2020020501 (5)








キャンプでいろいろな薫製を作りましたが、カニカマでも簡単に薫製ができます。



カニカマをそのまま食べても美味しいですが、薫製をすると、より美味しく食べれます。






「カニカマの燻製は、ビールとよく合う」


他の薫製と同様にサッと作れるので、手軽に薫製できるのが良いところ。




今回は、手軽に簡単に作れる、カニカマの薫製を詳しくブログで紹介したいと思います。





2020011650







お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram






カニカマで燻製:

2020020502 (1)








カニカマは、そのまま食べても美味しいですが、薫製することで燻製の匂いと味がつき、より美味しくいただけます。


2020020501 (1)








カニカマは水分が多いので、しっかりと水分を蒸発させないと、出来上がりが酸っぱくなってしまいます。


カニカマのフィルムをはずし、キッチンペーパーでよく水分を拭いて下さい。


水分を拭いたら20分程、カニカマを風に当て乾燥させます。







「我が家のスモーカーは、キャメロンズミニスモーカーを使用」


2020012202 (1)








キャメロンズミニスモーカーの素材は、オールステンレスになっており分厚く丈夫。


ステンレスに厚みがあり丈夫で、長く使用することができます。 


3019122202 (3)

3019122202 (8)








持ち手のハンドルも丈夫でしっかりとしているので、重い食材を入れても、問題なく持ち運びができます。


3019122202 (5)








「インスタグラムでも大人気で流行っている、キャメロンズミニスモーカー」


今流行りのラージメスティンによく似ており、ラージメスティンをふたまわり程大きくしたサイズがキャメロンズミニスモーカー。


3019122202 (1)








ラージメスティンは蓋をかぶせるタイプですが、キャメロンズミニスモーカーはスライド式になっているので、食材が入れやすくなっています。


3019122202 (9)








「スモーカーに、アルミホイルを敷く」


スモーカーにアルミホイルを敷くことで、焦げ付いた茶色の色をつきにくくします。


2020012201 (4)








「ロゴスのサクラチップを使用」


ロゴスのサクラチップは300gが600円と値段が安く、色付きもよく香りもきつ過ぎないので、上手に燻製が作れます。


3019122203 (6)








ロゴスのサクラチップを、ひとにぎりスモーカーに置き、汁受けのパットをのせ網をのせます。


2020012201 (3)

2020012201 (5)

2020012201 (7)








「乾燥させたカニカマを網にのせ蓋をし、薫製を始めます」


2020020501 (2)

2020020501 (3)

2020020501 (4)

2020020501 (5)








「煙が出るまで中火で、煙が出たら10分程弱火」


途中、数回フタを開けて、水分を拭きます。


水分があると出来上がりが酸っぱくなってしまうので、必ず水分を拭いて下さい。







「10分程弱火で燻したら出来上がり」


2020020502 (2)

2020020502 (3)








ビールのおつまみに、カニカマの薫製。奥さんと一緒にいただきました。


カニカマに薫製の匂いと味がつくことで、より美味しくビールのおつまみに最高です。


2020012202 (10)






























まとめ:

2020020501 (8)








今回は、カニカマの薫製を作ってみました。




カニカマの薫製を作ったことがないという方も多いと思いますが、美味しくいただけるので、ぜひ試して作ってみてくださいね。


ビールとめちゃくちゃ合ます。


以上、「キャンプで燻製!カニカマの燻製は簡単においしく作れる」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!