2020111502 (7)








「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろな種類のテントが発売されています」


たくさんあるテントの中で、どの種類のどの形のテントを購入したらいいか迷います。




今回、紹介するのが、我が家も保有しているワンポールテント。


2020013008 (5)









ワンポールテントの使い勝手や、メリットとデメリットを詳しくブログで紹介したいと思います。


これからワンポールテントを購入される方は、ぜひ参考にしてくださいね。









2020011652










お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









ワンポールテント:


3019091601 (1)









「ワンポールテントは、1本のポールを使い設営と撤収ができる、主に三角の形をしたテント」


ワンポールの良い所は、ポールが1本だけなので、設営撤収が他のテントと比べて圧倒的に早くて楽なこと。




1人でも、あっという間に設営撤収ができます。


2021010902 (4)









「ワンポールテントは、2ルームテントと違い、リビングと寝室を一緒につくれないことが多いです」


2020013008 (4)









「ワンポールテントの大きさや使用人数によっても違いますが、ワンポールテント+リビング・ワンポールテント+寝室を別にたてた方が快適に過ごせます」


ワンポールテントは、お座敷スタイルにすると寝室にもでき、土間にするとリビングにもできます。


2020111502 (12)

2021010902 (2)










我が家は、4つのワンポールテントを保有:


2021010902 (4)








「テンマクデザインから発売されているサーカスTCとパンダ」


3019110414 (1)

2020041401 (3)









「小川テントから発売されているピルツ15」


2016050368









「ノルディスクから発売されているアスガルド」


2020013008 (5)










ワンポールテントは、春夏秋冬つかえる?:


2021010901 (4)









「春・秋・冬と使いやすいワンポールテントですが、真夏は使いづらいのが欠点」


どのテントも真夏は暑いと思いますが、ワンポールテントは他のテントと比べてメッシュ部分が少ないので、風の通り抜けが悪くて真夏は暑いです。


2021051702 (4)











「夏場は気温が上昇するので、なるべく風通しの良いテントがおすすめ」


オープンタープ+ドーム型テントの組み合わせの方が、開放感があり涼しくいられます。


FullSizeRender

FullSizeRender

「ドーム型テントはフライシートを取って、インナーテントのみで使うと暑い時期、より快適に過ごせます」


2020061201 (1)

2020061201 (6)










ワンポールテントは、寒い時期に使いやすい:


2021010901 (3)









「冬場は気温が低くくなってくると、暖房器具をつけてテント内にこもることが多くなります」


ワンポールテントのメリットは、天井が高いこと。




天井が高いワンポールテントは圧迫感がなく、長時間ゆったりと過ごしやすいです。


3019111701









「冬場は、どうしても風の強い日が多くなります」


ワンポールは、幕体をポール1本で支えているので、風に弱いと思われがちですが、しっかりとペグダウンをすれば、風が強い日でも特に問題はありません。




風の強い日は、ガイロープができる所は全てガイロープをして、しっかりと鍛造ペグでペグダウンして下さい。


2018022206









「我が家は、スノーピークから発売されているソリッドステーク30㎝を使用」


2020082901 (2)

























「村の鍛冶屋から発売されているエリッゼステーク28㎝は、ソリッドステークと同じ鍛造ペグで、値段が安いので手軽に購入できます」


2020092202 (4)

2020092202 (5)




















「ペグハンマーは、スノーピーク製がおすすめ」


FullSizeRender

























「ペグやペグハンマーは、トラスコのツールボックスに入れています」


2020112205 (1)

























「スカートも、必ずペグダウン」


スカート部分をペグダウンしないと隙間風が入ってきて、暖房器具をつけていても気温が上がりません。




特に風が強い時、スカート部分から風が入ってきて、幕体があおられポールが抜けたりする可能性があるので危ないです。


風の強い日は、スカート部分もしっかりとペグダウンをして下さい。


2020042203










デットスペース:


2021010901 (5)









「ワンポールテントは三角の形が多いので、どうしても端にデットスペースができてしまいます」


高さがあるので圧迫感はありませんが、サイズより狭く感じることもあります。


デットスペースには、ちょうどいい荷物を置いて、スペースを有効に使って下さい。




デットスペースは、工夫をすると広く有効に使えます。


3019091601 (2)

















「我が家の保有するノルディスクのアスガルドは、五角形の形なので、デットスペースがありません」


2020013008 (5)









「ワンポールですが、テント内を100%有効に使えるので、サイズより広く使うことができます」


ノルディスクのアスガルドは、デットスペースがないので、思っている以上に快適に過ごせます。


2021051701 (1)









「ワンポールテントは、ポール1本で設営するので、幕中央部にポールがあります」


中央にポールがあることで、テント内をレイアウトする時に、はじめは結構悩みます。




ただ慣れてくるとレイアウトも悩まず、中央にあるポールは気にならないようになります。


2020013008 (7)









「ポールを囲むようにテーブルを置くと、使いやすいです」


キャプテンスタッグのヘキサセンターテーブルなどのヘキサ型が、ワンポールテントに使いやすいと思います。


FullSizeRender









2021051701 (10)








「ワンポールテントを使う最大のメリットは、設営撤収が簡単なこと」


1人でも、楽々設営ができます。


特に1人で、テントを設営される方は、ドーム型テントやトンネル型テントと違い、圧倒的に設営が簡単で楽に設営ができます。




早朝撤収や、急いで撤収される時も、サッと撤収できるワンポールテントがおすすめ。


3019110414 (2)









「我が家は、ソロキャンプに行く時は、必ずワンポールテントを使用しています」


2021010901 (3)









「ワンポールテントをしっかりとシワがなく、ピシッと張るとかっこいいです」



好みにもよりますが、ドーム型テント・トンネル型テント・2ルームテントより、ワンポールテントの形の方が好きです。


3019091601 (1)









「日差しがきつい日など、ヘキサタープなどと組み合わせると暑さを軽減でき、よりかっこいいです」


FullSizeRender

























「家族で使用するならサーカスTC BIGがおすすめ」


FullSizeRender

























「2人でキャンプに行くなら、我が家も保有しているサーカスTCがおすすめ」



3019091601 (1)




















「ソロでキャンプに行かれるなら、パンダテントがおすすめ」


2020040401

























「ポリコットン素材で、スカート付きのパンダテントもあります」



FullSizeRender

























まとめ:


2020013008 (7)









我が家の保有しているテントの多くは、ワンポールテント。


ワンポールテントは、サッと設営撤収が簡単にできるので、持っていると重宝します。




早朝撤収や急いでいる時に、ワンポールテントがあると便利なので、ひとつ持っておくことをおすすめします。


以上、「ワンポールテントを4つ持っている我が家がワンポールテントのメリットとデメリットを徹底的にブログで紹介!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!