FullSizeRender









「日差しがきつくなってくると、必ずオープンタープは必要になってきます」


テントだけを購入しても、日除けになるオープンタープを購入しないと暑くて過ごせません。


2020080701 (2)










「スノーピーク製のヘキサタープ+テントが安く購入できる」


FullSizeRender









「スノーピーク製は品質が良いのですが、どれも値段が高く、手軽に購入できないのがデメリット」


スノーピークから発売されているエントリーパックTTは、ヘキサタープLとヴォールトがセットで発売されており手軽に購入できます。




スノーピーク製品で、唯一手軽に購入できるのがエントリーパックTT。


FullSizeRender









今回は、エントリーパックTTのメリットデメリットや春夏秋冬の使い方など、詳しくブログで紹介したいと思います。













2020011652










お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram










エントリーパックTT:

 
FullSizeRender









「エントリーパックTTは、ヴォールトとアメニティタープヘキサLセットの組み合わせ」



ヴォールトは2万9800円で、アメニティタープヘキサLセットが2万6800で売られており、別々で購入すると合計5万6600円(税別)かかってしまいます。




一方、エントリーパックTTは、値段が4万9800(税別)なので、テントとタープを別々に購入するより6800円のお得になります。


スノーピークのヘキサタープとテントが5万程で購入できるのですから、けっこうお得感があります。


FullSizeRender










ヴォールト:


FullSizeRender









「ヴォールトは、530×300×150(H)のサイズになっており、アメニティドームのひとまわり大きなトンネル型テント」


2020031601 (2)









「ヴォールトは、アメニティドームより前室がかなり広くなっているのが特徴」


前室が広くなった分、アメニティドームより前室の中に荷物を多く入れられます。


2020031602 (1)









「インナーは220×285cmの広さがあり、荷物を入れなければ4人まで寝ることが可能」


2020031601 (4)










ヘキサタープL:


FullSizeRender









「ヘキサタープの大きさは、最大570×500cmもあってけっこう広々としており、家族4人でゆうゆうと使えます」


UVカット加工と雨をはじくテフロン撥水加工がされており、生地が割と分厚いので、夏場のきつい日光をシャットアウトしてくれます。


2020031602 (8)

2020031602 (7)










冬場:


FullSizeRender









「エントリーパックTTは、ヘキサタープLとヴォールトの組み合わせなので、真冬に使うのはあまりおすすめできません」


FullSizeRender









「真冬に、ヘキサタープの下で過ごすのは寒すぎる」


真冬は、シェルター・ワンポールテント・2ルームテントなどまわりに壁があるテントでないと寒くて快適には過ごせません。




ヴォールトは、吊り下げ式のインナーテントになっており、インナーテントを取り外すとシェルターになります。


FullSizeRender









「スカートが付いていない」


冬場で風の強い日は、スカートがあるとないとでは、かなり居心地が変わってきます。


スカートがないと、すきま風が入ってきて、暖房器具であたためた暖かい空気が外に逃げてしまいます。




冬場にスカートは、あった方が絶対に暖かいです。


2020031602 (2)









「ヴォールトは、スカートがないので、冬場使用するのは、少し厳しい感じ」



春や秋なら、けっこう快適に過ごせます。



FullSizeRender









「春や秋は朝晩が冷え込みますが、真冬ほど気温が下がらないので、テント内で暖房器具をつけると快適」



春や秋は、真冬ほど気温か下がらないので、トヨトミから発売されている石油ストーブ、トヨトミレインボーで十分。



FullSizeRender


























「エントリーパックTTは、ヘキサタープLとヴォールトの組み合わせ」



ヘキサタープのサイズは570×500なので、暑い時期、タープの下で過ごすには十分のスペース。



FullSizeRender










「ヴォールトは、高さが150cmと低めですが、テントの前後に大型メッシュがあり風が抜けるので、夏場も割と快適には過ごせます」



エントリーパックTTは、夏場も割と快適で、春秋使用しても、特に問題はありません。



FullSizeRender










実際に見て触れた感想:


2020031601 (2)









「タープが5m近くあるので、「大きい」と言うのが、パッと見た印象」


タープが大きいので、日差しが強い季節でも、ゆったりとキャンプができます。


2020031601 (1)









「フレームは、φ13mmの太めのジェラルミンが使われており、とても丈夫」


2020031602 (5)









「生地は、めちゃくちゃ分厚くはないですが、手軽に買える割にはしっかりとしたつくり」


2020031601 (3)









「ヴォールトは、アメニティドームより、ひとまわり大きなサイズ」


3本のポールを本体に通し、ペグダウンしたら完成。


FullSizeRender









エントリーパックTTの動画:













「コネクションテープがあるので、楽に小川張りができます」


FullSizeRender

FullSizeRender









エントリーパックTTは、お手軽に購入できるヘキサタープとテントのセット。




冬場の寒い時期は使いづらいですが、それ以外の季節は、割と快適に過ごせると思います。



なんと言っても、スノーピークのヘキサタープとテントが5万円程で購入できるのですから、かなりのお得感はあると思います。


以上、「スノーピークのエントリーパックTTは春夏秋冬快適に過ごせるのか?実際に見て触れてきた感想を詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!