FullSizeRender








「年間50泊ほど、キャンプに行っている我が家」


夏場の暑い時期や、寒い時期の冬キャンプまで、1年を通してキャンプを楽しんでいます。


2020013051









「キャンプをしていて、一番過酷な季節は夏キャンプ」


夏場は気温が上がり、木陰にいても暑く、かなり居心地が悪いです。


FullSizeRender









「冬キャンプは寒いですが、きっちりと装備と対策をしておけば、暖かく過ごせます」


冬キャンプの暖房器具は、石油ストーブ・薪ストーブ・ホットカーペット・電気毛布などあって、うまく組み合わせることで、幕内で快適に過ごせます。


3019120201 (2)









「今回紹介するのが、冬キャンプの寝袋」


冬キャンプの寝袋は、どんなものを使っておられますか。




他の季節と違い、きっちりとした装備と寝袋を選ばなければ、寒くて快適に就寝できません


FullSizeRender










今回は、冬キャンプのおすすめ寝袋を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652





*タイトル
冬キャンプの寝袋(シュラフ)は値段の安いものでも超快適!対策をすれば暖かく過ごせる!


2019021702 (3)









「冬キャンプの寝袋は、ダウンの入ったものが、やはり暖かいです」


ダウンシュラフは、いろいろなアウトドアブランドから発売されていますが、滋賀県に本社を置くナンガがおすすめ。


FullSizeRender









「ナンガは、永久保証でアフターフォローもしっかりしているので、値段は高いですが長く使えます」


ナンガの寝袋の中で、割と手軽に買えて暖かいのが、ナンガオーロラ600DX。


FullSizeRender









「快適使用温度は、-6度になっており、真冬のキャンプでも暖かく就寝できます」







「化繊シュラフで快適に就寝するなら、電源サイトでホットカーペットを使用して下さい」


冬キャンプで最強の暖房器具は、ホットカーペット。


2019012601 (2)









「気温が下がると、必ず地面から冷気が発生し、地面を手で触ると冷たいと感じるのが冷気」


テントの床部分からも、冷気が発生します。冷気を完全に、シャットアウトするのがホットカーペット。




ホットカーペットを1枚敷くだけで、冷気を全く感じず快適に過ごせます。


FullSizeRender









「我が家は、2人でキャンプをしているので、2畳用のホットカーペットを使用してますが、4人家族なら3畳用を購入して下さい」



ホットカーペットのサイズは、メーカーによって違ってきますが、あくまで目安として2畳用が176×176cmで3畳用が195×235cm。



2019012601 (3)

























「電源サイトの場合、ホットカーペットの上に寝袋を敷いて下さい」


真冬のキャンプ、化繊の手軽に購入できる寝袋でも、快適に就寝できます。


我が家は、ホットカーペットを使用する時は、ダウンシュラフを使わず、化繊の寝袋で就寝しています。




寝袋は、手軽に購入できるものでも良いですが、分厚い冬用の寝袋にして下さい。


2018020201










電源なしサイト


2020030301 (3)









「電源がないサイトでは、ダウンシュラフが最も快適に就寝できますが、化繊の寝袋でも大丈夫」


寒い時期のキャンプは、化繊の寝袋にする場合、2枚重ねが効果的。


2019021401 (8)









「冬用の分厚い化繊寝袋の中に、夏用の寝袋を入れ、2枚重ねにして下さい」


2019021401 (9)









「真冬だと、2枚重ねのシュラフでも寒いです」


寝る時の服装を、分厚いヒートテック上下にし、暖かい服装で就寝して下さい。


FullSizeRender









「湯たんぽか電気毛布どちらかを用意しなければ、真冬で気温が低い時は寒いかもしれません」


2017111301






2枚重ねの寝袋+暖かい服装+湯たんぽor電気毛布









「湯たんぽは、我が家も使用するマルカの湯たんぽがおすすめ」


マルカの湯たんぽは、直火ができるので、手軽に使用できます。


2017111301









「直火ができる湯たんぽは、湯たんぽに水を入れてガスコンロでそのまま温められます」


石油ストーブの上にのせておくだけでも、湯たんぽの中のお湯が沸きます。 




直火ができる湯たんぽは、やかんやケトルでお湯を沸かして入れなくてもいいので、とても楽。


2017111308









「湯たんぽを購入されるなら、直火式の湯たんぽが絶対おすすめ」


我が家は、マルカの湯たんぽ2.5Lを使用しています。




2.5Lのお湯が入るので、朝まで暖かく就寝できます。





「電気毛布は、ポータブル電源を使用して下さい」


FullSizeRender









「ポータブル電源があれば、電気毛布なら朝まで暖かく快適に就寝できます」


ポータブル電源は、冬場の電気毛布だけではなく、夏場は扇風機が使えます。




春夏秋冬使えるので、1台ポータブル電源を購入しておくととても便利。


FullSizeRender









「ポータブル電源のPowerArQ3は、新技術のバッテリー交換システムを搭載」



FullSizeRender









「これまで弱点だったバッテリーの劣化を、バッテリー交換をすることで克服」



バッテリーだけを交換すると、本体を購入するよりかなりお得に、半永久的に使用できます。





バッテリーのみを追加で購入すると、無限に容量を増やすことも可能。


FullSizeRender

FullSizeRender









「PowerArQ3は、最大555Whの容量」



555Whの容量があるので、例えば100Whを消費する機器だと、約5時間動作することができます。



FullSizeRender


FullSizeRender






電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh










「550WhあるPowerArQ3は、電気毛布1台、強50Whで使用しても、約11時間使用できる計算になります」



PowerArQ3のAC出力は最大500Wなので、消費電力が500Wまでの電化製品を使用することが可能。



FullSizeRender










「見た目がよくおしゃれなPowerArQシリーズは、最も売れているポータブル電源」


FullSizeRender

























「コンパクトに畳めるので、持ち運びや車の積載にも便利」


家族で電気毛布を使用されるなら、電気毛布をホットカーペットみたいに敷くと暖かく、家族でシェアできます。


FullSizeRender

























まとめ


3019120802 (1)









寒い時期に就寝する場合、ダウンシュラフが最も暖かいですが、化繊の寝袋2枚重ねでも暖かく就寝できます。


化繊の寝袋の場合、冬用の分厚い寝袋と夏用の寝袋を2枚重ねにして下さい。


電気毛布と湯たんぽを用意しておくと、どんな寒い時期でも暖かく就寝できます。


以上、「冬キャンプの寝袋(シュラフ)は値段の安いものでも超快適!対策をすれば暖かく過ごせる!
」でした。










キャンプ用品セール
(ナチュラム)
 
Check!









 











キャンプ用品セール
(amazon)
Check!











キャンプ用品セール
(楽天)
Check!















このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック