2020041802 (8)









「最近は、キャンプブームということもあり、どこのキャンプ場もたくさんの人が来られています」


たくさんの人が来られると、やはりキャンプ場は込み合います。




特に無料のキャンプ場など、管理がされていない所は、かなり人が多くなってしまいます。


2020041802 (7)









「たくさんの人がキャンプ場に集まると、騒音問題・プライバシー・テントの配置など、いろいろな問題が起こる可能性もあります」


2020041401 (1)









「今回紹介するのが、お風呂や買い出しに行く時などの盗難問題」


皆さん、お風呂や買い出しに行く時、サイトはどういう風にして出かけられますか?




キャンプ場が混み合うと、盗難問題も発生する場合があります。


2020031703 (2)









今回は、年間50泊キャンプに行く我が家が、盗難対策について、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









盗難対策:


2020031201 (2)









「最近は以前と違い、キャンプ人口が増え、いろいろな方がキャンプ場に来られます」


たくさんの人が来られると、キャンプ道具の盗難問題が気になります。




出かける時は、ある程度の盗難対策は必要。


2020031201 (5)









「例えば長時間、お風呂に行く場合などは、盗難対策をしておいた方が良いです」


盗難によく合うのが、ランタンなどの小物用品。




ランタンは、こじんまりしていていて盗難に合いやすく、特にビンテージランタンなどは値段が高いので、盗難されるケースが増えています。


2020031501 (2)









「出かけ時は、キャンプ道具を車に入れてください」


車はロックがかかるので、盗難される可能性がありません。


2020050101 (3)









「テント・シェルター・2ルームテントなど、壁がある幕は、必ずフルクローズし閉めて下さい」


フルクローズすることで、盗難するリスクが減ります。


2020030504









「テントやシェルターと違い、壁がないオープンタープは盗難対策がやっかい」


オープンタープの場合は、ランタンなどの小物用品は、車にしまって下さい。




もしくは、小物用品を集め、小さなシートを上からかぶせると、オープンタープでも盗難されにくくなります。


2019022002 (6)









「我が家は、盗難用のシートに、オールウェザーブランケットを使用」


2019022002 (4)

2016063001









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています」


我が家は、テントの床部分の傷や痛み防止に、テントの床部分に、オールウェザーブランケットを敷いています。


2020013007 (10)









「ゲリラ豪雨の時など集中的に雨が降ると、地面が水たまりになり、テント内が浸水する可能性もあります」


防水性に優れたオールウェザーブランケットを敷くことで、雨水をシャットアウトしてくれます。


2020013007 (11)







「我が家は、年間50泊程キャンプに行きますが、今までに盗難にあったことがありません」


簡単な盗難対策ですが、やった方が安心です。

2020020203 (4)









最近は、キャンプブームということで、たくさんの方がキャンプ場に来られます。


たくさんの方が来られると、やはり盗難の問題が気になります。




お風呂など、どこかに出かけられる場合は、我が家みたいに簡単な盗難対策をしておくと安心。


以上、「キャンプでお風呂や買い出しに行く時の盗難対策は?我が家の方法を詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!