2020030301 (2)








「くつわ池自然公園キャンプ場は、京都府の宇治田原町にあるキャンプ場」


利用するのに事前の予約は必要なく、当日の受付だけすれば利用できます。




場内は広く、めったな事がない限り、いっぱいになることはありません。


2020030803 (2)









「くつわ池自然公園キャンプ場の良いところは、京田辺市・宇治市・城陽市からも近いので、比較的アクセスがよく便利」


2020030801 (3)









「フリーオートサイトなので、好きな場所にテントが張れます」


2020030301 (5)









「利用料金は、テント1張り(1000円)+駐車場(400時)+利用料金(大人400円・少人200円)」


我が家は夫婦2人で利用したので、合計金額が2200円でした。




サイト料金が2200円なので、割と手軽に利用ができるキャンプ場だと思います。


2020030804 (9)









今回は、関西で予約不要のキャンプ場、くつわ池自然公園キャンプ場を詳しくブログで紹介したいと思います。












2020011652










お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram











くつわ池自然公園キャンプ場:


2020030802 (5)









くつわ池自然公園キャンプ場は、京都府の宇治田原のにあるキャンプ場。


滋賀県にある我が家からは、国道307号線を通り車で1時間程の距離。




途中、信楽焼で有名な信楽町を通ります。


2020030801 (1)









「くつわ池自然公園キャンプ場は、チェックインできる時間が早く、朝の8時30分から入れます」


我が家はチェックインできる朝の8時30分に到着し、利用料金を支払いました。


2020030802 (3)

FullSizeRender









「サイトは全てフリーサイトで、オートキャンプ場・みどりの広場・第1キャンプ場の3種類」


2020030804 (2)









「人気があるのは、みどりの広場」



利用したのが、連休のなか日だったということもあり、人気のみどりの広場はいっぱいで、テントを張るスペースもありませんでした。




みどりの広場は少し高台にあり、こじんまりとしたサイト。


こじんまりしている分、たくさんの人数が入れません。


2020030804 (8)

2020030804 (9)

2020030805 (3)

2020030805 (6)









「第1キャンプ場は雰囲気は良いのですが、オートサイトではありません」


特に我が家は荷物が多いので、荷物運びが大変。




駐車場に車を停め、サイトまで荷物を運ぶ形になります。


2020030805 (10)

2020030807 (8)

2020030808 (2)









「いろいろと見て周り、我が家はオートキャンプ場に決定」


オートキャンプ場はサイトが広いので、ゆったりとテントを張れるのが良いところ。


2020030803 (3)

2020030802 (8)

2020030802 (11)

2020030803 (1)








「オートキャンプ場・みどりの広場・第1キャンプ場の全て地面が硬いので、鍛造ペグは必要」


我が家も使用している、スノーピークのソリッドステーク30か、村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28がおすすめ。


2018022206









「我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用」


2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (4)

2020092202 (5)




















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender



























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

























シャワー:


2020030807 (2)









「第1キャンプ場にはシャワー室があり、5分200円で利用できます」


シャワー室は、きれいにきっちりと管理されているので、利用しやすいです。


2020030807 (3)

2020030807 (5)










トイレ・炊事棟:


2020030803 (9)









「トイレや炊事棟もきっちりときれいに掃除されているので、使用するのに特に問題はありません」


炊事棟は、オートキャンプ場が4ヶ所で、みどりの広場・第1キャンプ場が1ヶ所あります。


2020030803 (8)

2020030803 (4)

2020030803 (5)









「トイレは水洗で洋式トイレですが、第1キャンプ場だけが和式トイレになっています」


ただ、多目的トイレに洋式トイレがあります。


2020030803 (10)

2020030803 (11)

2020030805 (11)

2020030806 (2)










利用した感想:


2020030301 (3)









「チェックインが8時30分なので1日目はゆったりと過ごせますが、チェックアウトが10時なので撤収日がかなりバタバタします」


チェックアウトの時間が早いというのが、くつわ池自然公園キャンプ場を利用するデメリット。




場所が京都にあるということで、近畿圏内からかなりの人数が来られます。


サイト予約はできないので、良い場所を確保されたいなら、早く行かれることをおすすめします。


2020030804 (9)









「フリーサイトなので、大型2ルームでも張ることが可能で、ゆったりとキャンプができます」


くつわ池自然公園キャンプ場は、居心地の良いキャンプ場でした。


2020030805 (3)










まとめ:


2020030301 (1)









我が家の自宅からも割と近いので、また利用したいキャンプ場です。


ソロキャンプの方も来られていたので、ソロキャンプで利用しても良いですね。




くつわ池自然公園キャンプ場の近くには、スーパーや銭湯もあるので、割と利用しやすいキャンプ場だと思います。




関連リンク:くつわ池自然公園キャンプ場











以上、「関西で予約不要のキャンプ場を利用した感想を詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!