2020050402 (4)








キャンプに使うアイテムで、絶対に必要で、そろえなければいけないものはたくさんあります。


例えば、テント・シュラフ・クーラーボックス・チェア・テーブルなどは、ないと不便。


2020041802 (8)









「我が家もそうだったのですが、キャンプを始めた時に、あまり気をつけてなかったのがランタン」


ランタンは、明るく照らしてくれるものを購入しなければ、暗やみの中でキャンプをしなければいけません。


FullSizeRender










我が家の第1回目のキャンプで、暗やみの中で夕食を食べたことを思い出しました。10年以上の前のこと。


827307bb.jpg









「キャンプをするのに、明るいランタンは絶対に必要なのですが、今回紹介するのは雰囲気を楽しむランタン」


明るいランタン+雰囲気を楽しむランタンで我が家はキャンプを楽しんでいます。


2020050403 (6)









キャンプをされる方だと、江戸川屋ランプの名前は、聞かれたことがあると思います。


江戸川屋ランプは、 灯油ランプの専門店で、製造・販売・輸入・修理までされておられます。




我が家はヤフーショップで、江戸川屋ランプの吊りランプを購入しました。


ヤフーショップでも、江戸川ランプの商品は、販売されているんですね。


2020050402 (3)









今回は、我が家も購入した、7分芯吊りランプ4020を詳しくブログで紹介したいと思います。


とても、かっこいいランタンなので、ぜひ参考にして下さいね。







2020011652





お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram





吊りランプ:


2020050402 (9)









「ランタンといえば、最近はLEDランタンが主流になりつつあります」


いろいろなアウトドアブランドから、充電式のLEDランタンが発売されており、圧倒的な光量でサイト内を照らしてくれます。




充電式のLEDランタンは、その名の通り、充電するだけで使えるので、簡単で便利。テント内でも気を使わず使うことができます。


FullSizeRender









「LEDランタン+灯油ランタン」


我が家は、LEDランタンでサイト内を照らし、灯油ランタンで雰囲気を楽しんでいます。




灯油ランタンは、LEDランタンにはない炎の揺らぎや、ほのかなあかりが、キャンプの雰囲気を、よりよくしてくれます。


2020050403 (4)









「今回、我が家が紹介するのが、江戸川屋ランプから発売されている吊りランプ」


実は、一目惚れで購入したランタンなんです。




何より、見た目がすごくいい。


写真をみていただくと、吊りランプの良さが伝わってくると思います。


2020050402 (7)









つくりは、めちゃくちゃ頑丈な感じではありませんが、繊細につくられています。さすがにメイドインジャパンだと感じました。


2020050402 (2)










使い方:


2020050402 (3)









「吊りランプは、組み立てた状態ではなく、バラした状態で保管」


吊りランプは思っている以上に大きく、ホヤが割れるといけないのでバラした状態で、それぞれが傷がつかないように保管します。




我が家は、小さ目のクーラーボックスに、吊りランプをバラした状態で入れ、緩衝材をクッション代わりにしています。


IMG_1776
IMG_1779








吊りランプは、保管する前にバラしたり、使う前に組み立てたりしますが、アイテム数が少ないので簡単。










組み立て方:


2020050402 (2)









「タンクに、灯油を入れます」


スポイドを使うと、こぼれずに灯油を入れたり抜いたりできるので便利。


2020050401 (2)

2020050401 (3)









「使い始めだけおこなうのですが、芯を下記のように山切りにします」


山切りにしないと、炎をつけた時に、炎の形が悪くなってしまいます。


2020050401 (4)









「灯油を入れたタンクに芯を入れ、火をつけます」


2020050401 (8)

「フレームにタンクを置き、カバーをかぶせます」


2020050401 (9)

2020050401 (10)









「最後に、リフレクターをかぶせたら、組み立ての完了」


バラしたり組み立てたりする作業は、数分でできるので、思っている以上に簡単。


2020050402 (1)

2020050402 (2)









明るさ:


2020050403 (6)








「吊りランプは、サイト全体を明るく照らす能力はありません」


明るさを求めるのではなく、雰囲気を楽しむもの。




炎は揺らぎがあり、ぼんやりとしたあかりは、キャンプ気分を高め癒されます。


2020050403 (5)










買ってよかった:


2020050403 (2)






吊りランプ4020の動画:












「吊りランプは、1万円から2万円程します」


手軽に購入できる値段ではないと思いますが、大事に使うと長く使えます。




長く使えるので、1万から2万円の値段は、それ程高くはないと思います。


2020050402 (9)









「例えホヤが割れたとしても、パーツごとに購入できるので安心」


我が家は、吊りランプの4020を購入しましたが、いろいろな種類があります。


2020050402 (4)

「ランタンハンガーは、マウンテンマウンテンのオールドムーンを使ってます


丈夫で見た目がよく、何よりかっこいいのでおすすめ。


2020050402 (10)





関連リンク:オールドムーン


 












まとめ:


2020050402 (4)









江戸川屋ランプの吊りランプは、1〜2万円程しますが、長く使うことを考えたら、それ程高いとは感じません。


見た目がおしゃれでかっこいいので、購入して良かったと思います。




灯油ランタンが気になっている方は、江戸川屋ランプの吊りランプが絶対におすすめです。


以上、「動画あり!江戸川屋ランプの吊りランプを使用している我が家が使い方と明るさを徹底的にブログで紹介」でした。




アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!