おすすめできるマット。


2021051704 (10)
























インナーマット:


2020013008 (4)









「テントの床の一番下には、オールウェザーブランケット」



オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性にすぐれいます。




素材は、プラスティックフィルム+アルミニウム+ポリエチレン繊維+プラスティックフィルムの4層構造でとても丈夫。


2020013007 (10)









「テントの床一面に敷くと、汚れやダメージの防止にもなります」


2021051701 (5)























「オールウェザーブランケットの上に、分厚い銀マットを敷いています」


分厚い銀マットを敷くことで、寒い時期の地面からの冷気を遮断し、クッション性を高めます。


2021051701 (6)









「冬場に地面を手で触ると冷たいのが冷気で、気温が下がると地面から必ず冷気が発生します」


寒い時期に
快適に就寝するのは、地面からの冷気対策がかなり重要。




銀マットはテントの床、全て敷かなくても、座ったり就寝したりするスペースだけでOKです。


2020013010 (1)














「分厚い銀マットの上には、アウトドアブランドから販売されているインナーマットやラグ」


2018020103









「就寝する時に、マルチマットレスを敷いて寝ています」









まとめ:


2021051704 (3)










キャンプで使用するマットは、ウレタンマット・エアーマット・インフレータブルマット等がありますが、我が家はマルチマットレスを使用しています。


マルチマットレスは3500円程度で販売されているので、家族全員分購入してもそれ程値段が高くはなりません。


巻いてベルトで留めることで持ち運びやすくなるので、キャンプで使用しやすいと思います。




WAQのインフレーダブルマットは、楽天のアウトドアマットランキングで、一番売れている商品で、寝心地もかなり良いです。


以上、「年間50泊キャンプに行く我が家がおすすめ!キャンプで寝る時のマットはこれしかない!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!