2018041103









「1年を通して最も過ごしやすいのが、春のキャンプ」


昼間は、真夏ほど気温が上がらないので、タープやシェルターなどの日よけがあれば、ちょうど良い感じ。


2021040802 (2)









「夜は、少し冷え込むこともありますが、簡単な暖房器具や焚き火があれば十分に過ごせます」


これからキャンプを始められる方や、初心者の方で電源がないサイトに挑戦するには、ちょうどいい季節。


3019111701









今回は、1年を通して最も快適に過ごせる春キャンプに、持っていって欲しいものを詳しくブログで紹介したいと思います。


必需品もあるので、ぜひ参考にして下さいね。












2016071108










お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram











春キャンプの必需品:


コットンテント:


2020013008 (5)









「春は夏場と違い、日が暮れると気温が下がってきます」


2021013102 (8)









「春キャンプは、寒暖の差が大きいのが特徴」


寒暖の差があると、どうしても結露が発生します。




結露を軽減して撤収作業を楽にするのが、ポリコットンテント。


IMG_0006 (3)









「テントの生地によく使われているが、ポリエステル製」


ポリエステル製に比べ、ポリコットン製は結露が少ないので、朝から水滴を拭いたり乾燥させる作業がなく、楽に撤収ができます。


IMG_0026









「今流行りなのが、我が家も保有している
ノルディスクのアスガルド」


2020013008 (5)























「我が家も保有するノルディスクのユドゥンは、見た目がおしゃれで、出入り口を大きく春夏秋冬使えます」



2021040805 (9)

2021040806 (6)

2021040805 (2)
























ポリコットンタープ


2021040802 (9)









「春キャンプは、夏場ほど暑くなくても、日なたではけっこう気温が上がります」


ポリコットンタープは、ポリエステルの生地と比べて、おどろくくらいの遮光性。


IMG_6070









「暑い時期は、遮光性があって影が濃いポリコットンタープが、特におすすめ」


最近、ポリコットンタープが売れているのは、暑い時期でも快適に過ごしやすいということがあります。


2020081601 (5)









「我が家は、ポリコットン製のタトンカタープ1TCを使用」



2020081601 (3)



















焚き火台:


2020042501 (6)










「焚き火をしていて過ごしやすく、焚き火だけで暖がとれるのが春のキャンプ」


春キャンプは、焚き火がやりやすいです。




焚き火をするには、焚き火台が必要になってきます。


IMG_9531









「ユニフレームのファイアグリルは、昔から人気のあるロングセラー商品」


2020042501 (1)










「我が家も、ファイアグリルを保有しています」


焚き火台で一番売れているのが、我が家も保有するファイアグリル。


サッと折りたたみができて、薪一本が余裕で入り、ステンレス製でとても丈夫。




我が家は、10年以上使用していますが、いまだに現役で使えています。


2020042501 (5)























「焚き火台で2番目に売れているのが、スノーピークの焚き火台M」


スノーピークから発売しているだけあって、購入すると一生使用できるほど頑丈。




値段が1万4千円程しますが、値段にこだわりがなければ、ファイアグリルより焚き火台Mの方がおすすめ。


FullSizeRender









「コンパクトに収納できるのが魅力で、重量感がありシンプルなつくりで、サッと設置することができます」


FullSizeRender























クーラーボックスと保冷剤


2021040803 (5)









「春のキャンプは、昼間気温が上がることがあるので、できればしっかりとしたクーラボックスがあると安心」


肉や魚などがあれば、長時間クーラーボックスに入れるので、ある程度保冷能力の高いクーラーボックスを選んで下さい。


IMG_6132









「スチールベルトクーラーは、コールマン製ハードクーラーで、しっかりとしたつくり」



いろいろな色があるので、サイトに合わせやすいと思います。




我が家は、赤色を保有。



2020031703 (2)






















「我が家も保有しているイエティのクーラーボックス」



断熱材の圧倒的な分厚さと、頑丈なつくり。


2020031201 (3)









「保冷効果に大変優れており、
イエティのクーラーボックスを使っていると、他のクーラーボックスは使えないくらい、保冷能力が高いです」


2018041102

20201222704 (6)
























「よくある保冷剤と比べて、圧倒的な保冷能力のあるロゴスの倍速凍結・氷点下パックXL」


氷点下パックを使用すると、他の保冷剤を使えないくらい保冷効果が高く、我が家も使用しています。




春のキャンプなら、クーラーボックスに2個入れておくと、保冷は得に問題がありません。


FullSizeRender









「マイナス16℃の表面温度で16時間持続し、圧倒的な保冷効果を実現」


2020041003























カセットガスストーブ


2021040804 (7)










「外にいる時は、焚き火だけで暖をとることは可能ですが、テントやシェルターなど中にいる時は、何かしらの暖房器具が必用」


カセットガスストーブがあれば、テントやシェルターなどの暖房に便利。




灯油の管理が面倒な方は、カセットガスストーブがおすすめ。


3019091601 (4)









「我が家は、センゴクアラジンから発売されているカセットガスストーブを使用」



3019111701

















「カセットコンロで有名な、イワタニからもカセットガスストーブが販売されています」



FullSizeRender

























「春は、冬場ほど気温が下がらないので、暖房出力がそれ程高くないトヨトミのレインボーでも暖が取れます」


トヨトミレインボーは、他の石油ストーブと比べて燃費がいいので、1泊2日のキャンプなら自宅で灯油を満タンにしておけば、チェックアウトまでもちます。


FullSizeRender









「日本製なので、本体に灯油を満タンにして車で運んでも、灯油漏れを起しません」



FullSizeRender


















シュラフとマット:


2020111502 (20)









「春は寒暖の差があり、特に早朝は冷え込むこともあります」


春キャンプは、夏用のシュラフでは寒いです。




夏用のシュラフではなく、分厚いシュラフが必要。


2018020201
























「我が家は、シュラフの下にマルチマットレスを敷いています」


2020111502 (19)









「マルチマットレスは、低反発ウレタン1cmと高反発ウレタン3cmのダブル構造」



低反発ウレタンの柔らかい沈み込みと、高反発ウレタンの適度な硬さがマッチして、寝心地は最高です。




簡単に丸めることができ、あるととても便利。


2018020209









「マルチマットレスは、自宅より快適に就寝できるので、我が家のおすすめ」


2018020202



















分厚い銀マット


2017122705









「夏場とは違い、朝晩は気温が下がります」


気温が下がると必ず発生するのが、地面からの冷気。


2020013007 (9)









「地面からの冷気を遮断しなければ、いくら煖房器具をつけて暖かくしても、快適になりません」


冷気を伝わらなくするのに、おすすめなのが分厚い銀マット。


2020102502 (9)









「テント全体に敷くと枚数がいるので、家族が居る場所だけ敷くと、分厚い銀マットの枚数を減らせます」


2020013010 (1)









「クッション性もあり、値段も安いのでおすすめ」



2020102502 (7)
























オールウェザーブランケット:


2017122704









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで 、軽量・コンパクト・防水・保温性にすぐれています」


アメリカの軍隊やボーイスカウトでも、使用されている有名なシート。


2020102502 (6)









「テント内に敷くと、冷気対策・床の傷やダメージ防止にもなります」


2020013007 (10)








「テントのグランドシートにも、使用できます」



2021013101 (2)
















まとめ:


2021040802 (8)









春のキャンプは寒暖差があるので、昼間だけの気温で見ず、朝晩の冷え込みも考えて寒さ対策をして下さい。


電源サイトにすると、電気毛布やホットカーペットを使用できるので、より快適に過ごせます。



1年の中で最も過ごしやすいのが、真夏ほど気温が上がらず、真冬ほど気温が下がらない春のキャンプ。


重装備がいらないので、手軽にキャンプができます。


以上、「電源なしでも大丈夫!春キャンプの必需品を徹底的に紹介!これさえあれば大丈夫」でした。




アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!