2020061203 (2)









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のテント・シェルター・タープが発売されています」


2020013008 (5)









「たくさんの種類のテント・シェルター・タープが発売されているので、いろいろなキャンプスタイルを楽しむことができます」


FullSizeRender









「今回紹介するのが、テントはフライシートなしで、インナーテントのみで使えるのかどうか」


シェルターやタープを組み合わせることで、フライシートを使わず、インナーテントのみでも快適に過ごすことができます。


2020061203 (7)









今回は、インナーテントのみの設営のやり方を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652










お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram









フライシートなし:


2020061201 (3)









「最近は、いろいろな種類のシェルターやタープが発売されているので、いろいろなキャンプスタイルを楽しむことができます」


FullSizeRender









「我が家は、テントのフライシートを使わず、インナーテントのみで使用しています」


フライシートの役目は、雨からインナーテントを守ること。




インナーテントのみの設営だと、雨が降ると、中まで水が染みてきます。


2020061201 (6)










オープンタープ+インナーテント:


2020061203 (2)









「我が家は夏場、オープンタープ+インナーテントでキャンプをします」


インナーテントの上に、オープンタープを張ることで、雨の侵入を防ぎます。


2020061203 (9)









「夏場に、インナーテントのみを張るメリットは、涼しく過ごす為」


インナーテントの上に、フライシートをかけると、夏場はどうしても、熱がこもってしまいます。


2020061201 (8)









「我が家は夏場、フライシートを張らない」


通気性が良い、インナーテントのみを張ることで、熱がこもらず、快適にキャンができます。




夏場、インナーテントをメッシュにして寝ると、とても涼しいですよ。


2020061201 (7)










「インナーテントのみの購入を考えておられる方は、DODからカンガルーテントが発売されています」


FullSizeRender












2020041910









「我が家は寒い時期、シェルターの中にインナーテントのみを入れキャンプをします」


シェルターがフラシート代わりになるので、雨が降っても心配いりません。


2020030301 (2)









「寒い時期に、インナーテントだけを張るメリットは、フライシートの結露を防ぐ為」


寒い時期にキャンプをすると、気温の差で、必ずといっていい程結露します。




インナーテントの上にフライシートをかぶせると、インナーテントとフライシートが共に、結露してしまい乾かすのが面倒。


2020041802 (7)









「インナーテントのみの設営で、フライシートの結露をなくし、インナーテントの結露も防ぎます」


インナーテントのみだと、設営撤収の時間の短縮にもなります。


2020041802 (8)









「インナーテントのみの購入を考えておられる方は、DODからカンガルーテントが発売されています」


FullSizeRender

























「我が家は、寝室とリビングを分ける時は、TCルーテントを使用しています」


TCルーテントは、ヒマラヤのオリジナルブランド、ビジョンピークスから発売されているテント。


2021013101 (1)









「TCルーテントの人気がある理由は、ポリコットン製のテントで、1万5千円と手軽に購入できます」


ポリコットンの生地は分厚く、とてもしっかりとしていて丈夫。


IMG_6028









「設営は、幕体を広げます」


本体に、ポールをクロスに通し、立ち上げたら設営が完成。


IMG_6017

IMG_6039









「インナーテントのみで、フライシートがないので、慣れると5分ほどで設営できるので、とても手軽」



フライシートがなく、インナーテントのみですが、インナーテントに防水加工がされているので、雨が降っても大丈夫。


IMG_6030









「サイズは、220×180×h180cmなので、家族3人なら十分に就寝できます」


IMG_6036









「TCルーテントは、ポリコットン素材で生地が分厚く、冬場も暖かく過ごせます」


出入り口が広く、メッシュ部分が大きいので、夏場も涼しいのが特徴。


IMG_6034

IMG_6041









「素材がコットンなので、夏は涼しく冬は暖かく、春夏秋冬使えるテント」



20201222702 (4)

























まとめ:


2020061203 (1)









シェルターやオープンタープの中に、インナーテントのみを入れることで、フライシートを使わないカンガルースタイルができます。


フライシートを張らず、インナーテントのみなので、時間の短縮にもなります。




カンガルースタイルは夏場は涼しく、冬場は暖かいので、おすすめできるキャンプスタイルです。


ソロやデュオキャンプで、こじんまりとキャンプをされる方に、設営撤収が楽なので特におすすめ。


以上、「テントはフライシートなしでも大丈夫!我が家の方法を徹底的にブログで紹介」でした。



アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!