FullSizeRender








「DOD(ドッペルギャンガー)から発売されているのがカンガルーテントで、カンガルーテントはシェルターなどの寝床として入れるのにとても便利」


FullSizeRender









「通常のテントは、インナーテントとフライシートの2重構造になっています」



フライシートの役目は、雨が降った時の防水対策で、雨や夜露がテントの中に浸透し、染み込むのを防いでくれます。


FullSizeRender









カンガルースタイルには、フライシートは必要ありません。


シェルターなどにインナーテントを入れる場合、雨や夜露が直接当たらないのでフライシートは必要ありません。




シェルターが、フライシートの役目になってくれます。


FullSizeRender









「DOD(ドッペルギャンガー)から発売されているカンガルーテントは、フライシートは別売りで、インナーテントのみの販売」



フライシートがない分、低価格で販売されており、カンガルースタイルをされる方はかなりお得感があります。



FullSizeRender









今回は、DOD(ドッペルギャンガー)から発売されているカンガルーテントを詳しくブログで紹介したいと思います。


カンガルーテントの興味がある方は、購入する前にぜひ参考にして下さいね。










2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









カンガルーテント:


FullSizeRender









「カンガルーテントの魅力は、インナーテントのみで販売されているので、1万5千円程で購入でき、手軽に購入しやすいのがメリット」


FullSizeRender









「カンガルーテントは、カンガルースタイルの為のテント」


今までどのメーカーも、カンガルースタイル用のテントは販売されていなかったので、付属しているフライシートは使わずじまい。




わが家もツインピルツフォーク T/C を張る時は、カンガルースタイルにしていますが、フライシートは使用していないので、フライシートは無駄だといつも思っていました。


3019040804 (5)









「カンガルーテントはインナーテントのみで、フライシートが付属されていないので、我が家みたいにフライシートが使わずじまいということもありません」


FullSizeRender










寒い時期でも快適に過ごせる:


2018032802









「カンガルースタイルの良い所は、寒い時期でも快適に過ごせるということ」


就寝する時、大きいテントとせまいテントでは、テント内の温度はかなり違います。




真冬に就寝する時、外が氷点下でも小さいテントなら熱がこもりやすく、大きいテントより暖かく過ごすことができます。


FullSizeRender










ワンタッチシステム:


2018032807









「シェルターなどを設営し終って、もう一度インナーテントを張るのはとても面倒」


カンガルーテントは、傘を広げるようにパッと設営ができ、サッと片付けられるので設営撤収が楽です。




ワンタッチシステムに慣れると、他のインナーテントを張るのは、面倒な気持ちになると思います。


FullSizeRender










コットン100%の生地:


2018032803









「コットン生地は通気性に優れているので、結露をしにくい構造になっています」



寒い時期は、結露でテント内が濡れることがあり、シュラフやマットが触れると乾かすものが増えてしまうので大変。




カンガルーテントは、コットン生地を使用しているので、結露を大幅に軽減してくれます。


FullSizeRender










オールメッシュ:


FullSizeRender









「せっかく購入したのに冬場だけ使えて、真夏に使用できないのはもったいないと思います」



カンガルーテントは、夏場でも風が通りやすいオールメッシュ使用。




夏場は、我が家みたいに幕をフルオープンにし、カンガルーテントをメッシュにしておくと、とても涼しいです。



2017082355










グランドシートは標準装備:


2018032805









「専用のグランドシートが付属し、バックルでテント本体とくっつけられます」


テント本体とグランドシートは長さがぴったりなので、シートを折り曲げる必要がありません。




グランドシートを取り付けたまま、設営や撤収が可能。


グランドシートだけでも購入もできるので、グランドシートが劣化した時はとても便利。


FullSizeRender










大きさは2サイズ:


2018032806









「カンガルーテントは、2人用のSサイズ(220×150cm)と3人用のMサイズ(210×210cm)があるので、使用する人数でサイズが選べます」



ソロやデュオキャンプなら2人用のサイズで、家族3人で使用されるなら3人用のサイズがおすすめ。




その他、コンセントファスナーやランタンフック、専用のキャリーバッグが付属しています。


2018032801










「カンガルーテントは、我が家のおすすめのテント」



FullSizeRender





















まとめ:


FullSizeRender









ドッペルギャンガーから発売されているカンガルーテントは、購入しやすい値段になっており、手軽に購入できるのがメリット。




ワンタッチシステムでオールメッシュなので、真夏でも使用可能。


カンガルーテントは、春夏秋冬使用できるインナーテントだと思います。


以上、「DODのカンガルーテントを徹底レビュー!購入する理由はこの6つ!詳しくブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!