2020013008 (4)








「年間50泊程、キャンプに行く我が家」


真夏の暑い時期や、気温が下がる冬場も、1年を通して春夏秋冬キャンプを楽しんでいます。


IMG_6070









「1年で最も過ごしやすい季節が、春や秋のキャンプ」


朝晩でも、氷点下になることがないので、きっちりとした装備は必要なく、最悪焚き火だけでも暖が取れます。


2020041802 (8)









「冬キャンプは、朝晩とかなり冷えこむので、きっちりとした装備が必要になってきます」


3019120201 (1)









今回は、冬キャンプをされるなら、絶対に揃えておきたい、冬キャンプの必需品や寒さ対策を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









冬キャンプの必需品:


2020100301 (9)









「春や秋のキャンプとは違い、冬場は気温が下がるので、寒さ対策はかなり大事」


特に朝晩は、かなり冷えこむので、しっかりとした装備が必要になってきます。


2020013008 (7)









「冬キャンプをする上で、一番大事なのが、地面からの冷気対策」


幕内を暖房器具で暖めても、地面からの冷気対策をしなければ、快適には過ごせません。


寒い時期に、地面を手で触ると冷たいのが、地面から伝わる冷気。




もちろん、テントの床部分からも、冷気が発生します。


2020013008 (4)









「冬キャンプは、地面からの冷気対策が最も重要」


2020013008 (7)










オールウェザーブランケット:


2020013007 (10)









「我が家は、テントの床部分に、オールウェザーブランケットを使用」


オールウェザーブランケットは、NASAが開発した多目的シートで、軽量・コンパクト・防水・防風・保温性に大変すぐれています。



2020013007 (11)









「オールウェザーブランケットを気に入り過ぎて、我が家は4枚保有しています」


2020013003









「テントの床部分に、オールウェザーブランケットを敷き詰めると、床のダメージや傷対策にもなります」


もし、何かのアクシデントで、テント内に雨水が浸水してきても、防水性の高いオールウェザーブランケットを敷いておくと、雨水をシャットアウトし、マットやシュラフを濡らしません。




我が家も、4枚保有しているオールウェザーブランケットは、かなりおすすめ。


2020013010 (1)









「高い金額を出せば、それ相応の分厚いマットが購入できますが、我が家はマットにそれ程高い金額を出さなくても良いと思っています」


それは、分厚い銀マットの方が優秀だから。




分厚い銀マットは、値段が安く手軽に購入でき、以外に丈夫なので長く使えます。


2018010903









「分厚い銀マットを購入すれば、高級なマットは必要ありません」


テントの床からくる、地面の冷気を完全に遮断してくれる厚めの銀マットは、かなりおすすめ。


1枚敷くより2枚敷いた方が、クッション性も高められます。




テントの床全部に敷く必要はなく、普段いる場所や就寝する場所だけ敷くと、銀マットの枚数がいりません。


2020013010 (1)

























インナーマット:


2020013008 (4)









「銀マットの上には、アウトドアブランドのインナーマットを我が家は敷いていますが、なければ自宅で使用しているラグでも何でもOKです」


2020013008 (3)

























「我が家は、インナーマットの上に、毛足の長いラグを敷いています」


寒い時期は、毛足の長いラグをテントに敷くと、より快適に暖かく過ごせます。


2020013008 (7)

























ホットカーペット:


2019012601 (2)









「電源サイトを使用される場合は、ホットカーペットを使用して下さい」


ホットカーペットは、冬キャンプの最強の寒さ対策。




真冬でも、テントの床にホットカーペットを敷くと、ダウンシュラフなどの高級なシュラフは必要ありません。


FullSizeRender









「化繊の分厚いシュラフでも、快適に就寝できます」


我が家は、夫婦2人なのでホットカーペットの2畳を使用していますが、4人家族ならホットカーペット3畳がおすすめ。

2020013010 (3)









「電源がないサイトで、暖かく快適に過ごすなら、電気毛布がおすすめ」


ポータブル電源があれば、電源がないサイトでも、電気毛布を使用することができます。


FullSizeRender









「ポータブル電源のPowerArQ3は、新技術のバッテリー交換システムを搭載」



FullSizeRender









「これまで弱点だったバッテリーの劣化を、バッテリー交換をすることで克服」



バッテリーだけを交換すると、本体を購入するよりかなりお得に、半永久的に使用できます。



FullSizeRender

FullSizeRender









「バッテリーのみを追加で購入すると、無限に容量を増やすことも可能」


FullSizeRender









「PowerArQ3は、最大555Whの容量」



555Whの容量があるので、例えば100Whを消費する機器だと、約5時間動作することができます。



FullSizeRender


FullSizeRender





電気毛布1台だと、弱が20Wh・中が30Wh・強が50Wh










「550WhあるPowerArQ3は、電気毛布1台、強50Whで使用しても、約11時間使用できる計算になります」



PowerArQ3のAC出力は最大500Wなので、消費電力が500Wまでの電化製品を使用することが可能。



FullSizeRender









「見た目がよくおしゃれなPowerArQシリーズは、最も売れているポータブル電源」


FullSizeRender

























「コンパクトに畳めるので、持ち運びや車の積載にも便利」


家族で電気毛布を使用されるなら、電気毛布をホットカーペットみたいに敷くと暖かく、家族でシェアできます。


2020013010 (3)

























石油ストーブ:


3019040801 (4)









「冬キャンプをされるなら、絶対に持っていて欲しいのが石油ストーブ」


石油ストーブは車で運ぶので、必ず灯油漏れを起こさないものを購入して下さい。




キャンプで使用する石油ストーブで人気なのが、我が家も使用するフジカハイペットですが、人気がありすぎて、2年ほど待たないと購入できない状態。


3019120201 (1)









「すぐに、石油ストーブを購入したいという方は、トヨトミから発売されている、トヨトミKSシリーズがおすすめ」


FullSizeRender









「トヨトミKSシリーズは、今インスタグラムやツイッターで、かなりの人気」


フジカハイペットより、ひとまわり大きなサイズですが、かなり暖かいので冬キャンプに向いています。


暖房出力が6.6kwあるので、ランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます。


FullSizeRender









「フジカハイペットと同様に、トヨトミKSシリーズも、灯油を満タンにして車で運んでも、灯油漏れは起こしません」


見た目の良いトヨトミKSシリーズは、我が家のおすすめの石油ストーブ。


FullSizeRender

























「コロナ対流型ストーブの暖房出力が6.5kwになっており、こちらもランドロックなどの大型2ルームテントでも、これひとつで真冬のテント内を暖めてくれます」


FullSizeRender

























まとめ:


2020100302 (4)









冬キャンプは、しっかりとした対策をすれば、自宅で過ごすより快適。


電源サイトでホットカーペットを使用していても、石油ストーブがなければ、テント内は暖まりません。


冬キャンプをされるなら、石油ストーブを購入した方が、手軽にテント内を暖められます。


石油ストーブを購入して、幕内で快適に冬キャンプを過ごして下さいね。


以上、「冬キャンプ!最強の装備はこれしかない!年間50泊キャンプに行く我が詳しくブログで紹介
」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!