2020081201 (9)








「最近、楽天のテントランキングを見ていると、ホールアースのテントが上位に入っていることがあります」


ホールアースの中でも人気があるのが、アースデュラダブルルーム(EARTH DURA W ROOM)という2ルームテント。


FullSizeRender








「2ルームテントというのは、スクリーンタープとテントが合体した一体型のつくり」


一体型のつくりなので、設営撤収が簡単で楽にできます。


2020030302 (1)








「2ルームテントを使用するメリットは、小さなスペースでも設営できコンパクトに収まること」


2020030302 (3)








「例えばサイトのスペースがそれほど広くなくても、2ルームテントであれば楽に設営することができます」


FullSizeRender








「アースデュラダブルルームのサイズは、330×645×200(h)あるので、4人家族で十分なスペースを確保しつつ、無駄なスペースがないのでコンパクトなキャンプができます」


FullSizeRender








今回は、ホールアースから発売されているアースデュラダブルルームの使い勝手を詳しくブログで紹介したいと思います。


今回はゼビオのスタッフさんにもいろいろ話を聞かせていただき、参考にさせていただきました。








2016071108





*タイトル
レビュー!ホールアースの2ルームテント!アースデュラダブルルームの使い勝手を徹底検証!実際見て触れてきた感想を紹介


2020081202








「最近2ルームテントで人気のある形といえば、DODで有名なカマボコテントのような、いわゆるトンネル型のテント」


流行りだけあっていろいろなアウトドアブランドから、トンネル型のテントがたくさん発売されています。


2020030302 (3)








「トンネル型テントと比べて、数少ない種類しかないのがドーム型の2ルームテント」


FullSizeRender








「アースデュラダブルルームは、正面から見ると昔ながらの半円の形」


FullSizeRender








「人気があるコールマンのタフスクリーン2ルームハウスは台形の形なので、ドーム型のテントでもいろいろと形があります」


3019110601 (3)










使い勝手


「アースデュラダブルルームのサイズは、330×645×200(h)なので、サイズ的にいえば大型の2ルームテント」


2020081201 (9)




アースデュラダブルルーム:

フライシート:

W330 x D645 x H200cm

インナーテント:

W310 x D270 x H160cm


収納時サイズ:W66 x D29 x H29cm

重量: 12.80kg








「コールマンのタフスクリーン2ルームハウスのサイズは340×540×215㎝なので、アースデュラダブルルームが、かなり大きい2ルームテントだと言えます」


FullSizeRender








「スノーピークから発売されているランドロックが405×625×205cm」


645cmあるアースデュラダブルルームの方が長くなっています。


FullSizeRender








「アースデュラダブルルームは、大型の2ルームテント」


価格は7万円程で購入できるので、同じサイズの2ルームテントからみても、かなりお安くお得感があると思います。


2020081201 (7)








「ポールはジュラルミンポール製が採用されており、強度があって丈夫」


少し細い感じがしますが、しっかりとしたポールだという印象があります。


2020081201 (5)








「張り綱やテント本体をしっかりとペグダウンしておけば、ジュラルミンポールを採用しているだけに風に強いです」


ポールが風などで曲がることはありません。


FullSizeRender








「ポールは色分けされているので、初めて設営しても迷うことなく簡単に設営ができます」


FullSizeRender








「コールマンのタフスクリーン2ルームハウスは、正面から見ると台形の形をしていますが、アースデュラダブルルームは半円の形」


FullSizeRender








「台形に比べて半円は壁の角度がきつく、デットスペースがどうしてもできてしまうので、タフスクリーン2ルームハウスに比べて、移住性は少し悪くはなってしまいます」


しかしサイズが330×645もあるので、デットスペースができても、それ程は狭いとは感じません。



収納時も大型2ルームテントにしてはコンパクトに収納でき、重さも13kgと他の2ルームテントより軽くなっています。


IMG_3720








「耐水性は3000mmあるので、大雨が降っても安心して過ごせます」


IMG_3719








「高さが200cmもあり、寒い時期にクローズしても圧迫感は感じません」


FullSizeRender








「幕質を触ってみた感想は、薄くもなく分厚くもない感じがしました」


コールマンのタフスクリーン2ルームハウスよりは少し分厚い感じ。



値段の割にはしっかりつくられている印象があり、丈夫なので長く使えます。


2020081201 (4)








「インナーテントは吊り下げ式になっており、雨が降っていてもインナーテントを濡らさず設営と撤収が可能」


2020081201 (3)








「310×270×160(h)のインナーテントのサイズかあるので、4人家族でも十分すぎるスペースを確保してくれます」


2020081201 (2)








「アースデュラダブルルームは7万円程で購入でき、値段の割にはしっかりとつくられています」


購入して後悔することもないと思います。


FullSizeRender








「サイズが大きい分、個別サイトならオープンタープとの併用が難しくなります」


オープンタープも一緒に張られる場合は、サイトのサイズの縛りがないフリーサイトがおすすめ。

FullSizeRender








最近はキャンプブーム人気に伴い、いろいろなアウトドアブランドから2ルームテントが発売されていますが、どれも値段設定が高くなっています。


アースデュラダブルルームは、大型2ルームの割に7万円程で購入できるので、けっこうお得感があります。


つくりもしっかりとしているので、購入して損はないと思います。


以上、「レビュー!ホールアースの2ルームテント!アースデュラダブルルームの使い勝手を徹底検証!実際見て触れてきた感想を紹介
」でした。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック