2018030502
(キャンプブログ、3月のカントリーパーク大川)





最近、我が家が頻繁に利用しているのが、奈良と京都の県境にあるカントリーパーク大川。



カントリーパーク大川


カントリーパーク大川は、フリーのオートサイトで利用料金が1800円。

チェックインが朝9時でチェックアウトが16時なので、1泊2日でもゆったりとキャンプができます。





オンシーズンは込み合うことが多いカントリーパーク大川ですが、3月のキャンプならそれ程人も多くなく静かなキャンプを楽しめます。





おしゃれキャンパーが多い


カントリーパーク大川に行ってよく思うことは、おしゃれなキャンプされている方が多いなーという印象があります。



いろいろなキャンプ場を利用しましたが、一番おしゃれキャンパーさんが多いキャンプ場のような気がします。見ているだけで、参考になりますよ!




今回は、夫婦で3月のカントリーパーク大川を楽しんできました。







2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









カントリーパーク大川

2018030501







今回の幕もツインピルツフォークTC


ツインピルツフォークTCは、幕質がポリコットンでできており寒い時期でも結露はほぼしません。


結露がないので、撤収前に水滴を拭いたりしなくてもいいのが非常に楽なところ。


気温が下がる寒い季節は、とても使いやすい幕です。










カントリーパーク大川は、山沿いにあるキャンプ場


カントリーパーク大川は、3月といえども朝晩は冷え込むので、石油ストーブは不可欠!



我が家は、フジカハイペットを使用していますが、遠赤外線効果が少ないトヨトミ レインボーでも大丈夫だと思います。

2018030502


















設営後のビールは、おいしい!

2018030505






ラジオを聴きながら夫婦でゆったり


最近、娘にラジオをもらって聴き始めたんですが、雰囲気がとても良い感じ!



別のことをしながら聴ける「ながらラジオ」や懐かしい音楽も聞けたりもするので、とても気に入っています。

後、ラジオの会話を夫婦の話しのネタにもできるので、会話が弾みます。

2018030504

2018030503






芋焼酎の黄猿!お酒が進みます。

2018030507






昼間はそれ程寒くもなく過ごしやすかったので、久しぶりにキャンプで焼肉!



お気に入りの黒七輪を使います。

2018030509




















炭は、オガ炭を使用


オガ炭は火持ちがよく、匂いもしないのでおいしく肉が焼けます。

2018030511






マングローブの炭のようにパチパチと火の粉が上がらないので、幕の中で焼肉ができます。爆ぜることがない炭はとても安心。

2018030512




食べる分だけ焼く


焼肉をおいしく焼くコツは、食べる分だけ焼くということ。決して多く焼いてはいけませんね。

2018030534

2018030516















肉の味付けは、香りソルト4種類のペパーミックス。

2018030517






ご飯を炊くのはメスティン


メスティンは、スウェーデンのアウトドアメーカー「Trangia社」のアルミ製飯ごう。


ご飯を失敗なく上手に炊くことができます。それ程値段が高くないので、とても購入しやすいです。

2018030510

2018030513






熱々の炊きたてご飯!

2018030514



















昼間がっつり食べたせいか、夜はあまり食欲がなかったので、夕食はあっさりと食べれる鍋焼きうどんにしました。

2018030519





この日は飲み過ぎたのか、21時過ぎに就寝。





次の日、朝起きたら9時。完璧に寝過ぎて、10時間以上も寝ていたことになります。






朝食は、スパゲッティ


昔ながらのスパゲッティが、以前から食べたかったんです。

2018030521






まず、玉ねぎとピーマンを炒めてウインナーを入れます。

2018030522

2018030523






麺を入れて、最後にミニトマトを加えたらできあがり。トマトは、サッと火を通すと甘くなるので食べやすくなりますね!

2018030530

2018030525






シンプルですが、昔懐かしいスパゲッティのできあがり。朝から夫婦でがっつりと頂きました。

2018030539




朝食を食べてお昼過ぎには撤収完了。


カントリーパーク大川は、自宅からも近いということもあって、気軽に行けるキャンプ場です。

来られている方も、それ程多くなくゆったりとキャンプを楽しめましたね!




アウトドア最安値はこちら!【ナチュラム】Check!