2020051204









「キャンプで使うフライパンで、圧倒的に人気があるタークのフライパン」


ターク社は、鍛冶職人のアルバート=カール・タークが1857年に創業した、100年以上続く老舗企業。




つなぎ目のない一体型のつくりなので、丁寧に扱うと半永久的に使用できます。


FullSizeRender









「タークのフライパンは、ローストとクラッシックの2種類あり、つくり方・形・値段設定・厚みの全てが違います」


2021020305 (8)









今回はタークのフライパン、ローストとクラッシックの違いを、詳しくブログで紹介したいと思います。










2020011652











お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









タークのフライパン:


2020051205 (3)










「ターク社は、100年以上も続くドイツにある老舗企業」


ターク社がつくるフライパンは、しっかりとしたつくりで、メンテナンスさえすれば、半永久的に使うことができます。




値段は高いですが、購入する価値はあると思います。


FullSizeRender










ローストとクラッシックの違い:


2020051201 (5)









「タークのフライパンには、ローストとクラッシックの2種類あるって知っていましたか」


FullSizeRender









「ローストは、機械プレスでつくられた、大量生産されたフライパン」


2020051203









「本体と柄の部分が溶接されており、一体型ではありません」


2020051201 (3)









「本体の表面には、細い溝(スリット)が入っており、余計な油が溜まるようになっています」


2020051202 (1)









「フライパンの厚みが2mmもあるので、熱伝導率や蓄熱性も十分以上にあります」


2020051201 (8)









「ローストを購入する最大のメリットは、値段が安いことで、28cmのサイズでも9千円までで購入できます」


クラッシックの28cmのサイズは2万5千ぐらいするので、クラッシックの3分の1の値段で購入できるので、ローストはかなりのお得感があります。


2020051201 (1)










「クラッシックは、職人が一つ一つ手作りでつくられるフライパン」


FullSizeRender









「手作りでつくる為、値段が高く設定されています」


例えば、28cmのサイズは2万5千円万程しますが、一度購入すると孫の代まで使える丈夫さので、そう考えるとお得感もあります。


FullSizeRender









「クラッシックの最大のメリットは、つなぎ目ではない一体型の為、きっちりと手入れをすれば半永久的に使えます」


鉄の厚みは3mmもあり分厚いので、熱伝導率や蓄熱性もかなりあります。




見た目がいいのも、クラッシックの良い所。


FullSizeRender








「我が家はタークのフライパン、ローストも保有しています」


なぜ、ローストを購入したかというと、やはり値段が安いということ。




クラッシックの三分の一で購入できる、ローストはかなりお得があります。


2020051205 (4)









「クラッシックは鉄の厚みが3mm、ローストは2mmで、鉄の厚みは1mm違い」


1mmだけの違いなので、それほど使い勝手に変わりはないです。


2020051201 (8)









「ローストで焼いたステーキでも、十分過ぎるほど美味しいです」


2020051201 (5)









「ローストのフライパンを使っていて思うことは、ローストでも十分過ぎる以上のフライパン」


購入して使用して、よかったと思います。


2020051201 (7)









「ローストとクラッシックの違いは、やはり見た目」


クラッシックより見た目は少しおちますが、ローストでもかなりかっこいいフライパン。


2020051201 (6)









「サイズは、3人家族以上で使用されるなら、28㎝がおすすめ」



それ以下のサイズだと、小さ過ぎでいろいろな料理が作れません。


2021020305 (8)




















「クラシックは、値段は高いですが、一度購入すると孫の代まで使用できる丈夫さ」



見た目がかっこよく圧倒的な存在感がり、食材がより美味しく焼けます。




値段にこだわりがなければ、クラシックがおすすめ。



FullSizeRender









「サイズは、3人家族以上で使用されるなら、28㎝がおすすめ」


それ以下のサイズだと、小さ過ぎでいろいろな料理が作れません。



FullSizeRender

























まとめ:


2020051205 (2)









タークのフライパンには、ローストとクラッシックの2種類あります。


値段が安いローストでも、十分過ぎる程に良いフライパンだと思います。




ローストもかっこよくて、見た目もかなりいいので気に入ってます。


以上、「タークのフライパン!買うならローストかクラッシックどっち?保有してる我が家が詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!