2020051204








「自宅では、料理をするのに包丁を使いますが、キャンプで包丁を持っていくのは割と面倒」


我が家は、キャンプで食材を切るのに、包丁ではなくナイフを使用しています。


2020060301 (9)









「ナイフは、包丁と違いブレードは短いですが、ある程度の大きさのナイフを使うと、食材を切るのに不便は感じません」


ナイフには、大きさ・ブレード・グリップなど、いろいろな種類と形があります。


2020012001 (8)









今回は、我が家が使用する流行りのナイフを、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









ステンレスナイフ:


2020051205 (4)









「ナイフは、いろいろなメーカーからたくさんの種類が販売され、購入する時、どのメーカーのどの形のナイフにしたらいいか迷います」


メーカーだけではなく、100円ショップにも、ナイフは販売されています。


2016073102









「何を購入したらいいか迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのもひとつの選択」


ロングヒット商品は、昔から人気があり、人気が長く続くということは、それだけデザインや使い勝手が良いということ。




我が家のおすすめは、ステンレス製のオピネルナイフ。


2020060202 (2)









「オピネルナイフは、長く人気のあるロングヒット商品で、インスタグラムやツイッターでも使用している方がかなり多いです」


オピネルナイフが人気があるのは、使い勝手もありますが、見た目の良さと値段。


2020060202 (5)









「オピネルナイフのグリップは木製で、見た目がよくおしゃれ」


値段も安く、3000円程で購入できます。


2020060202 (7)









「オピネルナイフには、カーボン製とステンレス製の2種類があり、使い勝手の良いのはステンレス製のオピネルナイフ」


FullSizeRender









「ステンレス製はメンテナンスゼロで、ブレードについた水分さえ拭き取っておくと、錆びることなく長く使えます」


オピネルナイフのサイズは、2番から12番の10種類あり、我が家は8番と10番を使用しています。


2020060201 (4)










「オピネルナイフで、使い勝手のいいのは10番のサイズ」


オピネルナイフの8番と9番は、それ程サイズの違いはありませんが、8番と10番では大きさがかなり違ってきます。




上が10番で、下が8番。


2020060201 (2)









「8番と10番のブレードの違い」


2020060201 (4)









「8番と10番のグリップの違い」


2020060201 (3)









「パセリの瓶で、8番と10番を比べてみました」


2020060201 (5)

2020060201 (6)









「我が家は、オピネルナイフの8番も保有していますが、使うのは10番ばかり」


2020060201 (8)









「オピネルナイフの9番は小さく、12番では大き過ぎます。10番が食材を切るのにちょうどいい大きさ」


オピネルナイフの10番で、いろいろな食材を切っています。


2020060201 (9)

2020060301 (9)

2020060302 (1)









「オピネルナイフのサイズは、たくさんありますが、おすすめは、ステンレス製のオピネルナイフ10番」


2020060202 (4)

2020050701 (1)









キャンプで使うナイフは、いろいろな種類や形があり、たくさんのメーカーから発売されていますが、おすすめはオピネルナイフ。


オピネルナイフは、ロングヒット商品で、長く人気があるナイフ。


インスタグラムやツイッターでも、使用している方がかなり多いです。




オピネルナイフには、たくさんのサイズがありますが、使い勝手が良いのはオピネルナイフの10番のステンレスです。


以上、「キャンプで料理をするナイフは絶対にこれがおすすめ!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!