2016081003








「岐阜でデイキャンプをするなら、大津谷公園キャンプ場か粕川オートキャンプ場がおすすめだと思います」


両方共に人気のあるキャンプ場で無料で利用でき、夏場は川遊びができるので、けっこう込み合います。



大津谷公園キャンプ場川が人口で作られていて浅いので、小さいお子さんにおすすめ。

粕川オートキャンプ場川の水が大人の腰近くまであるので、本格的に川遊びができる。










「小さいお子さんの水遊び程度なら、大津谷公園キャンプ場」



小学生以上のお子さんで、がっつり川遊びがしたいなら粕川オートキャンプ場が良いと思います。


2016081004









今回は夏場に川遊びができて、無料でデイキャンプができる大津谷公園キャンプ場と粕川オートキャンプ場を、詳しくブログで紹介したいと思います。


まだ利用されたことがない方は、ぜひ参考にしてくださいね!







2016071108








お気軽にフォローして下さいね^^

Instagram








大津谷公園キャンプ場:


2016050111









「大津谷公園キャンプ場は、無料でデイキャンプができて、サイトもよく管理されているので利用しやすいと思います」


20170714106









「トイレは水洗で、きれいに管理されています」


トイレは場内に4ヶ所あり、1ヶ所は和式のトイレのみで、洋式トイレがあるのは3ヶ所。


2018081880

2018081881









「炊事棟は3ヶ所あり、きれいに管理されています」


2018081882

 2018081883









「トイレと炊事場はきれいに管理されていて、利用しやすいキャンプ場だと思います」


夏場になると、大津谷公園キャンプ場はキャンプやデイキャンプの人がかなり増えるので、良い場所を確保されるなら、早い時間にサイトをキープされることをおすすめします。




大津谷公園キャンプ場は、芝のサイトと砂利のサイトがあります。


芝サイトは地面が芝なのでペグダウンがやりやすく居心地も良いと思いますが、駐車場から距離があるので荷物運びが大変。


2016092505









「砂利サイトは、駐車場からサイトまでは近いので荷物運びは楽ですが、地面が砂利でペグが入りにくく、居心地も芝のサイトと比べて劣ります」


2018081884

2018081885









「最近は荷物運びが楽だということで、芝サイトより砂利サイトの方が人気があるように思います」


砂利サイトを利用される場合は、丈夫で頑丈なペグがおすすめ。





我が家は、エリッゼステークの28㎝を使用。


3019112801

























「サイトの前に流れている川は浅いので、小さいお子さん向け」



川が浅いので、がっつり泳ぐというのではなく、水遊びをする程度といった感じ。




川は段差があるので、小さい滝のようになっています。



2016030108









「我が家の娘が小さい時は、良く川遊びをしました。川が浅いので、娘が遊んでも危なくないんです」


2016062708









「川のすぐ横がサイトになっているので、お子さんを見ながらデイキャンプを楽しめます」



2018081886









「大津谷公園キャンプ場の上の方に行くと、少しですが川が深い所があり、泳げる所もあります」


水は冷たくてとてもきれいで、澄み切っています。



2016030106









「大津谷公園キャンプ場は川に沿ってサイトがあり、年間を通してデイキャンプが楽しめるのが魅力」


2016030107










粕川オートキャンプ場:


2018072026









「粕川オートキャンプ場は、大津谷公園キャンプ場と同じく無料で利用できる人気のキャンプ場」


粕川オートキャンプ場の良い所は、車が乗り入れられるオートサイト。




大津谷公園公園キャンプ場と違って、サイトに横付けできる
粕川オートキャンプ場は、かなり人気があります。


2018072018





粕川オートキャンプ場は、オートサイトで車がサイトに横付けできる。

大津谷公園キャンプ場は、オートサイトではなく、駐車場から荷物を運ばなければいけない。











「トイレは、水洗で洋式トイレ」


トイレは場内に1ヶ所しかないので、夏場は込み合うかもしれませんが、きれいなので利用しやすいです。




この日は連休の最終日ということもあって、トイレは散らかっていましたが、普段はきれいに管理されています。


2018081887

2018081888









「粕川オートキャンプ場は、オートサイトで利用しやすいキャンプ場ですが、
炊事棟がないので、洗い物に困ります」


粕川オートキャンプ場には近くに湧き水があって、水の確保はできますが、炊事棟がないので洗い物ができません。




我が家が粕川オートキャンプ場を利用する時は、使った皿などの食器は汚れをキッチンペーパーでふき取って持って帰ります。


紙皿や紙コップを使うと、洗う手間がいりません。



2018081889

2018081890









「車は横付けができる、オートサイト」


川に沿ってサイトがあり、サイトの前が川なので、キャンプ場に着いてすぐ川遊びができます。




サイトによっては広い所で利用しやすい所もありますが、狭いサイトもあります。


オンシーズンは、場所確保の為に早く行かれることがおすすめ。



2018072014

2018072018

2018072016









「川の水は腰ぐらいの所もあり、がっつり川遊びができます」



水は澄み切っていて、冷たくとてもきれい。



2018081891

2018081892










まとめ:


2018072026









大津谷公園キャンプ所も粕川オートキャンプ場も、特にオンシーズンは込み合います。


良い場所を確保されるなら、早めに行かれることをおすすめ。




利用料金は無料でサイトも管理されていて、デイキャンプをやりやすいと思います。


無料の割には、トイレや炊事棟もきれいに管理されているので、使いやすいですね。


まだ、どちらとも利用されておられない方は、ぜひデイキャンプで利用してみて下さいね!


以上、「絶対におすすめ!岐阜でデイキャンプや川遊びができる無料のキャンプ場!」でした。


アウトドア最安値はこちら!(ナチュラム)Check!





 






 キャンプバーゲンコーナー(amazon)Check! 


 アウトドア人気ランキング(楽天)Check!