2021022006 (6)









「焚き火をする為にキャンプに行くという方もおられ、キャンプにはなくてはならないのが焚き火台」



焚き火台といえば、キャンプの必需品で、絶対に購入しておきたいキャンプアイテム。




我が家も焚き火台は、3個ほど保有しています。



2020100301 (6)









焚き火台には、いろいろなアウトドアブランドからたくさんの種類が発売されており、どれを購入したらいいか迷います。


焚き火をする人数によっても、焚き火台の種類は異なってきます。



FullSizeRender









今回は、家族で焚き火をするのにちょうどいい、我が家がおすすめするおしゃれな焚き火台を、詳しくブログで紹介したいと思います。


価格の安い焚き火台も紹介するので、ぜひ参考にして下さいね!







2016071108







お気軽にフォローして下さいね^^
 Instagram






 
おすすめ焚き火台:


ユーコの焚き火台:


3019122201 (2)





材質:ステンレス

重量:1.75kg

サイズ: 34×25.4×28.5cm(使用時) 37.5×27×3.5cm(収納時 )

付属品:網用ハンドル、収納ケース









「ユーコの焚き火台は、今人気の焚き火台で、我が家も保有していて、キャンプで便利に使用しています」


3019120802 (5)









「ユーコの焚き火台が人気のある理由は、値段が安く7000円程で手軽に購入できるのが良い所」


値段の割には、ステンレスの素材が分厚いです。


3019120501 (1)









「収納ケース・網・網用ハンドルが付属されていてとてもお得」



3019050603 (8)









「焚き火台を横から見るとハートの形がかわいく、ゴツゴツした感じがないので、女性の方にも人気があります」



折りたたむとB4サイズで薄くなり、持ち運びにも便利。


3019120501 (2)

3019050601 (2)









「よく売っている薪のサイズも入り、薪は細かくする必要はありません」



3019122201 (7)









「ユーコの焚き火台は、我が家が購入して良かったと思える焚き火台です」


3019122201 (5)








 














ファイアグリル:


2020042501 (6)





サイズ:430x430x330mm

材質:(本体)18ステンレス(焼き網)鉄・クロムメッキ

重量(約):2.7kg

収納サイズ:380x380x70mm










「ユニフレームのファイアグリルは、楽天の焚き火台ランキングで常に上位で、累計販売で一番売れている焚き火台」



キャンプ場で、使っておられるのをよく見かけます。


2020042501 (5)









「我が家もファイアグリルを保有しており、主に家族でキャンプに行く時に使用しています」



ファイアグリルは、家族で焚き火をするのにちょうどいい大きさで、特に家族で使用する方におすすめな焚き火台。




ファイアグリルの人気がある理由は、値段が安く7000円程で手軽に購入できる所。


2020042501 (7)









「オールステンレスで、しっかりとしたつくりで長く使え、簡単に組み立てができます」



ファイアグリルの脚に、ファイアグリルの本体をのせたら焚き火台として完成で、とても簡単。


2020042501 (2)

2020042501 (3)









「焚き火台で、一番売れているのがファイアグリルで、我が家のお気に入り焚き火台」


よく販売されている薪のサイズも、問題なく入ります。


2020042501 (5)

























焚火台М:


FullSizeRender




サイズ:350×350×248mm 

収納サイズ:450×515×32mm

材質:本体/ステンレス










「ファイアグリルについで、よくキャンプ場で見かけるのが、スノーピークから発売されている焚火台М」


スノーピークからは焚火台のS・М・Lの3種類があり、使い勝手がよく人気があるのが焚火台М。



FullSizeRender








「スノーピークの焚き火台は、他の焚き火台にはないステンレスの分厚さで、とても丈夫で頑丈」


FullSizeRender








「値段は13000円程しますが、長年使用できるので、購入して損はないと思います」



スノーピーク製なので、安心して使用できるのも良い所。


FullSizeRender




















ファイアーディスク:


FullSizeRender




使用時サイズ:約φ45×23(h)cm

収納時サイズ:約φ46×8.5(h)cm 

重量:約1.6kg 

材質:ステンレス

収納ケース付き










「ファイアーディスクは、コールマンから発売されている焚き火台で、楽天の焚き火台ランキングで常に上位で、とても人気があります」


FullSizeRender








円盤型の焚き火台で使い勝手が
よく、脚を広げて畳むだけなので、設置と片付けがスピーディーにできます。


素材がしっかりとしたステンレスで、手軽に購入できるのでお得感があります。


FullSizeRender








「店でよく販売されている薪のサイズも入り、家族で焚き火をするのに問題ない大きさ」


しっかりとした、手軽に焚き火台を購入したい方におすすめ。




総重量:1790g

収納サイズ:直径7cm L41cm

使用時の寸法:縦 43cm、横 46cm、高さ 24cm










「ベルモントから発売されているのが、今人気のTABI」


TABIは、今現在予約制になっており、なかなか購入できない状況。


FullSizeRender








「TABIの人気がある理由は、0.3mmという超薄のチタンが使われており、本体+網+側板で、重量は423gという軽さ」


軽量でコンパクトな焚き火台ですが、側板を外せば大きな薪も使えます。


FullSizeRender








「チタンが、0.3mmと薄い割には耐久性があり、しっかりとつくられていて長く使えます」


燃焼効率もいいので薪がよく燃え、焼き網がついているので、料理がしやすいのも良い所。


FullSizeRender

























焚き火スタンド:


3019061501





使用時:約41×41×34.5cm

収納時:約7×7×44cm

個装サイズ:9×9×46cm

重量:約1kg









「バンドックから発売されているのが、メッシュ型の焚き火台」



メッシュ型の焚き火台でよく知られているのが、ユニフレームのファイアスタンドですが、バンドックの焚き火スタンドはユニフレームのファイアスタンドとよく似ており類似商品。


FullSizeRender









「焚き火スタンドは、コンパクトにたためるので、持ち運びや車の積載にも便利」



FullSizeRender








「メッシュ型で、下からの空気を取り込むので、薪が良く燃えます」



メッシュはステンレス製で、交換用のメッシュも売られているので、傷んでも安心。


FullSizeRender








「値段が安いので、お手軽に購入ができ、軽い・よく燃える・コンパクト・耐久性に優れているので、おすすめできる焚き火台」


FullSizeRender

























薪グリル:


FullSizeRender





薪グリルサイズ:

使用時:約41×30×35(高さ)㎝

収納時:約23×40×6.5(厚さ)㎝

材質:ステンレス

重量:2.65㎏




薪グリルラージ:

使用時:約68×40×40(高さ)㎝

収納時:約35.5×56×8(厚さ)㎝

材質:ステンレス

重量:4.6㎏










「キャンプで、焚き火の料理をするなら、ユニフレームから発売されている薪グリルがおすすめ」


 薪グリルの良い所は、焚き火をしながら料理が作れる所。 


FullSizeRender









 「スキレットを使って焼き物をしたり、ダッチオーブンを使った料理も簡単にできます」


 薪グリルの上に、のせるだけで完成。


FullSizeRender

 







 「ガスを使用せず、焚き火で料理をしたいという方に、おすすめな焚き火台」 


 本格的な焚き火料理から、お酒のつまみなどちょっとした焼き物まで、幅広く作ることができます。


FullSizeRender






「かまどの、使用感をもっている薪グリル」


他の焚き火台にはない、雰囲気があります。


FullSizeRender









 「薪グリルの良い所は、かまどの使い方ができて、コンパクトで折りたためること」


FullSizeRender




 「職人気質のあるユニフレームだからこそ、つくりもステンレス製でしっかり」 


 ユニフレームは、新潟県にある国産アウトドアブランドで、丁寧なつくりに定評があります。 


FullSizeRender









「薪グリルには、薪グリルソロ・薪グリル・薪グリルラージの3種類の大きさがありますが、おすすめは薪グリルラージ」


FullSizeRender






















ラウンドファイアベース:


3019061505





材質:本体/鉄(電着塗装)、ゴトク/鉄(クロムめっき)、収納バッグ/ポリエステル

サイズ(約):外径540×高さ300mm

収納サイズ(約):630×640×厚さ80mm

重量(約):3.5kg

ゴトク耐荷重:2kg










「キャプテンスタッグから発売されているのが、ラウンドファイアベースという焚き火台」


FullSizeRender









「今大人気のペトロマックスのファイヤーボウルとよく似た焚き火台ですが、ファイヤーボウルと最も大きな違いは、焚き火台の皿の部分の深さ」 


FullSizeRender








「ペトロマックスのファイヤーボウルは、薪を燃やす皿の部分が深くないので、アシモクラフトなどのプレートを別途購入しなければ、薪や灰が地面に落ちてしまいます」


FullSizeRender









「ラウンドファイアベースは、薪を燃やす皿の部分に高さがあるので、アシモクラフトなどのプレートが入りません」


FullSizeRender









「ダッチオーブンが使え、五徳が標準装備されているので、ケトルやスキレットが置けます」


3019061506









「コンパクトに収納でき、収納袋付きで値段が6000円というのは、けっこうお得感があります」



FullSizeRender























ノートブックSS


FullSizeRender





材質:ステンレス

寸法(折りたたみ):W485×D30×H540mm

寸法(使用時)W485×D390×H400mm

重量:3.9kg










「ダイレクトデザインは、イギリスに拠点を置くアウトドアメーカーで焚き火台が有名」



最近は、ダイレクトデザインの焚き火台を、キャンプ場でも見かけることもよくあります。


FullSizeRender








「スタイリッシュで見た目がスマート、他にはないデザインでとてもおしゃれ」


日本のアウトドアメーカーの焚き火台とは、また違った雰囲気があります。



FullSizeRender








「我が家がおすすめするのが、ダイレクトデザインのノートブックSS」



オールステンレスのつくりなので丈夫で頑丈。パッと広げられてサッと片付けられるのが良い所。
FullSizeRender





重量:3kg

サイズ 組み立て時サイズ:320x173x228mm

収納サイズ:380x173x40mm

板厚:本体2mm・グリル3.2mm

主素材:鉄










「YOKAは、2015年に発売されたアウトドアブランド」


そのYOKAから発売されているのが、COOKING FIRE PITという焚き火台。


FullSizeRender









「YOKAは、アウトドアで使用するテーブルやイスが有名で、焚き火台の販売もされています」


2020031801 (1)









「COOKING FIRE PITは、値段は安くありませんが、デザインがよくしっかりとしたつくり」


FullSizeRender









 「設置する時は、3つのパーツを組み合わせることで完成し、片付ける時は3つのパーツ重ねられるので、薄くてコンパクトになり持ち運びも楽」


FullSizeRender









 「COOKING FIRE PITの素材は鉄でできており、2mmの厚さで重さが5kg」


FullSizeRender









「実際に見て触れてきましたが、ずっしりとした存在感があり、無骨なデザインでかっこいい焚き火台」


思っていたよりも、スタイリッシュだと感じました。


3020022907









「組み立てサイズは、W500×D270×H325mmとなっており、焚き火をしやすくちょうどよい大きさ」


FullSizeRender









「COOKING FIRE PITは、他にはない雰囲気の焚き火台で、人とあまりかぶらないのが良いところ」 
    


FullSizeRender









「収納する麻袋は、丈夫で入れやすくしっかりとしたつくり」


FullSizeRender























タワーオブボンファイヤー:


FullSizeRender





カラー:耐熱ブラック・無塗装タイプ

展開時サイズ:430x400x340H

収納時サイズ:430x400x155H

製品重量:本体7.3kg

素材:鉄










 今ひそかに人気が出ているのが、NATURETONEから発売されているタワーオブボンファイヤー」


FullSizeRender









「タワーオブボンファイヤーの良さは、無骨なデザインとカッコよさ」


FullSizeRender









「フレームを積み上げることにより、3段構造になり、長めの薪も縦に入れることが可能」


FullSizeRender









「燃焼効率がいいのも、タワーオブボンファイヤーの良い所」


FullSizeRender









「専用のロストルが付いているので、お湯を沸かしたり料理も手軽にできます」


FullSizeRender









「簡単に組み立てられ、ロストルも収まり、3段に重ねるとコンパクトに収納できます」


便利な、火ばさみスタンドも付いています。



FullSizeRender

























ラプカ:


FullSizeRender





組立時:幅38~39.5×奥行34.5~35×高さ34.5cm

収納時:幅35.3×高さ34.5×奥行1.3cm

本体:約1,800g、風防:約778g

風防:ステンレス(SUS304)

収納ケース:帆布(倉敷帆布)










「ラプカは、アウトドアブランドのマーグズから発売されている焚き火台」


マーグズは、誕生してそれ程時間が経っていないので、マーグズと聞いて、名前を知らないという方も多いと思います。


FullSizeRender









「ラプカは、6個のパーツを組み立て完成させる焚き火台」 


折りたたむと、わずか1.3cmの薄さ。


大きな薪もそのまま入れられ、燃焼効率が良いので、ガンガン薪を燃やせます。




専用のウインドスクリーン・鉄板・五徳なども、オプションで販売されており、いろいろな組み合わせが楽しめます。


FullSizeRender









「素材は、オールステンレスで丈夫なので、長く使えるのもラプカの良いところ」 



FullSizeRender

























TokyoCamp:


FullSizeRender





収納時サイズ:34㎝×22㎝

組み立て時サイズ:40㎝×24㎝×27㎝

重量(約) 965g

素材:ステンレススチール










「最近、楽天の焚き火台ランキングで、常に上位に上がっているのが、TokyoCampの焚き火台」


TokyoCampの焚き火台は、累計販売数30000台を売り上げた今大人気で、かなり売れている焚き火台。




インスタグラムやツイッターでも使用している方が、けっこう多いです。


FullSizeRender








「TokyoCampの焚き火が人気のある理由は、ピコグリルに似た焚き火台で、ピコグリルの三分の一で購入できるから」


5000円程で購入できるので、かなりお得感があります。




手軽に購入できる値段だからと言って、安かろう悪かろうではありません。


FullSizeRender









「日本製で、購入後90日間のメーカー保証があるので、とても安心」


素材は、高品質のステンレススチールになっており、とてもしっかりとしたつくり。


FullSizeRender









「耐荷重10kgのテストと、120時間の燃焼テストがされているので、安心してガンガン使用できます」



折りたたむと、A4サイズなので、とてもコンパクト。


FullSizeRender









「TokyoCampの焚き火台は、今大人気の焚き火台で、購入してよかったと思える焚き火台」



FullSizeRender

























まとめ:


2021022006 (8)









今回は、我が家が使用している焚き火台や、おすすめする焚き火台を紹介しました。


全体的に、スタイリッシュで見た目がいい焚き火台なので、とてもおしゃれ。


これから焚き火台を購入される方は、ぜひ参考にしてくださいね!


以上、「2021年最新版!絶対おすすめなおしゃれな焚き火台13選!年間50泊キャンプに行く我が家が詳しくブログで紹介
」でした。

 
アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!