2021040805 (5)








「最近は、キャンプブームということもあり、人気のキャンプ場は常に混んでいて、ゆったりとキャンプができにくい状況」


2020041802 (8)









「たまたま予約した日が雨でも、せっかく予約したのだから、雨キャンプに行くのも選択の内」


雨の日はキャンセルをする方もおられ、キャンプ場は割りと空いています。




来られている方が少なく、ゆったりとキャンプができるのも雨キャンプの良い所。


2020061901 (6)









「ゆったりとキャンプを楽しみたいという方は、雨の日が特におすすめ」


晴れの日と雨の日では、キャンプ場の雰囲気が違い、一度行ったキャンプ場でも、また違った雰囲気で楽しめます。




台風や雨風がきつい日以外は、我が家も雨の日によくキャンプに行きます。


雨キャンプに必要な物を持っていけば、雨の日でもそれなりに快適に過ごせ楽しめます。


2020061901 (5)









今回は、雨キャンプの必需品を、詳しくブログで紹介したいと思います。


雨の日にキャンプに行かれる方は、ぜひ参考にして下さいね!









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









*タイトル
雨キャンプの持ち物・必需品・アイテム


IMG_2017121719









「我が家が、雨キャンプの時に必ず持っていくものや、必需品を紹介したいと思います」


下記で紹介する必需品があると、雨キャンプが楽になります。




雨設営や雨撤収もスムーズにできるので、ぜひ参考にして下さいね。


FullSizeRender










大型オープンタープ


20170714101









「雨が降っている日は晴れの日と違い、何倍も手間がかかります」



雨の日は、手際よく設営や撤収をしなければ、荷物も自分も濡れてしまいます。


2020061901 (3)









「雨が降っている時の、テント設営や撤収のコツとして大事なことは、雨が弱くなる時まで待つこと」


簡単なことですがそれができず、雨の強い時に設営や撤収される人をよく見かけます。




雨は、どれだけ強く降っていても必ず弱くなる時があり、その時を狙って一気に設営や撤収をして下さい。


そうすることで、自分も荷物も雨に濡れることがなくなります。


2020061901 (8)









「気温が高い日は、雨でもオープンタープを張られる方が多いと思います」



雨の日は、出来るだけ大きなオープンタープを張り、ポールを低くすると、雨風が強くても、荷物を濡らしません。


2018092101 (2)









「我が家は、サイズが445×425cmあるタトンカタープ1TCを使用」


FullSizeRender

FullSizeRender









「雨の日以外でも便利に使え、TC素材で影が濃く、真夏の強い日差しもシャットアウトしてくれます」


FullSizeRender









「TC素材は、濡れたまま長く放置すると。カビの原因にもなります」


濡れたタープは後日でもいいので、必ず乾燥させて下さい。


2022041002 (77)
























レインブーツ


FullSizeRender









「雨の日は、できればカッパなどの雨具を持っていって下さい」



カッパがない場合、傘でも大丈夫。




少し動きにくいですが2人以上で作業をすると、傘をさしながらでもテントの設営や撤収ができます。


2020061901 (5)









「必ず持っていって欲しいのが、レインブーツ」



雨の日は、サイトのコンデションが最悪で、水はけの悪いサイトなら、地面が泥でぬかるんでいることもあります。


強い雨の場合、砂利サイトや芝サイトでも、水たまりができています。




一度靴が濡れてしまうと乾かすことができないので、雨の日は絶対に長靴が必要。


2017041716









「キャンプで使うレインブーツで流行っているのが、日本野鳥の会のレインブーツ」


折りたたむことができ、とても人気があります。


FullSizeRender




















ゴミ袋orドライバック


FullSizeRender









「雨撤収の場合、テントやタープの水滴をはたいて取り、片付けて下さい」


濡れたテントやタープをごみ袋に入れると、車で持ち帰る時、車の中が濡れません。




長靴や濡れた服もいれられるので、数枚のゴミ袋を用意し、泥で汚れたペグやガイロープなどを入れられる小さい袋もあると便利。


大きいゴミ袋は最低3枚は必用で、濡れたインナーテント・フライシート・グランドシートを入れるのに、最低3枚は使います。


FullSizeRender









「ゴミ袋よりおすすめなのが、ドライバック」



ドライバックがあれば、濡れたテントやタープが車内を濡らさず持ち帰ることができます。





ビニール袋と違って耐久性があるため、穴が空いて水漏れを起こす可能性もありません。



FullSizeRender

























鍛造ペグ


2020092202 (4)









「雨の日は、風が強くなる時が多いので、アルミペグやプラスチックペグではなく、丈夫な鍛造ペグを使用して下さい」


鍛造ペグがあると、地面が砂利サイトでも、ガンガン地面の中に入っていくので、強風が吹いてもペグが抜けることがありません。




しっかりとペグダウンをすることで、雨風からテントやタープを守ってくれます。


FullSizeRender









「テントやタープが崩壊してしまうと、家族や近くにいる人など、最悪怪我をさせてしまう原因にもなります」


雨の日は、しっかりとペグダウンができる、鍛造ペグが絶対におすすめ。




我が家は、鍛造ペグ売り上げナンバーワンの、村の鍛冶屋さんのエリステ28cmを使用。


2020092202 (5)























男前グリルプレート


2020041402 (5)









「雨の日は、外でバーベキューをすることが難しいので、我が家はこじんまりとシェルター内で焼肉をします」


テントやシェルター内で、焼肉をするなら男前グリルプレートがおすすめ。


2020041402 (11)









「男前グリルプレートは、テンマクデザインから発売されている波板状の鉄板」


ツイッターやインスタグラムでも多くの方が使用しており、とても人気があります。




一時期は、人気がありすぎて、購入できない時もありました。


3019112601 (9)









「男前グリルレートの価格は、2000円程で販売されているので、手軽に購入できるのが良いところ」



2000円だからといって、天板が薄くなく、しっかりとした天板で厚みがあります。





鉄板に厚みがあるので、肉を焼くと外がパリッと中はジューシーに、美味しく仕上がります。



2020021202 (9)









「男前グリルプレートの付属品は、収納袋とハンドルが付いているので、別途購入する必要はありません」



コンパクトな鉄板ですが、家族でゆったりと肉を焼きながら食べるなら、4人家族で使用しても、小さくはありません。



2020021105
























オールウェザーブランケット


IMG_9091









「雨の日に、荷物を運ぶのに便利なのが、防水性の高いオールウェザーブランケット」


2016063001









「オールウェザーブランケットは 、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれています」



我が家は雨の日に、リヤカーやキャリーワゴンで荷物を運ぶ時、雨に濡れないように、オールウェザーブランケットを被せています。




オールウェザーブランケットは、2〜3人用のテントのグランドシートにもちょうどいい大きさ。


2021013101 (1)

2021013101 (2)









「オールウェザーブランケットを、テントの床部分に敷いておくと、床の傷や痛み防止にもなります」


2020013007 (10)









「何かのアクシデントで、雨水が浸水してきても、防水性の高いオールウェザーブランケットをテントの中の床部分に敷いておくと、インナーテントやシュラフを濡らしません」


2017041715









「ブルーシートを使うより、防水性・保温性の高い、丈夫なオールウェザーブランケットを使う方が良いと思います」







LEDスクエアランタン


2020061501 (1)









「雨の日は、特にテント内を締め切ることが多いので、ガソリンやガスのランタンを使用すると、一酸化炭素中毒になるリスクが増えます」


雨の日は、ガソリンやガスのランタンより、LEDランタンが安心。


2021013101 (9)









「フィールドアのLEDスクエアランタンは、スクエアランタンひとつで、サイト全体を照らしてくれるので、とても明るいです」


4段階で調整出来るので、暗くすることも可能。


2021013103 (2)









「今回紹介する、フィールドドアのLEDスクエアランタンは、4千円までで購入できる、充電式のLEDランタン」



値段が安いので手軽に購入でき、使い勝手もかなり良いです。



2020061501 (3)









「サイズが、12×11.5×4cmで重さが330gと、一般的に売られている充電式のLEDランタンと、重さや大きさはほぼ同じぐらい」



手のひらサイズでポケットにも入り、道具箱に入れて置いても邪魔になりません。





ハンドルは、90度の調整ができ、ポールやランタンハンガーに吊すことができます。



2020061501 (8)









「LEDスクエアランタンの良い所は、最大の明るさが1100ルーメンもあるので、これひとつでサイト全体を照らしてくれます」


2020061503 (3)









「モバイルバッテリーとしても使え、iPhone・iPad・スマホ・デジタルカメラ・携帯ゲーム機の充電も可能」



充電しながら、点灯ができるのでとても便利。



2020061502 (8)









「防水機能もあるので、どんなキャンプの状況でも、ガンガン使用することができます」



フィールドアのLEDスクエアランタンは、我が家のおすすめの充電式LEDランタン。






コット


FullSizeRender









「雨が強く降ると水たまりになり、そこにテントを長時間張っていると、浸水になるリスクも考えられます」


テントの床から浸水してしまうと、インナーマットやシュラフが濡れてしまいます。




就寝する時、コットを使用することで、雨水の浸水からインナーマットやシュラフが濡れるのを防ぎます。


FullSizeRender









「最近は、いろいろなアウトドアブランドから、コットが発売されていて、どれを選んだらいいか迷います


我が家が使用している、WAQのフォールディングコットは、楽天で一番売れている商品。




売れていて人気があるのは、それだけの理由があります。



2021070403 (7)









WAQのフォールディングコットは、とても使いやすく、設置と後片付けが簡単


寝心地がよく見た目がおしゃれなので、人気が出ない訳がありません。




寝転がってみるとわかりますが、ハリ具合が絶妙に良いです。



2021070403 (10)









シートを張り過ぎると体が浮いてしまい、柔すぎると沈みこんでしまいます



WAQのフォールディングコットは、張り具合がいいので、とても寝心地が良いです。


2021070403 (11)









フレームに、超超ジュラルミンを採用しているので、軽くて丈夫



2021070402 (4)









重量が3.2kgなので、持ち上げてみると、とても軽いです



2021070403 (2)









生地は、300Dナイロンを使用しており丈夫



2021070403 (5)









サイズは190×67cmで、大柄な男性でもゆったり


175cmで64kgの自分ですが、とてもゆったりと寝転がれます。



2021070403 (10)









WAQのフォールディングコットの良い所は、ハイ・ローの2way使用


ポールを付けることで、あっという間に、ローからハイになります。


2021070408 (7)

2021070408 (9)


2021070408 (11)










組み立ては、スリーブにフレームを通し、レッグフレームを3本はめ込むだけ


3分もあれば、設置と後片付けが可能です。



2021070401 (11)

2021070402 (4)


2021070402 (5)


2021070402 (7)










WAQのフォールディングコットは、楽天で最も売れているコット


寝心地がよく使い勝手がいいので、おすすめできます。


2021123101 (82)

























カセットガスストーブ


2020100301 (2)









「春や秋は寒暖差があり、昼間は気温が上がっても、朝晩が冷え込むことがあります」


春や秋のキャンプは、焚き火だけても暖が取れますが、雨の日はなかなか焚き火がやりにくい状態です。




雨風がひどいと、テント内にいることが多くなるので、テント内を暖める暖房器具が必要になります。


FullSizeRender









「9月中旬から10月中旬・4月始めから5月中旬頃は、朝晩が冷え込むことがあるので、カセットガスストーブがあると暖かいです」


カセットガスストーブは、カセットガス1本で、だいたい3時間程暖めることが可能。




我が家は、おしゃれなカセットガスストーブ、センゴクアラジンのガスストーブを使用。


3019111701







「ガスコンロで有名な、イワタニからも、カセットガスストーブが発売されています」


FullSizeRender








ポータブル電源


FullSizeRender









「雨の日は、幕内に閉じこもる時間が長くなります」


雨の日は晴れの日より、幕内に居る時間が長くなるので、幕内で快適に過ごしたいです。




ポータブル電源があると、電源無しサイトでも、より快適に過ごせます。


FullSizeRender









ポータブル電源は、いろいろな容量が発売されており、容量が高いほど値段設定も高くなっています



ただ、値段が安いからといって、容量の低いポータブル電源を購入すると、使用できる電化製品が限られてきます。




キャンプで使うポータブル電源の容量は、最低でも400Wh以上のものを購入して下さい

容量が高ければ高いほど、便利に使用できます




FullSizeRender









「我が家のおすすめは、ポータブル電源のjackery


FullSizeRender









jackery400は最大400Whの容量・jackery700だと最大700Whの容量があります





400Whの容量があると、例えば100Whを消費する機器だと、約4時間動作することができます










「700Whの容量だと、100Whで約7時間の電化製品を使用可能」


FullSizeRender

FullSizeRender






電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh










「400Whあるjackeryは、電気毛布1台、中30Whで使用しても約13時間使用できます」



FullSizeRender









「700Whあるjackeryは、電気毛布1台を中30Whで使用すると、約23時間使用できる計算になります」



電気毛布2枚を中で使用すると、およそ11時間。




700
Whだと、十分すぎるほどの容量があります。


FullSizeRender









「扇風機には、ACモーターとDCモーターの2種類があり、
DCモーターのせんぷうきだと(風量強)で20Wh程」



400Whあるjackeryは、扇風機の風量強(20Wh)で使うと、約20時間使用できる計算になります









「700Whのjackeryなら、扇風機の風量強(20Wh)で使うと、約35時間使用できます」



FullSizeRender









「扇風機2台だと17時間も使えるので、車の積載に余裕があるなら夏のキャンプ、扇風機2台体制でもいいですね」


2020040609









ポータブル電源のjackeryの人気がある理由は、値段の安さ


今、キャンプで使うポータブル電源で、一番人気かあるのがjackery。




ポータブル電源のjackeryは、400Whの容量で、4万円ほどで販売されているので、とてもお手軽。


700Whの容量だと、8万円ぐらいの値段設定。


FullSizeRender

























湯たんぽ


3019081801 (1)









「我が家が寒い時期、キャンプに必ず持っていくのは、直火ができる湯たんぽ」



直火ができる湯たんぽは、湯たんぽに水を入れてガスコンロでそのまま温められるので、とても手軽。



2020013009 (5)









「雨の日は特に、予想以上に気温が下がることがあるので、湯たんぽがあると便利」


湯たんぽは、電源がないサイトでも、使うことができます。




石油ストーブの上にのせておくだけでも、湯たんぽの中のお湯が沸きます。



3019081801 (2)







「シェラフの中に湯たんぽを入れると、暖かく就寝ができるので、寒い時期のキャンプに絶対におすすめ」



我が家はマルカの湯たんぽ3.5Lを使用していて、3.5Lもお湯を入れるので朝まで温かく過ごせます。



3019081801 (1)























グランドシート


IMG_9109









「雨の日は、しっかりとした分厚い、グランドシートが必要」



IMG_9222









「雨が降って地面に水が溜まると、テントの床から雨水が染み込む可能性もあります」



気がつけば、シュラフやインナーマットが、浸水した雨水で濡れてしまうかもしれません。


IMG_9112









「我が家は、雨の日も晴れの日も、分厚くて丈夫なシルバーシートを使用しています」



ブルーシートより、見た目もいいので、シルバーシートが絶対におすすめ。



IMG_9115

























炉ばた焼器炙りや


2022020601 (99)









「雨の日は、タープの下やシェルターの中で、炭を使ってのバーベキューは大変」


雨の中、バーベキューコンロを出して、炭を起こしてとなると、時間がかかってしまいます。




イワタニから発売されている、炉ばた焼器炙りやを使用すると、雨の日でも手軽にバーベキューをすることが可能。


2022020601 (79)

2022020601 (78)










「使用するのは、炉ばた焼器炙りや本体+カセットボンベのみ」


パッと出して、サッと片付けられます。


2022020601 (82)









「炉ばた焼器炙りやを使うと、簡単手軽に網焼きができます」



2022020601 (60)









「火の調整は、つまみででき、超弱火から強火まで、いろいろな火加減ができるので、食材を中までじっくりと焼けます」



超弱火だと魚が焦げないので、魚も焼くことができます。


2022020601 (55)

2022020601 (54)










「炉ばた焼器炙りやは、簡単に分解することが可能」



使用後は簡単に分解ができるので、きれいに掃除をすることができます。


2022020601 (92)

2022020601 (97)










「網や汁受けなど、洗剤て洗えるところもありますが、炉ばた焼器炙りや本体は、洗うことはできません」



レンジまわりのルックなどを、シュッと振りかけて、キッチンペーパーなどでサッと本体を拭くと、簡単に油汚れが取れます。



FullSizeRender








「雨の日に、簡単手軽にバーベキューができるのは、我が家も使用するイワタニの炉ばた焼器炙りやのみ」



2022020601 (86)
























ザハッスイザイ


FullSizeRender









「最近、テントやタープの撥水剤で、かなり売れているのがザハッスイザイ



わかりやすいネーミングで、ポリエステル・ナイロン・ポリコットン・コットンなど、あらゆるテントやタープの素材に適しています。


FullSizeRender









ザハッスイザイは、フッ素系の撥水剤になっており、素材そのものに浸透させるので通気性を維持できます



通気性がなくならないので、結露や蒸れを抑え、カビを抑制できます。





使い方は簡単手軽で、汚れをサッと落としスプレーをするだけ。



FullSizeRender









防水効果は、3ヶ月から半年以上をキープできます


FullSizeRender









プロのクリーニング屋にも使われており、高い撥水能力を維持するのでおすすめ



FullSizeRender









ザハッスイザイは、我が家もアスガルドのポリコットンに、便利に使用しています


FullSizeRender


























まとめ


2021040805 (5)









雨キャンプは人も少なく、ゆったりと過ごせるのがメリット。


一度来たキャンプ場でも、晴れの日と雨の日では、また雰囲気が違います。




雨の日は、設営が大変ですが、それをクリアしてしまうと、後は雨キャンプを楽しむのみ。


我が家の雨キャンプのアイテムを参考にされて、ぜひ雨キャンプを快適に過ごしてくださいね。













このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック