2020013008 (5)








「キャンプで、寒い時期や暑い時期に利用しやすく快適に過ごせるのが電源サイト」


電源サイトは、サイトに電源設備があるので、自宅で使用している電化製品が使えます。


2019012601 (3)









「電化製品があると、寒い時期や暑い時期でも快適に過ごすことができ、手軽にキャンプができます」


特に、キャンプを始めたばかりの方などは、電源があると安心できますね。


2020020203 (4)









「電化製品で冬場よく使われているのが、ホットカーペット・電気毛布・セラミックヒーターなどがあります」



夏場は、扇風機を使われている方も多いと思います。


2020013010 (3)









「自宅で延長コードを使用する場合は、雨で濡れることがないので屋内専用の延長コードで十分」


キャンプ場で、延長コードを使用する場合は、コンセントが外についており、屋内専用の延長コードでは、雨が降った時や踏みつけたりしたら危険。




キャンプでは、屋外専用の延長コードがおすすめです。


2018010805









今回は、キャンプ場の電源サイトで、我が家が使用している延長コードを、詳しく紹介したいと思います。


延長コードを買われる方は、ぜひ参考にして下さいね!









2016071108






お気軽にフォローしてくださいね^^
Instagram






防雨延長コード:


2020013008 (7)








延長コード:


2020020207 (2)









「キャンプ場のコンセントは外に設置されており、電化製品を使う為には、延長コードを使って電源を引かなければいけません」



2018010560









「自宅で延長コードを使用する場合は、雨に濡れることがないので、屋内専用の延長コードでも大丈夫ですが、キャンプでは屋外専用の延長コードを必ず使用して下さい」





屋内専用の延長コードは、被覆の破れやひび割れを起こしやすく、そこに雨がかかると漏電して非常に危険です。




土の上で踏みつけたら、被覆が破れる可能性もあります。



2020013008 (5)









「キャンプで使用する場合、電源を引くのは屋内専用の延長コードではなく屋外専用の延長コード、防雨延長コードを使用することをおすすめします」


2018010803










長さ10m:


2018010801









「防雨延長コードは、5m・10m・20m・ドラム型等があり、我が家は10mの防雨延長コード使用しています」


2018010804









「サイトによっては、屋外コンセントが遠い所にあり、5mの延長コードならテントから屋外コンセントまで届かない可能性があります」


20mの延長コードは、片付ける時の巻き付け作業が大変で、テントから屋外コンセントまで20mも必要ないと思います。


2018020525









「キャンプで使う、ベストな延長コードの長さは10m」


延長コードが10mあれば、テントから屋外コンセントまで電源を取るのに問題はないと思います。




我が家は今までいろいろなキャンプ場に行きましたが、10mの延長コードで短かったとか不便を感じたことは一切ありません。



2018020526










1500w:


2018010805









「防雨延長コードは、1500Wまでがおすすめ」


延長コードには上限があり、「1500W」は使用電力が1500Wまで使用できるということ。




消費電力が大きい家電製品でもたいてい1500W
以下なので、防雨延長コードは1500Wを購入しておけば問題がないと思います。


ちなみに、ホットカーペットは500W~800W。電気ストーブは500W~1000W。セラミックヒーターは1200Wぐらいです。


2019012601 (2)










延長コードは2つ


2018020526









キャンプ場の屋外コンセントは2つある所が多いので、防雨延長コードは2つ購入された方がよいと思います。


防雨延長コードを2つ使用した方が、電力の分散にもなり安全。


2018010808









「もし、延長コード1個がつぶれても、もうひとつ延長コードがあるので代わりにもなります」


値段が高くないので、キャンプに行く時は延長コードを2つ持っていく方が安心感があります。


2018010801






ブレーカーに注意:


2018020526









「キャンプ場は、使用できる最大消費電力が決められており1000W(10A)~2000W(20A)が一般的」


2020020207 (1)









「決められた消費電力以上を消費すると、ブレーカーが落ちる可能性があるので、利用されるキャンプ場で確認してみて下さい」


キャンプ場によっては夜間に管理人さんが宿直されていない場合があり、夜にブレーカーが落ちるとブレーカーの場所がわからず困ることがあるので注意が必要です。



2018020508









「我が家は、消費電力を抑える為に電気毛布をホットカーペットの代わりに使用しています」


ホットカーペットより暖かさはありませんが、程よい感じが気に入っています。


電気毛布を2枚使って、毛布の上に毛足の長いラグ。




毛足の長いラグの上にテーブルを置いて簡単こたつの完成で、ごろごろ寝転がるには最高です。



2020013010 (2)

2020013009 (2)























まとめ:


2018010805









延長コードは、屋内専用のコードではなく、屋外専用の防雨延長コードがおすすめ。


屋外専用の防雨延長コードは、それ程値段が高いものではないので購入しやすいです。




我が家は、防雨延長コードの10mで消費電力が1500Wのものを使用しています。消費電力も長さもベストなサイズだと思います。


以上、「我が家が絶対使用!キャンプで使う延長コードは防雨延長コードが絶対おすすめ!防水にも優れています」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!