2020013011








「最近は、キャンプブームということもあり、キャンプをされる方がかなり増えてきています」



2018040633









「キャンプを始めたばかりの方は、春キャンプの暖房や、テントやシェルター内の暖の取り方などに迷われると思います」


春は、1年で最も過ごしやすい季節ですが、寒暖の差がかなりあります。




昼間は気温が上がり暑く感じても、朝晩は冷え込みます。


2018041104









今回は、春キャンプの暖の取り方などを、詳しくブログで紹介したいと思います。












2020011652











お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram










春キャンプの暖房:


IMG_0005 (1)









「春キャンプは、一年を通して最も過ごしやすい季節」


夏場ほど暑くもなく冬場ほど冷え込まないので、重装備しなくてもキャンプができます。




ただ、朝晩が冷え込む時があるので、簡単な防寒対策が必要。


3020022905









「春のキャンプならテントの外で過ごす場合、焚き火だけで暖は取れます」


2020090507 (9)









「焚き火のそばで食事をしたり、お酒をのんだり、ゆったりとキャンプができます」


2018122301 (2)









「我が家は焚き火をする時、クィックキャンプから発売されている、焚火陣幕を使用しています」


2020090507 (8)









「焚火陣幕は、焚火をするのにあったら便利で、我が家は必ず必要なアイテム」



その名の通り、焚き火をする為につくられた陣幕です。



2020100301 (1)









「焚火陣幕があると、風の影響を受けず、思う存分焚き火を楽しめます」



リフレクターの代わりもなり、焚き火をしていて、かなり暖かいのが特徴。



IMG_9531









「焚火陣幕の素材は、コットン100%になっており、焚き火の火の粉で、ダメージや穴があきにくくなっています」



生地がコットン100%なので触ってみると、かなり分厚さを感じます。



2020090503 (4)









「高さが70cmあり、焚き火の前に座ると周りを見渡せて、焚き火だけを隠し、風から守ってくれます」



2020100301 (8)

























「昼間は気温が上がり暑いくらいでも、朝晩が寒いので、簡単な暖房器具が必要」


外で過ごす場合、焚き火だけで暖は取れますが、テントやシェルター内にいる時が寒いです。




テントやシェルター内で過ごす時は、暖房器具が必要。


2021010901 (2)









「テントやシェルターを暖める暖房器具は、電源サイトと電源なしサイトでは違ってきます」


電源なしサイトの場合、テントやシェルターを暖める暖房器具は、トヨトミレインボーがおすすめ。


FullSizeRender









「トヨトミレインボーの良いところは、家電量販店やネットショッピングで手軽に購入できること」


日本製なので、灯油を満タン入れたまま車で運んでも、灯油が漏れたりしません。


値段がそれ程高くはなく、手軽に購入できるのもトヨトミレインボーの良いところ。




真冬は、フジカハイペットみたいな石油ストーブが必要ですが、それ程冷え込まない春キャンプならトヨトミレインボーで十分です。


FullSizeRender











「4月中頃からキャンプをされる方は、トヨトミレインボーなどのストーブは必要なく、カセットガスストーブで十分に暖は取れます」


301910121520









「カセットガスストーブは、一般に売られているカセットボンベを燃料にしており、カセットボンベ1本で3時間程暖かさが続きます」



灯油を使わないカセットガスストーブは、手軽に使用できるのがメリット。




1台カセットガスストーブがあれば、寒くなっても安心。



3019111701









春だけではなく秋キャンプにも使えるので、春や秋にキャンプをするなら、カセットガスストーブがあった方が便利です」



カセットガスストーブは、コンパクトな大きさのが多いので、車の積載に邪魔になりません。




我が家は、センゴクアラジンと、カリフォルニアパティオから発売されているカセットガスストーブを保有しています。


3019111701









「センゴクアラジンのカセットガスストーブは、値段が3万円程しますが、外から見えるブルーの炎がとてもきれい」


とても、おしゃれなカセットガスストーブなのでおすすめ。


2019022201 (16)

























「カリフォルニアパティオは、値段が1万円程で買えて、カセットボンベ1本で3時間ほど使えます」


センゴクアラジンとまた違った雰囲気ですが、カリフォルニアパティオも、とてもおしゃれなカセットガスストーブ。


3019120202
























「イワタニからも、カセットガスストーブが発売されています」


FullSizeRender














「電源サイトの場合、我が家はミニセラミックヒーター2台を使用」


ミニセラミックヒーターは、一酸化炭素が出ないのでテントを締め切った状態で使えます。




テントを締め切った状態で使えるので、冷たい空気が外に逃げず、テント内を暖かい状態で保てます。


2020032601









「ミニセラミックヒーターは、1台より2台あった方が、より暖かいです」


コンパクトなミニセラミックヒーターは、車の積載にも邪魔になりません。


2016030946











2020022005









春のキャンプは、外で過ごすなら焚き火で暖は取れますが、テントやシェルター内にいる時は、カセットガスストーブがおすすめ。




カセットガスストーブが1台あればとても便利。


カセットガスストーブは手軽に使え、出してすぐに点火でき、すぐに暖まります。


電源がないサイトを使われるなら、カセットガスストーブを購入しておくと重宝します。




車に積んでおくと、想定外に寒くなった時でも使えるので、とても安心。


以上、「春キャンプは焚き火だけでは無理!テントやシェルター内で快適に過ごすなら暖房器具が必用!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!