2020060303 (7)









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドからたくさんの種類のキャンプアイテムが発売されています」


購入するのに、どのアイテムを購入したらいいか迷います。




キャンプ道具は値段で選ぶのではなく、使い勝手が良く見た目のいい、自分好みのキャンプ道具を選ぶと、長く使うことができます。


2020041802 (8)









「今回紹介するタークのフライパンは、長く人気のあるロングヒット商品」


キャンプ道具には、いろいろなロングヒット商品がありますが、タークのフライパンは素材が鉄で出来ており、食材を美味しく焼けるので、我が家のおすすめできるフライパン。


2020051204









タークのフライパンを購入するのにあたり、どのサイズの、どの種類を購入したらいいのか迷います。


今回は、18cmから36cmまであるタークのフライパンサイズと、種類を詳しくブログで紹介したいと思います。








2020011652







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







フライパンのサイズ選び:


2020060303 (3)









「タークのフライパンは、鉄の素材でできており、熱伝導率が良く保温性高いのが特徴」


テフロン加工のフライパンより、多少の手間がいりますが、その分食材を美味しく焼けます。




テフロン加工のフライパンと、鉄のフライパンでの焼き具合と料理のできを比べると、圧倒的に鉄のフライパンの方が上。


2020051201 (5)









「鉄のフライパンの中でも、タークのフライパンは、鉄に厚みがあるので、より食材が美味しく焼けます」


2020051205 (4)









「ターク社は、ドイツで100年以上も続く老舗企業」


100年も続く企業だからこそ、安心と信頼があります。


FullSizeRender










タークのフライパンの種類:


2020051201 (1)









タークのフライパンには、クラシックとローストの2種類あります。






「クラシックは、職人がひとつひとつ手作りしたフライパンで、溶接をしていない一体型のつくり」


一体型のつくりなので、ローストよりも強度があるのが特徴。


鉄の厚みが3mmもあるので、熱伝導率が良く保温性にかなり優れています。




手作りをしている分、値段設定は高くなります。


FullSizeRender









「ローストは、我が家も保有しているフライパンで、コスパがいいのが特徴」


機械プレスで、大量生産されたフライパンなので、値段が安く設定され、クラシックの三分の一で購入できます。




フライパン本体と柄が溶接され、一体型のつくりではありませんが、しっかりとしているので長年使用できます。


2020051203









鉄の厚みは2mmあり、熱伝導率が良く保温性に優れています。


2020051201 (8)









「手軽に購入できるのはローストで、フライパンにこだわりがあるならクラシックを選ばれた方がよいと思います」


FullSizeRender










タークのフライパンサイズ:


FullSizeRender









「タークのフライパンには、18cmから36cmのサイズがあり、どのサイズを購入したらいいか迷います」


FullSizeRender









「フライパンは、小さすぎても大きすぎても、使いづらいです」


料理をしやすいサイズを選ばないと、使い勝手がかなり悪くなります。


2020052401 (7)









「タークのフライパンの、おすすめなサイズは28cm」


26cmだと小さく、30cmだと大きいので、タークのフライパンのサイズに迷っておられるなら、絶対に28cmが良いと思います。


2020052102 (6)









「肉を焼くのにも、ゆったりと焼ける28cm」


2020051201 (5)









「先日、ピザを焼きましたが、28cmでぴったり」


2020060303 (7)









「サイズは28cmですが、平な部分が20cm程しかないので、ローストもクラシックもタークのフライパンの28cmサイズが良いと思います」

2020051501 (1)









我が家も使用している、タークのフライパンロースト。


クラシックに比べてローストは、値段設定が安く手軽に購入でき、コスパに優れています。


ローストは一体型ではありませんが、しっかりとしていて、長く使用できます。




コスパに優れているのがローストで、フライパンにこだわりがあるならクラシックが良いと思います。


以上、「タークのフライパン、サイズ選びは超簡単!我が家のおすすめのサイズを詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!