20181212001 (3)









「寒い季節は、テントやタープ内をお座敷スタイルにして、ゆったりと過ごしています」


夏場と違い寒い時期は虫がいないので、お座敷スタイルがやりやすいと思います。


IMG_0026









「お座敷スタイルを快適にする為には、床に敷くマットが大事で、我が家は分厚い銀マットをメインに使用しています」



分厚いは銀マットは値段が安いので、手軽に購入できるのも良い所。




分厚い銀マットと毛足の長いラグがあれば、真冬の寒い時期でも快適に幕内で過ごせます。


2020013010 (1)









「分厚い銀マットと毛足の長いラグの他にあった方が便利なのが、座布団やクッション」


座布団やクッションがあれば、長時間座っていてもお尻が痛くなりません。




アウトドアメーカーから発売されている座布団やクッションは、デザイン性がなく見た目がいいものがないような気がします。



今回、我が家が購入したのがニトリから発売されているキリカブ16というクッションで、キリカブの形になっており見た目もおしゃれ。


2020013008 (7)









今回は、ニトリから発売されている、キリカブ16を詳しくブログで紹介したいと思います。








2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram 








キリカブ16:


2020061202 (5)









「気温が下がると地面から必ず冷気が発生し、寒い時期に地面を手で触ると冷たく感じるのが冷気」


気温が下がる季節、幕内で快適に過ごすなら、地面からの冷気対策が必ず必要。


我が家は、分厚い銀マットを2枚敷いて、地面からの冷気対策をしています。





分厚い銀マットは、冷気対策の他にクッション性があるので、幕内で快適に過ごすことができます。


2017122705

























「冬場は銀マットをメインに、その上に毛足の長いラグを敷いて、地面からの冷気対策をしています」



毛足の長いラグは寒い時期に特におすすめで、肌触りがよく暖かく、寝転びたくなるような快適さがあります。


2020013008 (7)



















「銀マットと毛足の長いラグの他にあった方がおすすめなのが、座布団やクッション」



アウトドアメーカーから発売されている座布団やクッションは気に入るものがなく、我が家はニトリのキリカブ16を使用しています。


IMG_0026









「キリカブ16は厚みがあるので、座布団として使いやすく、座っていてお尻が痛くなりません」


20181212001 (6)









「カバーは取り外しが可能で汚れても洗濯でき、汚れを気にせずキャンプで使えます」



20181212001 (7)









「何と言っても見た目がいいのがキリカブ16の良い所で、今流行りの白色の幕や白色のラグとの相性は良く雰囲気も最高」



2020013008 (7)

























「我が家は、ノルディスクのアスガルドを設営する時は必ず、ニトリのキリカブクッションを持っていきます」


アスガルドは、素材がポリコットンなので、暖かい空気が外に逃げにくいのが特徴。




寒い時期は幕内でいることが多いので、キリカブクッションは便利に使用しています。



2020013008 (5)























まとめ:


2020013008 (4)









ニトリのキリカブ16のサイズは、幅35×奥行35×高さ3cm。


それ程大きなクッションではないので、車の積載や持ち運びに楽。




家族分、キリカブクッションを購入してキャンプに持っていっても邪魔になりません。



20181212001 (7)






切り株の形なので見た目が良く、思っている以上におしゃれだと思います。


ニトリで1000円までで販売されているので、手軽に購入できるのも良い所。




以上、「キャンプで使う座布団やクッションはニトリのキリカブスツール(キリカブ16)がおすすめ!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!