2020102201 (2)








「キャンプの楽しみ方は、人それぞれに、いろいろとあると思います」


我が家は、楽しくお酒を飲み美味しく料理を食べること。


2020102201 (1)









「夫婦でお酒を飲むことが多いので、お酒に合うおつまみもよく作ります」


2020090702 (8)









「キャンプで料理やおつまみを作る時に、我が家が必要とするのが鉄のフライパン」


鉄のフライパンは、テフロン加工のフライパンより、食材が美味しく焼けます。


2020102201 (3)









「熱伝導がよく蓄熱性が高いので、食材が美味しく焼けるのが特徴」



例えば、鉄フライパンでステーキを焼くと、外はカリッと中はジューシーになるので、ステーキが一番美味しい状態で焼けます。




牛豚鳥のソテーなど、シンプルな料理ほど、美味しく仕上がります。


2020051204









「そんな便利な鉄フライパンですが、メンテナンスの仕方や洗い方などが、テフロン加工のフライパンとは違います」


2020051202 (1)









今回は、鉄フライパンのメンテナンスの仕方と洗い方を、詳しくブログで紹介したいと思います。









2020011652









お気軽にフォローして下さいね^^
Instagram









鉄フライパンの洗い方:


2020102201 (2)









「最近は、キャンプブームということもあり、いろいろなアウトドアブランドから、鉄フライパンが発売されています」


鉄フライパンを購入する時、どのブランドの鉄フライパンを選んだらいいか迷います。


購入迷ったら、ロングヒット商品を選ぶのも、ひとつの方法。




キャンプで使うフライパンで、長く人気があるのが、タークのフライパン。


2020102201 (3)









「タークのフライパンは、無骨なデザインで人気があり、鉄に厚みがあってしっかりとしているので、半永久的に長く使えます」


2020051201 (2)









「タークのフライパンには、クラシックとローストの2種類があります」



2020102201 (3)









「クラシックは、ドイツの職人が、ひとつひとつ手作りしたフライパンで、柄と本体が一体型」



FullSizeRender









「柄と本体の溶接がなく、一体したつくりなので、半永久的に使えるのが特徴」



鉄の厚みが3mmあり分厚いので、食材がより美味しく焼けます。





職人の手作りなので、値段設定が高くされています。



FullSizeRender









「サイズが28㎝あると、いろいろな料理ができるのでおすすめ」



FullSizeRender


























「ローストは、機械プレスでつくられる、大量生産型のフライパン」



手軽に購入できる値段で、クラシックの3分の1の価格で販売されています。



2020051203









「鉄の厚みは2mmあり、食材が美味しく焼けるのが特徴」



とてもしっかりとしたつくりなので、長く使えます。



2020051201 (2)









「ローストは、我が家がいつもキャンプで使用しており、おすすめなサイズは28㎝」



2020102201 (3)









「鉄のフライパンは、手入れの仕方や洗い方が、テフロン加工のフライパンとは違います」


2020051202 (1)









「テフロン加工のフライパンは使用後、洗剤を使って汚れをとりますが、鉄フライパンはできるだけ洗剤を使わない方がよいです」


洗剤を使うと、シーズニング作業で、油でコーティングした表面が落ちていきます。




ただ、汚れが酷い場合は、洗剤を使った方が衛生的にはよいと思うので、洗剤で洗った後はしっかりと油を塗って下さい。


2020102202 (9)









「鉄フライパンが温かい内に、銀たわしでこすり、お湯で汚れをとります」


2020040402 (6)









「水を張り、ガスコンロなどで、3分程グツグツ煮込み汚れを浮かして、沸騰したお湯をすて銀たわしでもう一度こすります」


2020051501 (6)










「お湯で汚れを流し、火にかけて、完璧に水分を飛ばして下さい」


最後に、サビ止めとして、オリーブオイルかサラダ油を薄く塗ったら手入れが完了。




油が、鉄フライパン表面のコーティングになり、サビなくなるので、油は必ず塗って下さい。


2020051501 (7)










まとめ:


2020051205 (4)









鉄フライパンは、テフロン加工のフライパンとは違い、メンテナンスの仕方が違います。


使用後は洗剤をできるだけ使わず、お湯や銀たわしで汚れを取って下さい。




鉄フライパンは、熱伝導がよく蓄熱性が高いので、食材を美味しく焼けます。


テフロン加工のフライパンより、手入れが面倒ですが、食材が美味しく焼けるので、ぜひキャンプで鉄フライパンを使い、美味しい料理を作って下さい。


以上、「キャンプで使う鉄フライパンの洗い方を徹底的に解説!詳しくブログで紹介」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!