2020061208 (3)








「年間50泊を目指し、キャンプに行く我が家」


春夏秋冬、1年を通してキャンプに行っていると、どの季節がキャンプをしていて過ごしにくいか、過ごしやすいかがわかります。


2020013008 (5)









「キャンプをしていて過ごしやすい季節は、サイト内の工夫もいらず、何もしなくても快適に過ごせますが、キャンプをしていて過ごしにくい季節は、サイト内で何かしらの工夫が必要」


2020041802 (2)









「1年の内で、夏のキャンプが一番過ごしにくい」


夏場は気温が上がり、サイト内のどこにいても過ごしにくいです。




サイト内を工夫することで、夏のキャンプも、少しはマシに過ごせます。


2020062802 (1)









今回は、我が家の夏キャンプのレイアウトを、詳しくブログで紹介したいと思います。











2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









夏キャンプレイアウト:


2020061402 (4)









「一年を通して最も気温が上がり、過ごしにくいのが夏のキャンプ」


夏キャンプは、日差しがきつく暑いので、日差しをさえぎるオープンタープが必ず必要。




我が家は、ポリコットン素材のタープを使用しています。


2020061203 (3)









「ポリコットン製のタープは、遮光性が高く影が濃いので、夏の強い日差しを軽減してくれます」


夏場は、ポリコットンタープがあると、かなり快適に過ごせます。


2020061203 (6)









「我が家は、ポリコットン製のタトンカタープ1TCを使用」


2020061203 (8)

「ビジョンピークスから発売されている、ファイアプレイスTCレクタタープは、大型のポリコットン製タープ」








「夏場は、夜も気温も気温が下がらず、平地でキャンプをすると、熱帯夜になることもあります」


2020061503 (3)









「夜もテントの中が暑ければ、フライシートを付けずに就寝」


天気予報をみて、夜に雨が降らなけば、フライシートを付けずに就寝してもOK。


2020061201 (6)









「我が家は、2人用のテントを使用しているので、オープンタープの下に、テントを入れています」


テントは、フライシートを使わず、インナーテントのみ。


2020061201 (8)









「インナーテントをフルオープンにして、メッシュの状態で就寝すると、風が抜けてかなり涼しいです」


フライシートを使わないので、暑い空気がテント内にこもりません。


2020061201 (7)









「オープンタープがフラシートの代わりになるので、たとえ雨が降っても大丈夫」


2020061201 (5)






















TCルーテント:


2021013101 (1)









「夏キャンプにおすすめなのが、我が家も使用しているTCルーテント」


IMG_6073









「TCルーテントは、アウトドア用品販売店、ヒマラヤのプライベートブランド」



我が家が、TCルーテントをおすすめする理由は、素材がポリコットン製になっており、春夏秋冬使えるから。


2020100301 (8)









「ポリコットン素材が分厚く、暖房器具で暖めたテント内の空気を、外に逃しません」


冬場でも、快適に過ごせます。


20201222702 (4)









「夏場は、素材のポリコットン素材が分厚く、日差しをシャットアウトしてくれます」



出入り口のメッシュは2ヶ所あり、大きいので、風通しがよく快適。




夏場でも、他のテントより快適です。



IMG_6435

IMG_6041









「TCルーテントは、インナーテントのみで、フライシートがありません」



インナーテントは、撥水加工されているので、雨の日でも使用できます。


IMG_6022









「フライシートがないので、設営が簡単で楽」



幕を広げ、2本のポールを通し、立ち上げたら設営完了。




設営撤収は簡単で、5分もあればできます。



IMG_6006

IMG_6017








「サイズは、220×180×130なので、3人まで使用可能」



IMG_6046









「我が家は、カンガルースタイルにしても、使用しています」



2020102501 (1)

2020102502 (5)









「TCルーテントは、春夏秋冬使える、我が家のお気に入りテント」



夏場でも、けっこう快適。


IMG_6436

























インナーテントの中:


2020061203 (2)









「インナーテントの中には、オールウェザーブランケットを使用」


2020013007 (10)









「オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・保温性に大変すぐれいます」 


2020013003









「夏場は、ゲリラ豪雨が発生することもあり、集中的に雨が降ります」


雨が大量に降ると、地面が雨水を吸収できず、水たまりになります。


3020011203 (4)

3020011203 (6)









「テントの下が水たまりになると、テント内に浸水してくる可能性もあります」


防水性の高いオールウェザーブランケットをテント内に敷くことで、雨水をシャットアウトし、シュラフや荷物を濡らしません。


2020013007 (10)









「テントのグランドシート代わりにもなるので、とても便利」



2021013101 (2)























「我が家はマットの上に、ひんやりマットの”強力接触冷感Q-MAX0.5”を敷いています」


2020040610

2020061202 (3)









 「強力接触冷感Q-MAX0.5は、楽天のランキングでも上位で人気があり、一般的なクール敷きパッドより、かなりひんやり感があります」


夏場はひんやりマットを敷くことで、テント内で快適に就寝できます。


2020061202 (8)



2020040609









「電源がないサイトでも、ポータブル電源があれば、家庭用の扇風機を使用することができます」



ポータブル電源があると、12日のキャンプぐらいなら余裕で、チェックアウトの時まで扇風機を使用可能。







「我が家は充電式の扇風機、ルーメナーのファンプライムを使用」


2020062802 (3)









「ルーメナー扇風機の良い所は、7枚羽根で他のUSB扇風機と比べて、圧倒的に風量が強いこと」   


扇風機から少し距離を離しても、風量が強いので体に風を感じることができ、とても涼しいです。 


IMG_4522









「今流行りのDCモータ」  


ルーメナーは、DCモーターが使わており、風が強い割には音が静かなので、便利に使用できます。 


2020062802 (7)









「4.5時間のフル充電で、使用できるのが最大30時間」   


モバイルバッテリーを使うと充電しながら使用できるので、長時間使用可能。


IMG_4577









 「4段階の風量調節ができ、70度の角度調整もできます」


2020062802 (10)









「ルーメナーの1番便利な所は、首振り機能がついていること」


IMG_4520









「最大140mm伸び縮みできるので、自分にあったちょうどいい高さで調整できます」


IMG_4547









「専用のリモコンが付いているので、遠くからでも扇風機の操作が可能」


2020062802 (4)









「ルーメナーの扇風機は、値段が1万円ほどしますが、音が静かでパワーがあるので、夏キャンプにとても重宝します」


我が家も購入したルーメナーの扇風機、見た目も高級感があり、とても性能の良い扇風機です。




夏キャンプは、平地でキャンプをするとかなり暑いので、標高の高いキャンプ場がおすすめ。


標高が100m上がると、気温が0.6度下がるので、できるだけ標高の高いキャンプ場を選んでください。




夏のキャンプに、扇風機があるとかなり涼しいので、出来れば自宅で使用している扇風機が使える、電源サイトがおすすめ。


電源サイトではない場合、充電式の扇風機かポータブル電源の購入をおすすめします。


以上、「夏キャンプを快適にするレイアウトはこれしかない!我が家のレイアウトを徹底的にブログで紹介!
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!