3019103103 (2)









「キャンプサイトがオートサイトではなく、サイトに車を横付けできない場合、車からサイトまでの荷物運びがけっこう大変」


特にサイト料金の安いキャンプ場や無料のキャンプ場は、オートサイトではない所が多いと思います。




駐車場からサイトまで距離があった場合、手で荷物を持って運ぶのが大変で、キャリーワゴンがあった方が絶対に便利です。


下記のような感じのキャンプ場で、駐車場に車を停めてサイトまで荷物を運ぶ場合、我が家はキャリーワゴンを使用しています。


3019103105 (2)

3019103105 (1)









「キャリーワゴンは、いろいろなアウトドアメーカーから発売されており、どのメーカーのキャリーワゴンを購入したらいいか悩みます」


おすすめは、我が家も使用しているコールマンのアウトドアワゴン。


3019103102 (1)









「コールマンのアウトドアワゴンは、キャリーワゴンランキングトップで、累計販売で一番売れているキャリーワゴン」



人気があり売れているということは、それだけ使い勝手が良いということ。


3019102111 (3)









今回は、使い勝手がよく丈夫なコールマンのキャリーワゴンを、詳しくブログで紹介したいと思います。


まだ、キャリーワゴンを購入されてない方は、ぜひ参考にしてくださいね!








2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









アウトドアワゴン:


3019103103 (2)









「コールマンのアウトドアワゴンのイメージカラーは赤色で、コールマンのアウトドアワゴン、イコール赤色と想像されている方が多いように思えます」



ただ、最近のコールマンのアウトドアワゴンは、いろいろなカラーが発売されており、自分好みの自分にあった色を選択できます。


FullSizeRender









「我が家は、全体がベージュ色で骨組みがグリーンのおしゃれなキャリーワゴンを選択」



人気があるコールマンのアウトドアワゴンが欲しいけど、定番の赤色は人とかぶり、購入しにくいと思われる方にもおすすめできます。


3019103102 (2)










使い勝手:


3019103102 (11)









「キャリーワゴンを選ぶのに大事なのが、大きさと使い勝手だと思います」


我が家が使用しているコールマンのアウトドアワゴンは、大きさもちょうど良く、使い勝手もかなり良い感じ。




収納時のサイズは思っていたよりも小さくなり、車に積載してもそれ程じゃまにはなりません。



収納時の寸法は、約180×400×770(h)mmで、小型幕を畳んだ時の大きさぐらいなので割とコンパクト。


3019103101 (1)









「使用時の大きさは、約1,060×530×1000(h)mmあり、想像しているよりも大きく、多くのものが積載できます」



3019103102 (1)









「コールマンのアウトドアワゴンの良い所は、フック付きのゴムが付いているので、高く荷物を積み上げても崩れません」



3019103102 (3)









「下記のようにフック付きのゴムで固定すると、崩れることがなく安心で多くのものが同時に運べます」



3019103102 (8)









「フック付きのゴムは、下記の赤丸のDリング付けるので、しっかりと固定され荷崩れが起こしにくくなります」


3019103102 (6)









「タイヤが大きいので、サイトが砂利の所でも問題なく荷物を積んで運べ、タイヤにはストッパーが付いています」


タイヤが大きいと、どんな道でも荷物を運べるので、やはり便利だと思います。



3019103103 (1)









「荷物を引っ張る時、引っ張り棒が上下に動き、自分の運びやすい角度で荷物を運べるのでとても楽」


たくさん荷物を積んでも重たくならず、スムーズに荷物が運べます。



3019103102 (7)

3019103102 (11)

3019103102 (4)









「見た目以上につくりと生地がしっかりとしており、丈夫で長年使用ができるのが良い所」



丈夫なので壊れるリスクが少なく、長年買い替える必要もないと思います。



3019103102 (10)









「コールマンのアウトドアワゴンを購入される一番のメリットは、サッと組み立てられパッと片付けられるので、面倒なことがなくとても楽」



サッと組み立てられパッと片付けられるので、使いたい時に簡単に使えます。



3019103101 (7)

3019103101 (9)

3019103102 (2)









「収納カバーが付いており、収納カバーの生地もしっかりとしており丈夫」



3019103101 (2)










組み立て方:


3019103101 (7)








「組み立て方や片付け方はとても簡単で、パッと出してサッと片付けられます。組み立て片付け時間は、おおよそ2~3分ぐらい」



収納ケースを外し、収納ケースはチャック式なので簡単に取り外しが可能。


3019103101 (2)

3019103101 (5)

3019103101 (7)









「引っ張り棒を伸ばし、骨組みを伸ばすだけで組み立てが完了で、とても簡単で楽です」



3019103101 (9)

3019103102 (2)









「最後に、ワゴンの底に折りたたみの板を敷いたら完成」


これで、キャリーワゴンとして使用ができます。



3019103101 (3)

3019103101 (11)









動画:アウトドアワゴンの組み立て方

















まとめ:


3019103102 (4)









キャリーワゴンは、いろいろなアウトドアメーカーから発売されているので、どのメーカーのどのキャリーワゴンを購入されたらいいのか迷われると思います。




おすすめは、我が家も使用しているコールマンのアウトドアワゴン。



コールマンのアウトドアワゴンは、キャリーワゴンの売り上げランキング上位で、累計販売で最も売れたキャリーワゴンです。


人気があって売れたということは、それだけ使い勝手の良いキャリーワゴン。




コールマンのアウトドアワゴンは、丈夫でいろいろな色があるので、購入しやすいと思います。



以上、「2年間使用!コールマンアウトドアワゴンを長年使用してきた理由を詳しくブログで紹介!」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!