2020070801 (9)








「キャンプを始めた頃は、高規格キャンプ場をよく利用していましたが、手軽にキャンプに行きたいということで、最近はよく無料のキャンプ場を利用するようになりました」




無料のキャンプ場は、チェックインやチェックアウトが自由、利用料金がいらないというメリットがあります。


2020041802 (7)









「しかし、無料のキャンプ場は、人が多い・炊事棟やトイレがしっかり管理されていないことなど、いろいろと不便な所やデメリットもあります」


3019122103 (9)









「我が家は、無料のキャンプ場を利用する時、ウォータータンクの20Lを必ず持っていきます」


20Lもあれば、家族4人で、1泊2日なら十分すぎる程の量。




ウォータータンクの20Lを持って行くことで、サイトから炊事棟の距離が遠い時や、炊事棟がなくても対処できます。


2020070801 (6)









「ウォータージャグは、いろいろな種類やメーカーから発売されており、値段が高いものから安いものまで、たくさんあります」


FullSizeRender









今回、我が家が紹介するのが、値段の安いウォータータンクを購入し、おしゃれにする方法。


ウォータータンクにステッカーを貼ることで、かなりおしゃれになるのでおすすめできます。





2020011652







お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram







ウォータータンク:


2020070802 (3)









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、たくさんの種類のウォータージャグが発売されています」


値段の高いものや安いウォータージャグまで、いろいろとあり、購入する時に迷います。


FullSizeRender









今回、我が家が紹介するのが、値段の安いウォータータンクをおしゃれにする方法。


2020070801 (4)









ウォータータンクをおしゃれに:


2020070801 (5)









「ウォータータンクがあまり人気がない理由は、見た目がおしゃれではないこと」


ウォータータンクをおしゃれにすれば、手軽に購入でき、使い勝手がいいので、キャンプでかなり使えると思います。




我が家は、ウォータータンクにチャムスのステッカーを貼り、見た目よくおしゃれに変えています。


2020070802 (4)









「チャムスのステッカーを、ただ1枚貼ることで、おしゃれに見た目良く変身」


ウォータータンクを購入した際は、見た目がよくおしゃれになるので、ステッカーを貼ることをおすすめします。


ステッカーは、1枚でも十分におしゃれになります。


2020070801 (9)










使い勝手:


2020070801 (3)









「ウォータータンクは、コックが付いており、ひねるだけで簡単に水調整が可能」


2020070801 (5)









「蓋が大きいので水が入れやすく、掃除もしやすいです」


パッキンが付いており、水漏れがしません。


2020070801 (4)









保冷機能がないので、冷たい水が長時間キープできませんが、その分値段設定が安く手軽に購入できます。


2020070802 (3)








「我が家が、ウォータータンクを置く台として使用しているのが、ミニラジオフライヤーのリトルレッドワゴン」


ラジオフライヤーのミニなので、ウォータータンクの台にして、ちょうど良いサイズ。


2020070803 (1)









ミニラジオフライヤーのリトルレッドワゴンは小さいので、天板をつけるとウォータータンクの台として使用できます。


2020070802 (6)









 「折りたたむことはできませんが、大きくはないので、車の積載に邪魔にならず、それ程荷物にもならないと思います」


 見た目や雰囲気も良いので、我が家のお気に入りのキャンプアイテム。

2020062801 (9)









ウォータージャグの20Lを購入しようと思ったら、けっこう値段が高くつきます。


手軽な値段におさえようと思うなら、ウォータータンクがおすすめ。


ウォータータンクは、ポリタンクにコックと蓋を付けただけなので、値段設定が安く手軽に購入できます。




購入されたウォータータンクに、ステッカーを貼ることで、かなりおしゃれになるので、ぜひやってみて下さいね。


以上、「おしゃれになる!キャンプで使うウォータータンク20Lを工夫しておしゃれに!詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!