20201222702 (4)









「年間50泊程キャンプに行く我が家。年間50泊もすると、いろいろなキャンプ場に行きます」


利用料金の高い高規格なキャンプ場から、利用料金のいらない無料のキャンプ場まで、さまざまなキャンプ場を利用しています。


IMG_0006 (1)









「キャンプを始めて間もない方は、しっかりと管理された高規格なキャンプ場が多いと思います」


2018112803 (10)









「高規格のキャンプ場は炊事棟やトイレがきれいに管理され、電源設備があるので春夏秋冬、どの季節でも安心して利用できます」


キャンプを始められて間もない方も、きっちりと管理され設備が整っているので、利用しやすいのが高規格キャンプ場。


2018111701 (48)

2018111701 (56)









「高規格のキャンプ場に行ってある程度キャンプに慣れたら、電源設備のない料金の安いキャンプ場に行かれると思います」


寒い季節は、石油ストーブやカセットガスストーブなどで暖を取り、就寝する時は湯たんぽを使うと電源設備は必要ありません。


2020111502 (16)

3019111701









「電源がない低料金のキャンプ場に慣れ、いろいろなキャンプ場を経験すると、無料のキャンプ場を利用しても不安感はあまりないと思います」


現在、我が家が利用しているキャンプ場は、有料のキャンプ場より、無料のキャンプ場の方が多くなってきました。


2020082303 (2)









「無料のキャンプ場は料金がかからず、チェックインとチェックアウトが自由なので、好きな時間にキャンプができます」


無料キャンプ場の利用は、デメリットよりメリットの方が多いと思います。


2021013001 (3)









今回は、無料キャンプ場のメリットやデメリット・危険やマナーのことなど、詳しくブログで紹介したいと思います。









2016071108









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









無料のキャンプ場:


2020082904 (4)









「無料キャンプ場を利用する一番のメリットは、利用料金がかからないので、長く連泊ができること」


何泊利用しても、宿泊代がかからないのは、大変大きなメリット。




食材とお風呂代だけなので、手軽にキャンプが楽しめます。


2020102501 (1)









①チェックインとチェックアウトがフリー



3019102111 (2)









「無料キャンプ場は管理人さんが常駐していないので、チェックインとチェックアウトが決められていません」


自分の時間に合わせて、キャンプを楽しむことができます。





朝早くからチェックインをし、次の日の夕方にチェックアウトをすると、1泊2日のキャンプでも十分に満足しキャンプを楽しめます。


2020082904 (6)










②無料キャンプ場は、人気がある


3019103105 (2)









「人数が制限されていないので、キャンプ場が満員になることもあります」


最近の無料キャンプ場は、自治体の方がきっちりと管理されているのでとても人気があり、すぐにサイトがいっぱいになります。





ゴールデンウイークや大型連休は、特に無料キャンプはいっぱいでたくさんの方が利用されるので、早い時間からの場所のキープが必要。



2020082904 (2)









③無料キャンプは、思っている程危険はない


2021013001 (1)









「我が家は、無料キャンプ場に200泊以上してますが、今まで特に危険なことは無かったです」


ソロキャンプでも無料キャンプ場を利用していますが、全く危険なことはありません。




無料キャンプ場はキャンプを楽しみに来ている人ばかりなので、他の目的はなく、利用するのに危険はないと思います。


2021013002 (1)









「ただ、長時間サイトから離れる場合だけは、盗難には気を使った方がよいです」


シェルターやスクリーンタープの場合、出入り口は必ず閉めて出掛ける。





オープンタープの場合は、キャンプ道具で値段の高い小物などは、テント内に片付けて出掛けて下さい。


2019031101 (3)









「特にランタン類などは注意が必要で、盗難にあったということをたまに聞くことがあります」


盗難は、どこのキャンプ場でもあることで、無料のキャンプ場だからということはありません。有料のキャンプ場でもありえること。



2020082801 (1)









「無料のキャンプは家族でキャンプをされる方も増え、お子さん連れも多いので、思われている以上に利用しやすく安全」


無料キャンプ場を利用するのにあたって、特に心配などはされなくても良いと思います。



2020041802 (8)









④無料キャンプのマナー


3019122104 (2)









「無料キャンプ場の多くは、フリーサイトのところが多いので、サイト選びに困ります」


混み合う時は仕方ないとは思いますが、サイトとサイトの距離はマナーとして、ある程度距離をあけた方がよいと思います。


2020083103 (6)









「テンマクデザインの陣幕ミニがあれば、隣のサイトとの目隠しになり、プライベート感を、より出せます」



2020083103 (2)









「陣幕ミニは、ポリコットン素材なので、焚き火の火の粉で、ダメージや穴があきにくくなっています」


風の強い日は、陣幕ミニが風を遮断してくれるので、焚き火がやりやすいです。


2020083104 (5)









「陣幕ミニを購入しておけば、あらゆる場面で便利」



我が家は、キャンプに行く時は、必ず持って行きます。


20201222702 (6)

























⑤ゴミは持ち帰るので、ゴミ袋が必要


IMG_0006 (2)









「無料キャンプ場は、ゴミを捨てることができないので、ゴミを持ち帰る袋が必要」



FullSizeRender








「焚き火をすると、必ず灰や木の燃えかすが出ます」


無料キャンプ場は、灰や木の燃えかすを処理できないことが多いので、焚き火をした後が困ります。




火消し壺があると、灰や木の燃えかすを入れられるので、とても便利。


FullSizeRender

























⑥トイレと炊事棟が少ない



2020030804 (4)









「無料キャンプ場を利用するデメリットは、炊事棟やトイレの数が少ないこと」


だいたいの無料キャンプ場は、炊事棟やトイレの数が少ないです。




トイレや炊事棟の近くは人気がありますが、人の往来でプライベート感がなくなります。


2020030805 (11)









「トイレや炊事棟に遠くなるほど、人は少なくプライベート感はありますが、いざトイレや炊事棟を利用しようと思っても、距離があって大変」


まず、無料キャンプに着いたら、トイレと炊事棟の場所を確認し、炊事棟やトイレからの距離を確かめて、設営して下さい。




炊事棟やトイレから、遠からず近からずがベスト。


2021010901 (2)









⑦管理人さんがいない


2020050103 (6)









「無料キャンプは、チェックインやチェクアウトがなく、料金が発生しないので、基本管理人さんはいません」



管理人さんがいないと困るのが、キャンパーのマナー違反。


夜中になっても騒がしい・音楽をかける・大声で喋るなど、いろいろな迷惑行為があります。




管理人さんが滞在していると、苦情を言って注意をしてもらえるのですが、無料キャンプ場は、管理人さんがいないので、それができません。


2020041802 (8)









「迷惑行為があれば、自分で注意をするか、静かになるまで、様子をみるかになってしまいます」


耳栓があると、うるささを軽減できます。



FullSizeRender

























⑧無料キャンプ場でたまに見かけるのが、ロープを使っての場所取り。


FullSizeRender









「良い場所をキープしたいのはわかりますが、ロープを使ってなどの、場所のキープはやらない方がよいと思います」



暗黙の了解でみなさんやっておられず、苦情になり、もめ事になる危険性もあります。


FullSizeRender









⑨丈夫で頑丈な鍛造ペグ:



2020092202 (5)









「無料キャンプ場は、込み合うことが多く、強風でテントやタープが飛んでいくと、最悪怪我をさせてしまう危険があります」


どこのキャンプ場でもそうですが、強風対策にしっかりとした鍛造ペグがあるととても安心。





我が家は、エリッゼステークの28㎝を使用。


2020092202 (4)


















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender

























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

















まとめ:


3019052874 (9)









無料キャンプ場は、しっかりと自治体で管理されているので、今や有料のキャンプ場より人気があります。



家族で利用されている方も多く、お子さん連れも多いので安心してキャンプができます。




ただ、人気がある分、たくさんの方が来られ、サイトがいっぱいになってしまいます。



無料キャンプ場を利用される場合はサイトキープに、できるだけ早く行かれることをおすすめします。


以上、「
無料キャンプ場を200泊以上した我が家が無料キャンプ場の危険・マナー・使い方9つを詳しくブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!