2018013023
(キャンプブログ:京都でソロキャンプ!笠置キャンプ場)








比較的、1人でキャンプに行きやすいのが京都にある笠置キャンプ場!特にオフシーズンはソロキャンパーが多いなーという印象があります。






笠置キャンプ場は、ソロキャンパーが多いので利用しやすいキャンプ場







笠置キャンプ場のサイトは全てフリーサイト!好きな所に幕が張れます。車が横付けできるので、荷物を運ぶ必要がありません。






ソロキャンパーに人気がある

2018011615




笠置キャンプ場がソロキャンパーに人気がある理由は、利用料金の安さ。



1泊2日、1人600円なのでソロで利用するには優しい値段。






チェックインとチェックアウトがフリー


チェックインとチェックアウトの時間が決まっていないので、好きな時間帯にインとアウトができます。

1泊2日でもゆったりとキャンプを楽しめますね!






1人で来られている方が多い


ソロで来られている方が多いので、気兼ねなくソロでキャンプができます。1人でも安心して利用ができるのは、かなりメリット!







思われている以上にソロキャンパーが多いので、一度ひとりで利用してみるのもありだと思います。











2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










笠置キャンプ場でソロキャンプ:

2018011613





わが家から1時間30分程度で行ける笠置キャンプ場。



自宅の滋賀からは、三重県の伊賀を通ります。



滋賀は、近畿でも北部の部類に入るので、冬場はどんよりしがち。伊賀まで来ると天気が全く違います。晴れていて、滋賀よりは断然暖かい。

2018013020






国道163号を走って行くと、最近できた新しいトンネル。

道が新しくなったせいか、以前より少し時間の短縮になる感じですね!

2018013021






木津川沿いを走っていきます。

2018013022






橋を渡ったらすぐ笠置キャンプ場。

2018011602






今回は、チェックインが遅かったので簡単に張れるサーカスTC!





インナーテントを入れずお座敷スタイル。寝るのは、コットではなくマットを敷きました。

2018013023

2018013033






寒い時期でも焚き火ですね。ゆったりとひとりの時間を楽しみます。

2018013040

2018013036






ツイッターで仲良くしている方々とカンパーイ!


笠置キャンプ場の良い所は、知り合いがたくさん来られているということ。ソロでも全く寂しくはありません。


ソロでいっても、わいわいできるのも良い所。

2018013024






夕食は、野菜とキノコと鯖缶の鍋。

2018013025






味付けは、鯖缶とだしの素!見た目はいまいちですが、味はバッチリでした。

2018013026






夜は、ツイッターで仲良くしてもらっている方々に誘っていただいて焚き火。豪快に燃やしているので、かなり暖かったですね!

2018013030






次の日の朝は、笠置キャンプ場でめずらしい光景です。雪がうっすら積もっていました。



笠置キャンプ場には、数十回来ていますが、雪が積もるのはあまり見たことがありません。

2018013031






朝食は、マルちゃん正麺のカップ麺!

2018013034






寒い時期は、温かい食べ物がおいしいですね!かなり暖まりましたよ。

2018013035






朝方の雪で、乾燥撤収は駄目だと思っていましたが、そんなことはなかったですね!

2018013032






雪が積もったのは朝だけで、あっという間に溶けてしまいました。時々、日差しもあったので無事に乾燥できました。

2018013039






まとめ:

2018013037





笠置キャンプ場のサイトは、道を挟んで右と左に分かれており川側のサイトは直火が可能。


最近は直火ができる所が減っている中で、笠置キャンプ場は直火できる数少ないキャンプ場!



笠置で直火を楽しむのもありだと思います。

2018011620




ソロキャンパーも多いので、ソロでキャンプを始めたい方も安心して利用ができるのキャンプ場!利用しやすいと思います。


以上、「京都でソロキャンプ!笠置キャンプ場にソロで行ってきました」でした。


アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!