2020013008 (4)








「気温が下がり寒くなってくると、キャンプで電源サイトを利用する方が増えてきます」


2020020203 (5)









「電源サイトを利用する大きなメリットは、電化製品が使えること」



電気毛布・ホットカーペット・セラミックヒーターなど、電源があれば手軽に使えて暖かいので、特に冬場のキャンプは電源サイトが重宝します。


2018102401









「電源サイトで、寒い時期におすすめなのがホットカーペット」


寒い時期、気温が下がると必ず地面から冷気が発生します。




気温が下がっている寒い日に、手で地面をさわると冷たいのが冷気で、冷気はテントの中まで伝わってきます。


2020013008 (7)









「テントの床にホットカーペットを敷くことで、地面からの冷気を完全に遮断し、テントの床全体を暖めてくれます」



ホットカーペットは、燃料がいらず敷くだけでかなり暖かいので、手軽に寒さ対策になります。


2019012601 (3)









今回は、キャンプで使うホットカーペットの使い方や、サイズを詳しくブログで紹介したいと思います。


寒い時期は、ホットカーペットがおすすめなので、ぜひ参考にしてくださいね!







2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram






キャンプでホットカーペット:


2019012601 (3)









「寒い時期、地面からの冷気を遮断して、手軽に使えて暖かいのがホットカーペット」



ただ、ホットカーペットは、手軽に使用できて便利ですが、使用できるワット数が高いので、他の電化製品との併用が難しいです。


2020032601









「キャンプで使う電源サイトは、1サイトあたり使用できるワット数が決められています」


1サイトあたり使用できるのがだいたい1000Wぐらいで、使用できるワット数を超えるとブレーカーが上がってしまうので注意して下さい。




ホットカーペット1枚で、750W程あるので他の電化製品との併用は難しく、電化製品以外の暖房器具を使わなければいけません。



2019021001 (3)









「ホットカーペットと併用で、おすすめなのが石油ストーブ」



石油ストーブとホットカーペットがあれば、寒い時期のキャンプは最強で完璧。




石油ストーブでおすすめなのが、フジカハイペットかトヨトミレインボー。


3019120201 (2)









「ただ、フジカハイペットはすぐには買えず、予約して1年以上待たなければいけません」



1年以上も待てないという方は、トヨトミのKS・KRシリーズがおすすめ。


FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、幅482×奥行482×高さ583mmとフジカハイペットと比べてひと回り大きなサイズですが、暖房出力が高いので冬キャンプに向いています」


FullSizeRender






















「トヨトミKRシリーズは、KSシリーズより、ひと回り小さなサイズ」



サイズが小さいだけに、KSシリーズより、暖房出力がおちます。


FullSizeRender









「KSシリーズの暖房出力が6.6kwに対し、KRシリーズは4.7kwになっています」



ただ、暖房出力が4.4kwだといっても、フジカハイペットが2.56kwなので、4.4kwあるトヨトミKRシリーズはかなり暖かいです。 


FullSizeRender

























「冬場にキャンプをされるなら、フジカハイペット・トヨトミKS・KRシリーズで、春か秋しかキャンプをやらない方はトヨトミレインボーで十分」


FullSizeRender









「トヨトミレインボーは燃費が良く、自宅で灯油を満タンにしておけば、追加の灯油はいりません」


車に積み込み運んでも
灯油漏れをおこさないのが、フジカハイペットやトヨトミシリーズの良い所。


FullSizeRender























ホットカーペットのサイズ:


2019012601 (2)









「ホットカーペットのサイズは、2畳が176×176㎝で、3畳が195×235㎝」


我が家は夫婦2人で使用しているので、2畳タイプを購入しましたが、家族4人なら3畳タイプがおすすめ。



2019012601 (3)










ホットカーペットの敷き方:


2020013008 (7)





我が家のホットカーペットの敷き方:

オールウェザーブランケット➡極厚銀マット➡ホットカーペット➡インナーマット










「1:テントの床部分の上に、オールウェザーブランケット」


2020013007 (10)









「オールウェザーブランケットはNASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています」



2020013007 (11)









「オールウェザーブランケットを前面に敷くと、テントの床の傷や痛み防止になります」


ゲリラ豪雨など、集中的に雨が降りテント内に雨水が浸水してきても、防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いておけば、雨水をシャットアウトし、インナーマットやシュラフを濡らしません。


3020011203 (4)









「我が家は、4枚のオールウェザーブランケットを保有」


2020013003























「2:オールウェザーブランケットの上には、極厚の銀マット」


2020013010 (1)









「極厚の銀マットはクッション性があるので、銀マットを敷いておくと座ったりしてもお尻が痛くなりません」


銀マットを2枚重ねにするとクッション性がアップするので、インナーマットを敷かなくても、そのまま寝ることもできます。




銀マットを敷くと、熱を逃がしにくいメリットがあり、熱を反射させるので銀の方を上にして下さい。


2020013010 (1)






















「3:極厚の銀マットの上に、ホットカーペット」



2019012601 (3)










「我が家は夫婦2人なので、ホットカーペットの2畳を使っていますが、4人家族ならホットカーペットの3畳がおすすめ」



2019012601 (2)
























「4:ホットカーペットの上には、インナーマットを敷きます」



2020013008 (3)









「インナーマットは、アウトドアメーカーのインナーマットでも、自宅で使用しているラグでも何でもOK」


我が家は、コールマンのインナーマットを使用。


2019012602






















我が家は冬場に、インナーマットの上に毛足の長いマイクロファイバーのラグを敷いています。



2020013008 (7)









「毛足が長いので暖かく、素材がマイクロファイバーで肌触りがいいので、寝転がりたくなるなるような感じで快適」


冬場は毛足の長いラグが、特におすすめ。


2020013008 (7)























まとめ:


2020013008 (6)









キャンプの電源サイトで、手軽に使用ができて、暖かいのがホットカーペット。




ホットカーペットは消費電力が大きいので、他の電化製品と併用するのが難しいです。


ホットカーペットと石油ストーブの併用が、寒い時期のキャンプにおすすめ。




長くキャンプをされるなら暖房器具として、石油ストーブがあった方が良いと思います。



石油ストーブがあれば、電源なしサイトでも利用することができますからね!




以上、「キャンプでホットカーペットの使い方やサイズ選びは超簡単!テントでホットカーペットは便利に使える!詳しくブログで紹介します」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!